アーネストコラム洒洒落落の最近のブログ記事

アレキサンダー・ラモント 2020新作コレクション"Sirena"


フレンチ・アール・デコに触発されたアレキサンダー・ラモントの素材をご紹介する4回シリーズですが、早くも最終回です。
アレキサンダー・ラモントは、今年設立20年の記念の年を迎え、本来であれば3月末にバンコクのフラッグシップショップで各国のディストリビューターや顧客を招いてのイベントを開催予定でした。私も渡航を楽しみにしていたのですが、新型コロナウィルスの影響で中止となってしまいとても残念です。今回イベントで発表する予定だったコレクションが「SIRENA(シレーナ)」というアフリカがテーマのコレクションです。アフリカ芸術は、アール・デコの時代においても芸術家や建築家に大きな影響を与え、どっしりとした家具や、アフリカのパターンなど、アフリカの影響を受けたスタイルが当時の室内装飾に使われました。


ラモントの創業者アレックスはイギリス人ですが、実はご両親のお仕事の関係で幼い頃をアフリカ・ケニヤのヴィレッジで過ごした経歴を持っています。


2020.06.01_1.jpg
ケニアが植民支配から独立して6年後の1969年、アレックスは母とケニアに到着。父親の仕事の関係で、アレックスは世界の様々な工芸品に触れ育つ経験をしました。


アフリカでの経験が自分に影響を与えているというアレックスですが、その思い出が「SIRENA」コレクションには織り込まれています。線、形、質感を通じて表現される象徴的なアフリカのエッセンスが、ブラジル出身デザイナー、アントニオ・ダ・モッタとのコラボレーションにより力強くデザインされました。


2020.06.01_2.jpg
Eshú Coffee Table by Alexander Lamont
アレキサンダー・ラモント / センターテーブル / 素材:ストロー・マルケタリー、ブロンズ
ロストワックスブロンズ製法で鋳造された荒々しい質感の脚が、動的なテーブルトップを支えています。その天板は5色のコーラルカラーで染めたストローが寄木されたものです。ナイジェリアのヨルバ族の持つ力と信念に対する考え方にインスピレーションを受けたデザインです。


2020.06.01_3a.jpg
(クリックすると大きな画像でご覧いただけます)
Shangó Floor Lamp by Alexander Lamont
アレキサンダー・ラモント / フロアスタンド / 素材:オニキス、ブロンズ
琥珀色のオニキスをカットし、ブロンズの柱にアクセントとして加えたフロアランプ。シャンゴとは、ヨルバ族に伝わる神で、雷と嵐を司り、その象徴は両刃の斧とされています。


2020.06.01_4a.jpg
(クリックすると大きな画像でご覧いただけます)
Yemanyá Wall Sconce by Alexander Lamont
アレキサンダー・ラモント / 壁掛け照明 / 素材:ブロンズ、金箔
ブロンズ製の黒のナツメグを金箔の光で後から照らします。イエマーニャは、アフリカやブラジルで、海の創造にかかわる女神の意味があります。


アール・デコ時代の装飾の特徴は、モダンなスタイル、クラフツマンシップ、稀有で豊かな素材の使用などが挙げられますが、「SIRENA」コレクションにも様々な工芸的手法をモダンに見せたアイテムが発表されています。


2020.06.01_5.jpg
Fourgere Dining Table by Alexander Lamont
アレキサンダー・ラモント / ダイニングテーブル / 素材:シャグリーン、ブロンズ
Cupola Ceiling by Alexander Lamont
アレキサンダー・ラモント / シーリングライト / 素材:卵殻、ブロンズ、金箔
シャグリーン(エイ皮)をテーブルトップに使用したダイニングテーブルの上には、卵殻による漆塗り手法の照明が設置されています。内側に加工した金箔の光が叙情的な輪となって詩的に床面に広がります。


2020.06.01_6.jpg
第2回のブログでお伝えした卵殻漆が使用された照明外側の加工。


アール・デコのデザインでは「鮮やかな色彩」も特徴的であり、当時バレエリュスの舞台を彩ったレオン・バクストのセットデザイン、アンリ・マティスに代表されるような初期のフォービズム、ファッションデザイナーであるポール・ポワレの作品などに美しいカラーが見られます。2020年ラモントの「SIRENA」コレクションでも、「カラー」を一つの特徴として紹介したアイテムがあります。いずれもラモントが得意とする素材によるものです。


2020.06.01_7a.jpg
(クリックすると大きな画像でご覧いただけます)
Lapis Side Tables by Alexander Lamont
アレキサンダー・ラモント / サイドテーブル / 素材:漆、ブロンズ
シグニチャーマテリアルでもあるライ麦で原型をとったブロンズの脚を持つサイドテーブル。トップには、半貴石のブルーの色調によるカボション(半球型)をセッティングし、塗装をかけることで強度を高めています。


2020.06.01_8a.jpg
(クリックすると大きな画像でご覧いただけます)
Volta Mirror by Alexander Lamont
アレキサンダー・ラモント / ミラー / ストロー・マルケタリー、真ちゅう
自然を感じさせる色のスペクトルが、ひとつひとつ厳選しながら手で選ばれたライ麦によって生き生きと表現され、陰影の効果が美しいエレガントなミラー。


2020.06.01_9a.jpg
(クリックすると大きな画像でご覧いただけます)
Plume Floor Lamp by Alexander Lamont
アレキサンダー・ラモント / フロアランプ / 素材:ストロー・マルケタリー、ブロンズ
黒檀色から淡い色までをライ麦に手染めし、グラデーションで寄木加工。濃淡のスモーキーなトーンが美しいストロー・マルケタリーの照明スタンドです。ベースにはブロンズが使用されています。


2020年SIRENAは、アフリカの力強い造形、モダンな洗練されたスタイルが際立ち、特に美しい「青」やシックな「黒檀・琥珀・珊瑚」のカラーが揃いました。上記にご紹介したのは中心的なアイテムですが、以下のムービーではアレックスがコンセプトを語り、さらに全体がご覧いただけます。


2020.06.01_10.jpg
↑画像をクリックすると「SIRENA」コレクションのムービー(4:40)をご覧いただけます。
*右下のCCから日本語の字幕が選べます。


