2020年11月アーカイブ

サウナ入門


はじめまして。スウェーデンの家庭用サウナメーカーtylohelo(ティーロヒーロ)の販売と、サウナとウェルネスというライフスタイルを提案する企業、株式会社AVANTO 代表取締役の金子仁美と申します。アーネスト様との有り難いご縁で、今週から4回にわたってブログを連載させていただくこととなりました。どうぞ宜しくお願い致します。


2020.11.30_1.jpg




「サウナ」って苦しいもの?


「サウナ」と聞くと、みなさん何をイメージしますか?
熱い、息苦しい、ヒリヒリする、オジサマたちのストレス発散の場、何か気持ちいいのかわからない・・・と思われる方がほとんどかもしれません。


実は、今こうしてサウナを生業としているこの私ですらも、ほんの数年前まではそう思っていました。よく温泉旅館などにおまけのようにドライサウナが付いていますが、何故わざわざ温泉に来てサウナに入るのか、全く意味がわからない。サウナは拷問の一種なのでは??と真剣に思っていました。
もちろん試しに何度か入ってみようと試みたこともありましたが、サウナルームの入り口から3歩入った時点で「苦しい・・・もう無理・・・」とリタイヤしてしまうほど苦手意識がありました。


2020.11.30_2.jpg
サウナのかつてのイメージ。




そんな私が、なぜこれ程までサウナの魅力にはまったか。


それは、共同設立者でもあり友人でもある竹下が、私の自宅に勝手に送りつけてきた一冊の本、その名も「サ道」を読んだのがきっかけでした。
「サ道」とはタナカカツキさんの漫画。サウナで「ととのう」という言葉を世に知らしめ、ここ最近のサウナブームの火付け役ともなった本です。その本には、ドライサウナの入り方(サウナ→水風呂→休憩)という一連の流れや、水風呂の意義など(水風呂がメインで、サウナはオマケである)がシンプルにわかりやすく描かれています。
読んでいるうちに無性に試してみたくなり、早速、本に書いてある通りにチャレンジしてみることに。


2020.11.30_3.jpg
出版社:パルコ出版 
作:タナカカツキ




チャレンジ1回目。


新宿区某大型温浴施設のサウナにて。
サウナの暑さは、やはり息苦しく感じました。無謀にも"アウフグース"(*注1)というサウナイベントに参加してしまい、途中退出することができず、図らずして目標の10分はクリア。しかしながら水風呂は冷たくて腰までしか入れず、震えながら我慢。まだこの時点ではサウナの気持ちよさはわかりません。


*注1 アウフグース・・・熱したサウナストーンに水を掛けると蒸気が発生します。熱波師と呼ばれるスタッフがタオルを振り回し、参加者にその熱い蒸気をまんべんなく届ける、日本とドイツのみに存在する独特のサウナイベント。




チャレンジ2回目。


錦糸町男性専用某カプセルホテルのサウナにて。
と書くと語弊がありますが、この錦糸町某店は、サウナ業界では名店と言われており、たまたまタイミング良く女性開放デーがあったので、参加してみました。今振り返ると、2度目にしてよくもこんなにディープなところに行ったものだと思います。


軽い気持ちで参加したのですが、私はなんと、約100名の中から抽選で5名しか選ばれない"ウィスキング"(*注2)に当選してしまったのです。約30分間、熱いサウナ室の中に水着で横たわり、厳ついウィスキングマスターの男性に、白樺で身体を叩かれるという、不思議な儀式のような、稀有な体験。
そしてこれまた図らずも、長時間熱いサウナルームの中から逃れられないという状況下で、一気にサウナの神髄を体に叩き込まれたと言いますか・・・


その日、私は、サウナの後の水風呂の気持ちよさも、「ととのう」という感覚も、完璧にマスターしました。やはり素質があったのでしょうか(笑)
(「ととのう」ということは何か、次回ブログでお伝えします)


*注2 ウィスキング・・・熱いサウナ室の中で、白樺の葉を束ねたヴィヒタと呼ばれるものに水分を含ませ、八の字に振り回すと全身が蒸気にふわっと包まれる。その後ヴィヒタで身体を叩いたりマッサージしたり押し付けたり。ロシアやリトアニアでポピュラーなリラクゼーション方法。白樺の葉に含まれる殺菌効果、香りによるリラックス効果、血行促進効果があると言われている。


2020.11.30_4.jpg
白樺の葉を束ねたヴィヒタで身体を叩くウィスキング。




それ以来、津々浦々のサウナ施設を行脚、日々研究しております。サウナの気持ちよさはもちろんのこと、メンタルにも身体にもこの上ないリラクゼーションと回復機能が肌で感じられ、もはや私はサウナが無いと生きていけませんし、いつもサウナに助けられています。
サウナは最高のウェルネスツールであり、この良さをより多くの人に知っていただきたい。
私共は常に、この想いを胸に活動しております。