今回4回にわたりアレキサンダー・ラモントで使用される素材は何を背景としているのかについて書かせていただきました。聞き慣れない素材もあったと思いますが、アール・デコの素材、例えばストロー・マルケタリーやパーチメントはいくつかのヨーロッパ家具ブランドでも取り扱いがあります。エルメスメゾンからはジャン・ミッシェル・フランクの復刻版が発売されており、アルマーニカーサでもストロー・マルケタリーの家具を見たことがあります。いずれもモダンな表現と素材へのこだわりを持つブランドが扱っており、アール・デコのマテリアルやデザインは、ヨーロッパの人々にとっても憧れのスタイルなのだとわかります。
アレキサンダー・ラモントのコレクションからも、モダンなインテリア空間を豊かにする手法として素材が発信した存在感について知ることができ、さらに新しい感性で発表されるデザインは大変魅力的です。今回その世界観の一部をご紹介する機会を持てたことは大変光栄でした。海外渡航が自由になり、バンコクに行かれた際にはぜひフラッグシップショップにも足をお運びいただきたいと思います。たくさんの素材に出会うことができます。
ラモントの最新情報は、近くリニューアル予定の弊社ウェブサイトとニュース配信にて6月中旬頃からお伝えしていく予定です。是非ご覧ください。


アレキサンダー・ラモント 代理店
エルクリエーション 代表 高田真由美




2020.06.01_11.jpg


2020.06.01_12.jpg
バンコクのGaysorn Villageにあるアレキサンダー・ラモント フラッグシップショップ




アレキサンダー・ラモント ウェブサイト(英語)
http://www.alexanderlamont.com


アレキサンダー・ラモント ブログ(英語)
http://blog.alexanderlamont.com


ailescreation_logo.jpg
エルクリエーション株式会社ウェブサイト


-------------------------------------------


archi_HP.jpg
アーネストアーキテクツのTOPページへ


TOPに戻る






アレキサンダー・ラモント - 素材のストーリー /
シャグリーン、パーチメント、ブロンズ


アール・デコの室内装飾に好まれた素材を扱うアレキサンダー・ラモント。その素材やヒストリーに焦点を当てお伝えしますブログの第3回目です。今回の三つの素材はシャグリーン、パーチメント、ブロンズです。ブロンズ以外は聞き慣れないかもしれませんが、最初にご案内するシャグリーンは、お財布や時計のバンドとして使用される素材でもあります。


1.シャグリーン
20世紀初頭のフランスのデザイナーを魅了した装飾素材の一つがシャグリーンです。アレキサンダー・ラモントの素材のご説明をする時にも、まずはこの素材からスタートする重要な素材で、家具・照明・装飾小物・壁面の表面素材として使用します。無数の細かい粒子により美しく反射する質感を持つこの素材は、英語で「シャグリーン(shagreen)」、フランス語で「ガルーシャ(galuchat)」と呼ばれるエイ皮のことを言います。


2020.05.25_1.jpg
シャグリーンのスキン


実はこのシャグリーン、日本でも歴史的に長く使用されてきた素材です。東南アジアで捕獲されるエイの食用にならない皮部分の最大の輸出先はかつてより日本でした。武士たちが甲冑や刀の柄、印籠などを装飾する素材として使用してきた歴史があり、剣刀で言うと1000年以上まで歴史は遡ります。また、上等でキメの細かいワサビのおろし金として使用される素材というと馴染みがあるのではないでしょうか。シャグリーンのスキンに見られる粒子は象牙や歯と同じカルシウムで、この硬い表面を削る加工には非常に高度な技術が必要です。そのためオーストリッチやクロコダイルと比較される高価な素材として扱われます。


削り方により光沢の出方や質感が変わるのがこの素材の特徴です。私が徳川美術館で見た徳川家の刀の柄には実にたくさんのシャグリーンが使われていましたが、どれもゴツゴツとした迫力ある粒子でした。現在ラモントが家具などに使用する滑らかな手触りではありません。滑り止めとしても使用する刀には隆起した質感が良いのかもしれません。ラモントでは、この素材の艶とパターンがもっとも美しく現れるところまで力を入れて磨きあげ、仕上げていきます。初めてシャグリーンの工房へ行った時に、「作り方の一番の秘密」と言って図解してもらったのは、シャグリーンの美しさが際立つ境がスキンのどこにあるかという説明でした。削りはそこで止めるそうです。シャグリーンの美しさがラモント社の技術と感性から出来上がってきているということがわかります。


2020.05.25_3.jpg
Tourbillon table by Alexander Lamont
アレキサンダー・ラモント/ センターテーブル / 素材:シャグリーン、漆、ブロンズ


2020.05.25_4.jpg
海外住宅事例:造作家具のスライディングパネルにシャグリーンを使用。


アレキサンダー・ラモントでは、ルーブル宮にあるパリ装飾芸術美術館においてアール・デコの装飾品の修復を手掛け、シャグリーンについての書籍も執筆するジャン・ペルフェッティーニ氏を美術館から紹介されたことにより、シャグリーンを自社工場で作り始めました。今では代表的素材と成長したシャグリーンですが、商品には環境にも優しいなめしていないエイ皮のみを使用します。そのスキンは強度がより強く、出来上がりが精巧で優しい手触りを持ち、無数の粒子の自然なトーンがとても美しい質感を持っています。それは時間が経つほどに透明感を増し、経年の変化により質感が楽しめる素材です。


2020.05.25_5.jpg
Chop Boxes by Alexander Lamont
アレキサンダー・ラモント / ボックス(別注) / 素材:シャグリーン、金箔


2020.05.25_6.jpg
Pavé Tables by Alexander Lamont
アレキサンダー・ラモント / 素材:シャグリーン、卵殻、真鍮
ブログ第2回目でふれた卵殻技法とシャグリーンをテーブルトップに使用




2.パーチメント
アレキサンダー・ラモントで扱うもう一つの"皮"素材が「パーチメント」です。「羊皮紙」というとお分かりいただける、古代から文学や文書の筆写に使われてきた紙に代わる素材です。中世の時代の貴族の時祷書など、顔料や金で美しく彩飾された写本をヨーロッパの美術館でご覧になった方も多いでしょう。20世紀初頭のモダニズムの時代においては、インテリアデザイナー達がニュートラルでありながらラグジュアリーな質感を兼ね備える素材を求めたときに人気があり、椅子やキャビネットに張り込んだり、壁パネルとして多く使用されました。


2020.05.25_7.jpg
アレキサンダー・ラモント / 別注品スツール


パーチメントは、牛皮・羊皮・ヤギ皮を使用した薄い素材です。伸縮性があり、加工段階で削りや磨きをかけ、テンションをかけながら乾燥させることで硬く半透明なスキンとなります。染めと木の基材への張り込みには熟練の技が必要とされます。皮が反って剥がれないような工夫をしたり、曲面に張る時には弾力を調整したり、自然の持つ素材の特性と対話しながら加工を進めていきます。そして出来上がったアイテムには、控えめながら上質で温かな質感があります。


2020.05.25_8.jpg
Largo Coffee Table by Alexander Lamont
アレキサンダー・ラモント / センターテーブル / 素材:パーチメント、ブロンズ


2020.05.25_10.jpg


2020.05.25_17.jpg
Mighty Table | Suji Parchment by Alexander Lamont
絞りのテクニックで染められたアレキサンダー・ラモントの素材


この素材は家具の世界で最近注目度が高くなっているように思います。つい最近も、アントニオ・チッテリオがデザインするパーチメント素材のキャビネットがMAXALTOから発売されていたのをB&B Italiaで拝見しました。アレキサンダー・ラモントでもここ3年間でのパーチメント商材は増えており、1年半前にオープンしたバンコクのフラッグシップショップでは、大々的にパーチメントのイベントを開催しました。その際に羊皮紙を専門とする八木健治氏(羊皮紙工房主宰)をバンコクに招待し、羊皮紙についてのレクチャーをお願いしたとのこと。せっかく日本人である八木氏ですから、羊皮紙とは何かを深掘りできる同様のイベントを、ぜひ日本でも企画したいと考えています。




3.ブロンズ
アール・デコの特徴的な素材ではありませんが、家具の脚や取っ手、ヒンジなどの金物から、装飾の小物までに使用されるラモントで重要な素材の一つが「ブロンズ」です。強度があり、色や形を作るという観点でデザインに自由度のある「ブロンズ」は、造形的素材としてヨーロッパ、アフリカ、アジアのデコラティブ・アートの世界で昔から使われてきました。使用される「ロスト・ワックス・ブロンズ製法」は遡ると6000年前に起源を見ることができ、タイにも関連性がある素材です。というのも仏教徒が大半を占めるタイでは仏像を作るために伝統的にブロンズの技術が受け継がれてきているからです。ラモントでは、アレックスが熟練の技術を持つ仏像の鋳物師とチェンマイで出会って以来、この製法による造形を長年にわたり作り続けてきました。


2020.05.25_12.jpg
Fan Ottoman by Alexander Lamont
アレキサンダー・ラモント / ラウンドスツール / 素材: ブロンズ、テキスタイル


ロスト・ワックス鋳造の製作では、まず作りたいブロンズそのものの造形モデルをろうで製作します。造形モデルは自由に作って良いので様々な表現が実現できます。モデルが出来上がったらその上を砂や石膏で覆い被し、乾燥させ、熱を加えます。ろうでできたモデルは溶け、菅を通って外に出て行き、中に造形モデルの形の空洞を残します。この時、ろうがなくなるのでロスト(lost)と言います。次に溶解したブロンズを空洞に流し込み、空洞がブロンズで完全に満たされた後に砂は壊され、鋳物ができあがります。さらに磨きや質感の調整、色付けのフィニッシュ工程を加えブロンズの完成です。


2020.05.25_13.jpg
Amaranth Lamp Table | Cracked lacquer by Alexander Lamont
アレキサンダー・ラモント / サイトテーブル / ブロンズ(脚)、ジェッソ&漆(テーブルトップ)
↑画像をクリックするとAmaranth Lamp Tableの製造方法(ブロンズ)のイメージ動画を見ることができます。動画で製作されているテーブルトップはシャグリーン+金箔です。


2020.05.25_14.jpg
Lost Leaf Vessel by Alexander Lamont
アレキサンダー・ラモント / 装飾小物 / ブロンズ
ブロンズは、さまざまな質感の表現ができます。


2020.05.25_15.jpg
Hammered Bowl
アレキサンダー・ラモント / 装飾小物 / ブロンズ、金箔
ユネスコの「クラフトエクセレンス」受賞アイテム


2020.05.25_16.jpg
Star & Starlet Vessel by Alexander Lamont
アレキサンダー・ラモント / 装飾小物 / ブロンズ


ブログの第2回、第3回では、アレキサンダー・ラモントが扱う中心的素材について書かせていただきました。このブランドを扱いはじめてから、「アール・デコ」は日本でとても人気があるのに、その時代の室内装飾デザインや素材についての情報は日本でとても限られていると感じるようになりました。もちろん、アイリーン・グレイはとても人気がありますし、庭園美術館の建築様式がアール・デコの影響を受けていることは誰もが知っていますが、まだまだある奥深いトピックスをラモントを通じてお伝えしていきたいと思っています。次回の最終回では、20周年を迎えたアレキサンダー・ラモントの新作「SIRENA」についてです。


アレキサンダー・ラモント 代理店
エルクリエーション株式会社 代表 高田真由美




アレキサンダー・ラモント ウェブサイト(英語)
http://www.alexanderlamont.com


アレキサンダー・ラモント ブログ(英語)
http://blog.alexanderlamont.com


ailescreation_logo.jpg
エルクリエーション株式会社ウェブサイト


-------------------------------------------


archi_HP.jpg
アーネストアーキテクツのTOPページへ


TOPに戻る






アレキサンダー・ラモント - 素材のストーリー /
ストロー・マルケタリー、漆、ジェッソ


フレンチ・アール・デコの影響を受ける「アレキサンダー・ラモント 」ですが、その最大の特徴は、1920-30年代の室内装飾で使用された素材にあります。工場はバンコクに近いバングスエというところにあり、ここで100名ほどの職人が手作業で家具、照明、装飾小物、パネル材の制作をしています。中でも最も広いスペースを取って製作されているのはストロー・マルケタリーという技法の素材です。今回はこのストロー・マルケタリーに加え、漆、ジェッソについてのストーリーをお伝えします。