サウナ未体験の方、特に女性のみなさん!サウナに入ってみたけれど苦しかったからと言って、1回目で諦めてはいけません。
それを乗り越えると素晴らしい世界が待っていますから。


2020.11.30_5.jpg
写真はイメージ *本人ではありません。


次回は、そんな素晴らしいサウナの種類、その驚くべきベネフィットについてご紹介します。




Website(コーポレートサイト) : https://avanto.jp
Website(商品サイト) : https://avanto.jp/tylohelo/
Instagram : @tylohelo_avanto
Facebook : @avantoinc




avanto_logo.jpg
AVANTOウェブサイト


-------------------------------------------


archi_HP.jpg
アーネストアーキテクツのTOPページへ


TOPに戻る






「アーネストコラム洒洒落落」第63回目の連載がはじまります。


アーネストとご縁が繋がった方々が、それぞれの視点で自由にテーマを設定し執筆いただく全4回の連載コラム「洒洒落落」。
次回より第63回の連載を開始いたします。


今回のゲストは、スタイリッシュなデザインで日本のラグジュアリーシーンでも導入されているtylohelo社のサウナの正規代理店として、日常の中にサウナを取り込んだライフスタイルをプロデュースする株式会社AVANTO。お話をお聞きするのは代表の金子仁美さんです。


*** プロフィール ***


2020.11.24_1.jpg


金子 仁美
HITOMI KANEKO


経歴
立教大学経済学部卒。


全日本空輸株式会社、株式会社リンクインターナショナル(現:リンクセオリージャパン)にて勤務。
その後、インテリアデザイナーとしての活動を経て、
2020年、サウナルームの輸入販売とウェルネスを提案する企業、株式会社AVANTOを設立。




株式会社AVANTO


2020.11.24_3.jpg


「一日のはじまりに、一日の終わりに、あなただけのサウナを。」


メンタル、美容、フィジカル面で絶大な効果を発揮するサウナは、Wellness lifeに欠かせないもの。サウナのベネフィットを最大限に享受し、より健康に、より美しくをコンセプトにスウェーデンのサウナメーカーtylohelo(ティーロヒーロ)をはじめとした、高品質なサウナプロダクツを提供、サウナのあるライフスタイルを通して"home spa"というくらし方をご提案します。


2021年2月末、神宮前にスチームサウナが実際に体験できるショールームをオープン予定。




Website(コーポレートサイト) : https://avanto.jp
Website(商品サイト) : https://avanto.jp/tylohelo/
Instagram : @tylohelo_avanto
Facebook : @avantoinc




2020.11.24_2.jpg


2020.11.24_4.jpg




avanto_logo.jpg
AVANTOウェブサイト


-------------------------


archi_HP.jpg
アーネストアーキテクツのTOPページへ


TOPに戻る






豊かな時を紡ぐ別荘建築 -山編-


別荘建築の需要が高まりを見せる中、先週のブログでは弊社作品の中から海辺に建つ別荘をピックアップしてご紹介致しました。今週は豊かな緑の中に佇む別荘にフィーチャーしてその魅力を皆様にお伝えしたいと思います!




まずは温泉地の山中にあるこちらのお宅。まるで緑の中に浮いているかのような佇まいですよね!道路から続く平坦な位置では木立に視界を遮られ、せっかくの素晴らしい眺望を活かすことができません。そこで弊社では高所撮影の映像機材を用いて眺望を確認して建物の配置と高さを検討した結果、1階はエントランスのみとし、地上から約8.2mの高さにメインフロアを引き上げることで周囲に広がる美しい山間に浮かぶ巨大なツリーハウスのような遊び心溢れる外観が生まれました。


2020.11.16_1.jpg


メインフロアである2Fに上ると山間に向かって大きく開かれた開口から周囲の緑を取り込んだ絶景が広がります。その光景を余すことなく取り込むべく、バルコニーはガラス手摺に。


2020.11.16_3.jpg


2020.11.16_4.jpg


ダイニングはフロアレベルを下げ、リビングとは異なる目線から借景を楽しむことができます。木々の中に没入するかのような迫力ある光景を堪能するLDKとなりました。


2020.11.16_2.jpg


バルコニーの一角には天然温泉を引いた露天風呂を設けました。四季折々の姿を見せる山と眼下を駆ける登山鉄道を眺めながら極上のリラックスタイムを味わえます。


2020.11.16_5.jpg
事例詳細はこちら




次にご紹介するのは片流れの屋根が力強い印象を与えるこちら。ガレージハウスを特集した今年10月のブログでもご紹介したお宅なんですがご覧いただけましたか?
ガレージハウスのブログはこちら


2020.11.16_6.jpg


先月は1階のガレージを中心にお伝えしましたが、その空間演出も然ることながらこちらのお宅の最大の魅力は2階に広がる光景なんです!オーナーが一目惚れをしたという富士山を正面に臨む立地で、その抜群の眺望を最大限に活かすためにほぼ全ての生活空間を2階へ集約し、開口から雄大な富士の姿を切り取ります。