1.ストロー・マルケタリー
ストロー・マルケタリーは、ライ麦の寄せ木細工のことを言います。アシやヨシと同じで中が空洞になった茎を持っており、これを縦にカットして切り開き、リボン状になったライ麦を染め、デザインに応じてベースの素材に張り込んでいきます。


2020.05.18_1.jpg
フランスからラモントの工場へ輸入されたストロー(ライ麦)の茎


2020.05.18_2.jpg
正確に測り丁寧にカットしたライ麦をはめ込んでいきます


2020.05.18_3.jpg


2020.05.18_4.jpg
2019年にオープンしたマンダリン・オリエンタル(ドーハ)で使用された別注製作のストロー・マルケタリー


ストロー・マルケタリーはその起源について17世紀頃から資料が残っています。小箱や建築の装飾材料などとして製作されましたが、非常に凝った作り方のためにその後徐々に作られなくなった歴史を持っています。


このストロー・マルケタリーが"再発見"されたのは、1920年代にジャン・ミッシェル・フランクやアンドレ・グルーが室内装飾の素材として使い出した時からです。当時のモダニストたちが、壁面や家具の質感表現にストロー・マルケタリー技法を使ったことで、この技術が見直されるきっかけとなりました。社長のアレックスが触発されたのはまさに彼らのモダンな使い方です。ゴールド調にも見える自然のライ麦が光を捉えた時の美しい陰影に惹かれ、フランス人の技術者から制作技術を学びタイで職人を育て、今ではラモントの中心的な素材となっています。


2020.05.18_5.jpg
ジャン・ミッシェル・フランクがデザインした室内。本棚の奥と扉にストロー・マルケタリーを使用


2020.05.18_7.jpg
Bronze Seine Box by Alexander Lamont
アレキサンダー・ラモント/ 装飾小物 / 素材:ストロー・マルケタリー


2020.05.18_9.jpg
物件写真:ヨットの内装に納品するために検品中のストロー・マルケタリー。別注サイズ




2.漆
日本伝統工芸でもある「漆」ですが、ラモントにも漆工房があります。1920年代にパリで活躍したジャン・デュナンやアイリーン・グレイといったデザイナーたちが日本人の漆職人菅原精造氏より伝授され制作した漆作品から影響を受け、かつては東洋の骨董品のディーラーであった社長のアレックスが好んで使う素材です。19世紀後半から20世紀初頭にかけては、日本の工芸品がヨーロッパで人気を博した時代ですが、ヨーロッパで日本人の指導により漆製品が作られていたということはあまり知られていません。社長のアレックスから「菅原氏を知っているか?」と聞かれて以来、日本の漆職人さんに聞いてみても、「そういう人がいたのは聞いたことがある」程度しかわかりませんでした。数年前にジャーナリストの熱田充克さんが「パリの漆職人 菅原精造」という書籍を出版したためにやっとわかったのですが、日本の工芸品を製作する工房で働くためにパリへ渡った菅原氏が、その後アイリーン・グレイと出会い共同で漆作品を制作していたこと、金工デザイナーとして著名なジャン・デュナンへ漆を教えたとのことでした。日本人にほとんど知られていなかったこの人物の教えでアール・デコの著名なデザイナーたちが作品を残したというストーリーが実に興味深いところです。


タイの漆製造について言うと、塗りと乾燥を時間をかけて繰り返すことによって強度が増す漆は、湿度・温度において理想的な気候を有しています。アユタヤ朝の時代(1324-1767年)、タイは漆製造の主要な国でしたが、残念ながら現在では自然漆はほとんど生産されていません。ラモントの工房では自然漆を使い製品を作ります。金箔・シャグリーンといった異なる素材との組み合わせを得意としており、工房で出来上がった製品は、ヨーロッパと日本のクラフツマンシップが非常にうまく融合した独自の表現にも見えます。


2020.05.18_10.jpg
工房で使用される漆の道具と見本サンプル。様々な素材の組み合わせを研究している


2020.05.18_11.jpg
アレキサンダー・ラモント / 別注品のボックス / 素材:シャグリーン、漆
次回のブログでご説明するシャグリーン(エイ皮)に朱赤の漆を7層塗り重ねたボックス


2020.05.18_13.jpg
Ovum Spot Table by Alexander Lamont
アレキサンダー・ラモント / 素材:卵殻、漆、ブロンズ


英語でエッグシェルと呼ぶ「卵殻漆塗り」は、卵の殻を割って木地に置き、平滑になるまで何層にも漆を塗り重ね研ぎ出していく技法です。漆で白を表現することが難しいので、白い文様を描く時に使われてきた技法で、人間国宝の松田権六や寺井直次など日本の蒔絵の第一人者たちの精緻な工芸品が美術館や骨董店で見ることができます。この技法は、殻を置く配置の技術も必要なので、ラモントの工場でも一部の職人のみが担当します。


2020.05.18_14.jpg
熟練した手技と優れた感性、集中力、忍耐が必要な卵殻の製造工程




3.ジェッソ
最後にご紹介する素材はジェッソです。ジェッソは絵画の下地や建築の模型を作る時に使われる白い石膏です。中世の時代、教会の彫像を飾る顔料や金箔のベース素材として使われたことで知られています。石灰・白顔料・動物性の膠から成る素材で、一般的にはジェッソ自体を最終素材としてはあまり使用しません。アレキサンダー・ラモントではこの象牙のような白い素材の質感が面白いということで、様々な商品に最終素材として使っています。


2020.05.18_15.jpg
Folly Gesso Ceiling Light by Alexander Lamont
アレキサンダー・ラモント / 照明 / 素材:ジェッソ、真鍮


工房では、ジェッソは原料となる粉と兎膠を混ぜ合わせて手作業で作られます。それに熱を加え何層にも塗り重ね、それぞれの層は磨かれ、完璧に滑らかな素材の層にし、更に様々なハンドフィニッシュを加えて完成させていきます。


2020.05.18_17.jpg
ジェッソの制作風景


2020.05.18_19.jpg
Amaranth Lamp Table by Alexander Lamont
アレキサンダー・ラモント/ サイドテーブル/ 素材:ジェッソ、ブロンズ
先端の尖った道具でひび割れた様子を描いたテーブルトップ


2020.05.18_20.jpg
Cracked Lacquer gesso by Alexander Lamont
アレキサンダー・ラモントのテーブルや箱物に使用される素材。
布にジェッソを塗りその上に漆を塗った後、ます目状に割り、割った部分を磨き上げる


一つ一つの素材にストーリーがあるのがラモントの特徴ですが、これら複数の素材を一つの工場で作っているところも珍しいと言われています。異なる素材を混ぜる手法もそのために生まれてくるわけです。


アレキサンダー・ラモント 代理店
エルクリエーション株式会社 代表 高田真由美




アレキサンダー・ラモント ウェブサイト(英語)
http://www.alexanderlamont.com


アレキサンダー・ラモント ブログ(英語)
http://blog.alexanderlamont.com


ailescreation_logo.jpg
エルクリエーション株式会社ウェブサイト


-------------------------------------------


archi_HP.jpg
アーネストアーキテクツのTOPページへ


TOPに戻る






フレンチ・アール・デコの室内装飾に見る稀有な素材


「アレキサンダー・ラモント」は、家具・装飾小物、パネル材を製作する会社です。弊社エルクリエーションが輸入するこの会社のアイテムは、取り扱いを始めるまではその世界観にあまり馴染みがなくて、どう捉えたら良いかわからないような雰囲気を持っていました。私がこのブランドを扱うきっかけになったのは、知り合いのイタリア人を上海に訪ねたときのことです。彼女がマーケティング戦略を担当する会社について「ちょっと意見を聞かせてくれない?」と言って広げたのが、様々な手法によるラモントの小さな素材サンプルでした。竹に似た寄木細工、細かい粒子を持つスキン、それに日本で伝統的に使われる漆や金箔。何かまとまりがないような気もして、ただどれもが存在感があり、意見を言うというよりも「これは何?」という不思議な気持ちでカタログを持ち帰ってきたのが8年前、ちょうど私が会社を立ち上げた年です。


その素材たちが何かという疑問は、アレキサンダー・ラモントの工場を訪れてからはっきりとまとまりを持った形で見えるようになってきました。バンコクの郊外にある工場を訪れた私を満面の笑みで迎えた社長のアレックスは、私を真っ先に彼のスタジオへ連れて行き、壁一面に並ぶ工芸品や素材に関する書籍の中から何冊かの本を引っ張り出しました。「私はこの時代の素材が好きで、当時のデザイナーたちに影響を受けた物作りをしているんだ」と言って目の前に置いたのは、ジャン・ミッシェル・フランクやアンドレ・グルー、ジャン・デュナンといった名前が表紙に書かれた書籍でした。


2020.05.11_1.jpg


2020.05.11_2.jpg
世界中の工芸品や素材の書籍で溢れるアレックスのスタジオと新作のデザインをするアレックス


1920-30年代を中心に活躍したこれらの人々は、フレンチ・アール・デコの時代、凝った工芸技術によるマテリアルで室内を装飾したデザイナー達です。アール・ヌーボーの有機的デザインの時代を経て、次の時代に当たるアール・デコにおいて新たに加わった特徴は、より単純化された直線・幾何学を使ったシンプルなフォルムでした。そこで空間をラグジュアリーにするための手法として注目された一つが「素材」です。ジャン・ミッシェル・フランクは、室内の壁にライ麦の寄せ細工であるストロー・マルケタリーやパーチメント(羊皮)といった素材を使用しました。マイカ(雲母)、シャグリーン(エイ皮)などで室内の装飾品をデザインしたことでも知られています。いずれも生産に手間のかかる凝った素材で、当時の富裕層に人気を博しました。


2020.05.11_3.jpg
ジャン・ミッシェル・フランクがデザインした、調香師ジャン=ピエール・ゲランのための室内装飾
壁面にパーチメント(羊皮)を使用、1930年代


フランス語でガルーシャと呼ばれるシャグリーン(エイ皮)は、刀剣の柄や印籠などに使用されてきた日本では古くからある素材です。ミッシェル・フランクに加え、クレモン・ルソーやアンドレ・グルーといった家具デザイナーが硬くて加工が難しいけれど、象牙のような艶を持つシャグリーンを使い高価なテーブルやキャビネットを製作しました。パリ装飾芸術美術館に収蔵されているグルーの作った美しい曲線によるキャビネットは、アレックスが感嘆したという家具の一つです。高い加工技術と機能性、自然のエイ皮の持つ質感とバランスの良いパターンの並べ方を持ったアイテムで、彼の作品は1925年のパリ万国博覧会でも注目されました。グルーはその時代、モダンと古典の感性を上手く融合させる手法を見せたデザイナーとも言われています。


2020.05.11_4.jpg
パリ装飾芸術美術館所蔵
アンドレ・グルーによるシャグリーン製キャビネット、1925年


またこの時代、ジャン・デュナンやアイリーン・グレイは、漆工芸の手法を日本人の漆芸家である菅原精造から学び、東洋が注目された当時のニーズにも応えました。ジャン・デュナンは、客船ノルマンディー号の室内装飾を依頼され、2つの大戦の間の時代に、フランスとアメリカを行き交う豪華な船旅の室内を凝った素材で飾ったことでも知られています。調べるほどにストーリーに溢れる当時の素材こそが、アレックスが影響を受けたマテリアルだったというわけで、そこからインスピレーションを得て作るアレキサンダー・ラモントのコレクションは、素材に最も特徴のあるものとなっています。


2020.05.11_5.jpg
アイリーン・グレーがデザインした漆塗り屏風スクリーン、1922年


時代がモダニズムに動いた1920-30年代のデザインは、現代のヨーロッパでもとても人気があります。その典型的なエッセンスである放射線や直線、幾何学文様、南洋材・ガラス・クローム、エジプト・アジア・アフリカのエキゾチックな要素など、パリに行くと新たに改装したホテルやレストランで多く見られます。パリ左岸のサン=ジェルマン=デ=プレ近辺にはフレンチ・アール・デコの家具を扱うギャラリーがいくつかあり、小さなシンプルなスツールでも当時のオリジナルアイテムだと100万円程度するものもあり、なかなか高値です。誰が買っていくの?と聞くと「インテリアデザイナーが個人の顧客に紹介するために選ぶことが多い」との答えで、商業空間だけではなく現代の住宅にも広く選ばれるスタイルと想像することができます。


アレックスは、この時代の素材についてを特に研究し、独自の感性でコレクションを作っています。アール・デコの時代にはなかった素材ミックスにも挑戦するアレキサンダー・ラモントの素材のストーリーについては、次回からご案内していく予定です。


エルクリエーション株式会社
代表 高田真由美




2020.05.11_6.jpg


2020.05.11_7.jpg
The Amaranth Table by Alexander Lamont
アレキサンダー・ラモント / サイドテーブル / 素材:ストロー・マルケタリー、ジェッソ、漆


2020.05.11_8.jpg
The Angle Coffee Table by Alexander Lamont
アレキサンダー・ラモント/ コーヒーテーブル / 素材:シャグリーン、ブロンズ


2020.05.11_9.jpg
Ledge Console Desk by Alexander Lamont
アレキサンダー・ラモント/ ライティングデスク / 素材:シャグリーン、ブロンズ


2020.05.11_10.jpg
Pleiades Vases, limited edition by Alexander Lamont
アレキサンダー・ラモント/ 装飾小物 限定品 / 素材:漆、卵殻


2020.05.11_11.jpg
Fourgere Dining Table by Alexander Lamont
アレキサンダー・ラモント / ダイニングテーブル / 素材:金箔・漆・ブロンズ


2020.05.11_12.jpg
Wishbone Side Table by Alexander Lamont
アレキサンダー・ラモント/ サイドテーブル / 素材:パーチメント(羊皮)の絞り染め、ブロンズ


2020.05.11_13.jpg


2020.05.11_14.jpg
Flamengo Screen by Alexander Lamont
アレキサンダー・ラモント / 屏風スクリーン / 素材:ストロー・マルケタリー




アレキサンダー・ラモント ウェブサイト(英語)
http://www.alexanderlamont.com


アレキサンダー・ラモント ブログ(英語)
http://blog.alexanderlamont.com


ailescreation_logo.jpg
エルクリエーション株式会社ウェブサイト


-------------------------------------------


archi_HP.jpg
アーネストアーキテクツのTOPページへ


TOPに戻る






「アーネストコラム洒洒落落」第61回目の連載がはじまります。


アーネストとご縁が繋がった方々が、それぞれの視点で自由にテーマを設定し執筆いただく全4回の連載コラム「洒洒落落」。
次回、5月11日(月)より第61回の連載を開始いたします。


今回のゲストはエルクリエーション株式会社 代表 高田真由美さんです。テキスタイルを中心に厳選された海外ブランドのプロダクトを提供するだけでなく、セミナーを開催するなど幅広く活躍されている高田さんに現在、世界のラグジュアリーシーンで注目を集めるブランド「アレキサンダー・ラモント」についてお話していただきます。


*** プロフィール ***


2020.04.27_1.jpg


高田 真由美
MAYUMI TAKATA


経歴
東京女子大学卒業、言語学専攻
法律事務所勤務ののち、マナトレーディング株式会社企画室チーフとして12年勤務。
商品企画とブランドマーケティングを担当。海外展示会やメーカーを数多く訪問する。
2013年、エルクリエーション株式会社を設立し、現在に至る。




エルクリエーション株式会社


2020.04.27_2.jpg


エルクリエーションは、インテリア空間における素材や情報を提供する会社です。ブログで今回ご紹介予定のアレキサンダー・ラモントのほか、ロロ・ピアーナ・インテリアなどいずれも素材にこだわりがあり、その背景に魅力的なストーリーを持つブランドを展開しています。
インテリア商材の販売に加え、マーケティングやデザインのコンサルティング、海外トレンド情報をセミナーや雑誌で発信するなどユニークな業態を取ることにより、会社名にあるAILES(=フランス語で翼)の通り、まだ知られていない情報・新しい情報を提供することで海外と日本を繋げる会社です。




2020.04.27_3.jpg


2020.04.27_4.jpg


2020.04.27_5.jpg




ailescreation_logo.jpg
エルクリエーション株式会社ウェブサイト


-------------------------


archi_HP.jpg
アーネストアーキテクツのTOPページへ


TOPに戻る






molaboの人気ドリンク


最終回はmolaboの人気ドリンクをご紹介したいと思います。
一番人気は「黒糖タピオカミルクティー」です。もちもちのタピオカをふんだんに使用し、molaboこだわりの黒糖で甘みをプラスしたミルクティーは、芳醇な香りが特徴です。
アイスはもちろん、寒い時期はホットも人気があります。アイスはタピオカの弾力が増し、ホットは少し柔らかい食感に。ホットとアイスでタピオカの食感の違いも楽しんでみてください。
あと「黒糖タピオカ黒ごまラテ」もおすすめです。アイコンである墨をイメージした盛り付けがインスタにも映えると思います。


2020.03.23_1.jpg
左:黒糖タピオカ黒ごまラテ 右:黒糖タピオカミルクティー(クリックで大きな画像を見る)




molaboこだわりの高級茶葉を使用した烏龍茶と紅茶の味の違いもぜひ味わっていただきたいです。
烏龍茶は金萓ウーロン茶(キンセン)・四季春・貴妃烏龍茶の3種類。紅茶は蜜香紅茶と18號紅玉紅茶(コウギョクコウチャ)の2種類です。
金萓ウーロン茶は香りが豊かで飲みやすく台湾では特に女性に人気の高いお茶です。四季春は甘みとまろやかさが特徴のお茶。貴妃烏龍茶は貴妃美人茶のような優雅な香りや味わいがあります。蜜香紅茶はマスカットのような甘い香りがする紅茶で、18號紅玉紅茶は生産量が少なく「台湾紅茶の極品」とも呼ばれています。この他に、苦みを抑えたジャスミン茶があります。
molabo吉祥寺店では曜日ごとに取り扱う茶葉を変えているので、茶葉の違いもお楽しみいただけると幸いです。


2020.03.23_5.jpg
取り扱う6種類の高級茶葉(クリックで大きな画像を見る)




夏場におすすめしたいのはフルーツを使ったドリンクです。常時ご用意しているもの以外にも、苺ミルクチーズクリームや巨峰ジャスミンティーなどの季節限定の商品も多数ございますので、お店でチェックしてください!


2020.03.23_3.jpg
2020.03.23_4.jpg
上:オレンジ愛玉ゼリージャスミンティー
下:マンゴーココナッツミルク(クリックで大きな画像を見る)




3週に渡りmolaboの魅力をお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?他のタピオカドリンク店とは異なるmolaboならではのドリンクが味わえるのは吉祥寺店のみです!吉祥寺に遊びに来た際は是非お立ち寄りください。
吉祥寺に行く機会はないけど、台湾や広州に旅行や出張の予定がある方は台湾や広州でも!台湾・広州・日本すべて同じクオリティで美味しいドリンクを提供しています。




molabo_logo.jpg
日本初上陸台湾タピオカ専門店『molabo(モラボ)』
台湾の高級茶葉とタピオカを使用した人気タピオカドリンク店の日本第1号店。


Shop Data
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-5-7 epicビル1階
※吉祥寺駅南口(公園口)から徒歩1分


営業時間:11:00~20:30(定休日:なし)


公式Instagramアカウント:@jpmolabo


-------------------------------------------


archi_HP.jpg
アーネストアーキテクツのTOPページへ


TOPに戻る






素材のこだわり


今回はmolaboで使用する素材のこだわりについてお話したいと思います。
molaboは台湾で高級タピオカ店の地位を確立しています。それは値段が高いということではなく、高級なタピオカを使用しているお店として周知されています。
もちろん、molabo吉祥寺店で使用されているタピオカも台湾で手づくりされた高級タピオカです。その違いはもちもちの食感に現れますので、ぜひ食べ比べてみてください。


2020.03.16_1.jpg
黒糖タピオカチーズクリームミルクティー(クリックで大きな画像を見る)


台湾ではお茶を飲む文化が浸透しています。お茶に合わせて甘いものを食すので、近年台湾スイーツが注目を浴びる機会が多いですが主役はお茶です。
その為、molaboで使用している茶葉は台湾の高級茶葉を使用しています。入れ方にもこだわりがあり、紅茶は淹れたてではなく一晩寝かせてより芳醇な味わいにすることで、ミルクに負けない豊かな香りが楽しめます。
また、烏龍茶やジャスミン茶はお湯ではなくコールドブリュー(水出し)製法でゆっくりと時間をかけて抽出するので、茶葉本来の旨味が味わえます。ぜひ一度ストレートでもmolaboのお茶をご賞味ください。その違いがお分かりになると思います。


2020.03.16_4.jpg


2020.03.16_3.jpg
日本とは異なる黄金色の烏龍茶(クリックで大きな画像を見る)




molaboは白砂糖を使わず、さとうきびから作られる黒糖のみを使用。そのポリシーはmolaboの制服にも表れています。
トッピングで人気のチーズクリームは北海道産。チーズクリームは砂糖を使わず塩でチーズ本来の甘みやコクを引き出しているのですが、その塩は沖縄県産です。
牛乳にもこだわりがあり、この日は北海道産のよつ葉牛乳を使用。こだわりの素材を使用することで身体に優しい健康志向なドリンクを提供したいと思っています。


2020.03.16_2.jpg
制服のTシャツ(クリックで大きな画像を見る)


最終回の次回はmolaboならではの人気ドリンクについてご紹介したいと思います。ぜひ、最終回もご覧ください。




molabo_logo.jpg
日本初上陸台湾タピオカ専門店『molabo(モラボ)』
台湾の高級茶葉とタピオカを使用した人気タピオカドリンク店の日本第1号店。


Shop Data
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-5-7 epicビル1階
※吉祥寺駅南口(公園口)から徒歩1分


営業時間:11:00~20:30(定休日:なし)


公式Instagramアカウント:@jpmolabo


-------------------------------------------


archi_HP.jpg
アーネストアーキテクツのTOPページへ


TOPに戻る






タピオカ店のイメージを覆すクールな店舗


今回の連載では、『molabo』の"こだわり"についてご紹介したいと思っています。第一回目はタピオカ店のイメージとは異なる?!こだわりの店舗インテリアについてご紹介します。


2020年1月、吉祥寺に日本初出店した台湾の人気タピオカドリンク店『molabo』はフランス語で「実験室」を意味します。『molabo』の「mo」を中国読みすると「墨」という漢字にあたるため、お店のアイコンに「墨」を使用しています。店内のインテリアも墨をイメージした黒やグレーを基調としたモノトーンでまとめています。そのため、日本でイメージされるタピオカドリンクのお店とは雰囲気が異なるかもしれません。


03.09_2B.jpg


03.09_1B.jpg


03.09_3B.jpg
molabo 吉祥寺店(クリックで大きな画像を見る)


『molabo』は素材にこだわった高級タピオカドリンク店です。本国ではパークハイアットやROSEWOOD HOTELといった高級ホテルとコラボレーションしたイベントを行うなど、他のタピオカ店とは一線を画す高級志向のドリンク店です。店舗のインテリアにもこだわりがあり、テイクアウトのドリンク店ではあまり使用しないステンレスを多く取り入れています。





03.09_4B.jpg


03.09_5B.jpg


03.09_6B.jpg
中国 広州の店舗(クリックで大きな画像を見る)


そのコンセプトは本国でも同様で、中国の広州にある店舗はステンレス製のパイプが店舗の間仕切りに使用されています。イメージは「さとうきび畑」。『molabo』は白砂糖は一切使用せず、さとうきびから作られる黒糖のみを使用しています。そのため広州のお店は「さとうきび畑」をコンセプトにしています。ステンレスのパイプをさとうきびに見立てた店内は、中国の若者にもクールと人気のスポットになっています。「映えスポット」は世界共通ですね。
molabo 吉祥寺店もタピオカ店とは思えないクールな店舗となっていますので、ぜひ一度お立ち寄り頂けると幸いです。




第一回目は店舗のインテリアについてご紹介しましたが、次回はドリンクに使用されている「素材」のこだわりについてご紹介したいと思います。『molabo』ドリンクの美味しさの秘密に迫りますのでお楽しみに!





molabo_logo.jpg
日本初上陸台湾タピオカ専門店『molabo(モラボ)』
台湾の高級茶葉とタピオカを使用した人気タピオカドリンク店の日本第1号店。


Shop Data
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-5-7 epicビル1階
※吉祥寺駅南口(公園口)から徒歩1分


営業時間:11:00~20:30(定休日:なし)


公式Instagramアカウント:@jpmolabo


-------------------------------------------


archi_HP.jpg
アーネストアーキテクツのTOPページへ


TOPに戻る






「アーネストコラム洒洒落落」第60回目の連載がはじまります。


アーネストとご縁が繋がった方々が、それぞれの視点で自由にテーマを設定し執筆いただく連載コラム「洒洒落落」。
次回より第60回の連載を開始いたします。


記念すべき第60回のゲストは、日本初上陸の台湾タピオカ専門店『molabo(モラボ)』を運営するMolabo-J株式会社の飲食監理部部長中原ユキさんです。「molabo」は素材にこだわり、砂糖は黒糖のみを使用し、タピオカは昔ながらの製法で手づくりされたタピオカ。茶葉も台湾の高級茶葉を厳選したドリンク店です。その「molabo」日本第1号店が2020年1月吉祥寺にオープンしました。



*** プロフィール ***


03.01_1.jpg


中原 ユキ
YUKI NAKAHARA


経歴
2020年1月にオープンした「molabo」の日本初出店に携わる。


03.01_2.jpg
日本初上陸台湾タピオカ専門店『molabo(モラボ)』
台湾の高級茶葉とタピオカを使用した人気タピオカドリンク店の日本第1号店。


Shop Data
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-5-7 epicビル1階
※吉祥寺駅南口(公園口)から徒歩1分


営業時間:11:00~20:30(定休日:なし)


公式Instagramアカウント:@jpmolabo

-------------------------


archi_HP.jpg
アーネストアーキテクツのTOPページへ


TOPに戻る






キッチン+インテリアそして今後


昨今、インテリアとキッチンの垣根がなくなってきていると感じます。数年前からドイツキッチンメーカーもリビング家具収納や洗面、洗濯をしたりアイロンがけをするユーティリティースペースの提案などにも力を入れています。イタリアメーカーに至っては、家具ブランドがキッチンブランドを傘下に収めるなど、家の中のほぼ全てのインテリアに関わることができる会社もあるようです。
有名なイタリアの家具デザイナー達がキッチンをデザインしているブランドも増えつつあります。このことはイタリアのミラノサローネやドイツのケルンメッセなどでも顕著に現れており、照明や家具、小物もキッチンを提案していく上で不可欠な要素になってきています。今後は建築そしてインテリアをより理解していくことが、キッチン+リビングダイニングという1つになりつつある空間を表現するためにとても大切であると感じます。


個人的には、アルミルモのパネル材などを建築材料として使い、壁面や建具の仕上げ材として採用することで、リビングルームとの一体感と個性を出すことに面白さを感じています。また、私の好きなレトロやクラシックデザインを自分流にアレンジして、ちょっとユニークでジェンダーレスな一味違うキッチンにも挑戦していきたいです。その為には四方にアンテナを張って色々なことに興味を持ち、吸収していかなければと思う今日この頃です。


上記の他に、これからの目標の1つにドイツメーカーにおける商品開発があります。今まで、ハイブランドからミドルクラスまで9つのキッチンブランドを取り扱い、約20年間で300以上のキッチンを納めてきました。メーカーから与えられた部材を駆使して、自分らしい組み合わせを模索しプランすることも楽しい仕事ですが、たくさんのブランドを経験してきたからこそ、それぞれの良い部分を取り入れて新商品の開発やカタログ、プランナーブックなどの制作に携わり、より魅力的なブランドを作っていきたいと考えています。自分で新しい機能のあるキャビネットを企画したり、プロダクトデザインを得意とする建築家やアーティストに新しい扉デザインを依頼したり、斬新で面白いハンドルや小物などを世界中から見つけてきてキッチンに取り入れる事もまた興味深い仕事の1つです。
「こんな物があればいいなー」と長年思い描いてきものがキッチンデザイナー兼メーカーの一員として実現できたら、それが私の集大成となるでしょう。


キッチンビジネスをスタートした時は、自分の好きな商品を、自分がベストと思った場所で、自分が信頼する人たちと一緒に仕事することが目標でした。今は、自分が見たことのない商品を、自分が経験したことのないフィールドで、自分が尊敬する人たちと一緒に作り上げることができればと思っています。そこに到達するまでは、まだまだ時間はかかりそうですが諦めず日々精進していきたいと思います。


1月20日から4回にわたり、私のつたない文章にお付き合いいただきありがとうございました。本年4月に開催されるミラノサローネではアルミルモも出展して私も参加しております。サローネに来られた際には是非アルミルモブースにもお立ち寄りください。


2020.02.10_1.jpg
壁面と建具にアルミルモの突板材を採用し男前な印象に


2020.02.10_2.jpg
リビングにもキッチンと同じ扉材のオリジナル収納とグリーンを


2020.02.10_3.jpg
5mの高さにウォールナット扉材を建築壁として表現


2020.02.10_4.jpg
沢山の種類の面材に個性的な照明や家具を合わせて




allmilmo_logo.jpg
allmilmoウェブサイト


-------------------------


archi_HP.jpg
アーネストアーキテクツのTOPページへ


TOPに戻る






最近のブログ記事

過去のブログ記事はこちらから

アーネストグループ資料請求ページ