2020.11.16_7.jpg


2020.11.16_8.jpg


室内は石や木といった自然の素材で仕上げながら、ガラスや鏡面タイルで景色の映り込みと差し込む自然光の変化を楽しめるように演出。特に大開口からリビングに差し込む光によって時間の移ろいを感じられるよう、いかにシャープな陰影を出せるかという点に力を入れ、シミュレーションを重ねて設計しました。


2020.11.16_9.jpg


長いアプローチに設けた三日月型の水盤には周囲の景色が映り込み、見事な逆さ富士を魅せてくれます。


2020.10.05_2-4.jpg
事例詳細はこちら




2週にわたり別荘建築の事例をご紹介してきましたがいかがでしたか?今回ご紹介したお宅は海と山、それぞれの別荘の魅力を詰め込んだこちらのBlu-ray作品集と冊子パンフレットに収録していますので、お気軽にご請求ください。心癒されるような音楽やわくわくするようなイメージムービーと共に、アーネストが描く別荘建築の世界観をお楽しみいただければ幸いです。


2020.11.16_11.jpg
VILLAS FOREST カタログ
資料請求はこちら


アーネストではこれまでに多数の別荘建築を手掛けてきました。そのすべての設計で目指したのは大自然の美しさを享受し、調和する住まいです。日常を離れ、都会の生活では得られない開放感や周囲に広がる圧倒的な自然を室内へと取り込んだ住まいが人生をより豊かなものへ導くと考えています。しかし、別荘には塩害や大雪など自然と共存するが故の課題もあります。別荘の設計経験が豊富なアーネストだからこそ、その難題をクリアした非日常空間をご提案致しますので、ぜひお気軽にご相談ください。




●別荘建築の事例一覧はこちら
https://earnest-arch.jp/gallery/lp04.html


●建築のご相談はこちら
TEL:0120-332-363





-------------------------------------------


archi_HP.jpg
アーネストアーキテクツのTOPページへ


TOPに戻る






豊かな時を紡ぐ別荘建築 -海編-


コロナ禍から幕が開けた2020年も早いもので残り2か月を切りました。「withコロナ」の生活様式が定着する中、リモートワークという新たな働き方が浸透し、地方への本格的な移住や、都心に住みながら郊外にもう一つの拠点を構える「デュアラー」と呼ばれる暮らし方に注目が集まっています。


住まいの在り方が見直されている今、弊社にも「都心に住んでいるけど眺めの良い場所にセカンドハウスを建て、そこで仕事をしたい。」というお問い合わせが多く寄せられています。
そこで、今回は2週にわたり弊社が手掛けた海と山に建つ別荘建築の事例をいくつかピックして皆様にご紹介してまいります。




最初にご紹介するのは客船のようなシンボリックな外観のこちらのお宅です。昨年、TBS系列バラエティ番組「ジョブチューン」で紹介され、その様子をアーネストブログでも伝えしたのでご記憶の方もいらっしゃると思います。


2020.11.09_1.jpg


こちらのお宅は海辺の高台に建つ立地のためアプローチから海を臨むことができ、真っ白な外壁と青のコントラストに室内への期待が高まります。


2020.11.09_2.jpg


LDKに足を踏み入れると海に向かって大きく曲線を描く270度のパノラマ開口から迫力のある光景が飛び込みます。ソファに腰掛けた時、視界には壮麗な海の姿だけが広がるようにフロアの高さを調整し、LDKの周りを水盤で囲うことで眼下の街並みを消し去りました。


2020.11.09_3.jpg


2020.11.09_4.jpg


「温泉が趣味」というオーナーこだわりの檜風呂とサウナ用に設けた水風呂のジャグジーが並ぶバスルームの周囲にも水盤を設え、彼方まで続く海との一体感を生み出しました。空と海が溶け合う水平線を眺めながら湯船につかるバスタイムは極上の癒しになりそうですね!


2020.11.09_5.jpg
事例詳細はこちら




次にご紹介するのは37畳もの広々としたウッドデッキを持つこちらのお宅です。空を仰ぐ大きなジャグジーやラグジュアリーなアウトドア家具が並ぶデッキがリゾートムードを盛り上げています。


2020.11.09_6.jpg


そしてこちらのお宅、なんと目の前にはバース付きのマリーナが広がっているんです!クルージングがお好きなオーナーが愛艇を横付けしたプライベートバースからいつでも航海へ出航できる特別な住まいになりました。


2020.11.09_7.jpg


室内はホームオートメーションシステムを搭載し、2層吹き抜けのダイナミックなリビングの開口は景観を損ねないようFIX窓で仕上げてデッキへの出入りはホールから行うなど可能な限り生活感を排除しました。


2020.11.09_8.jpg


2020.11.09_9.jpg


そのこだわりはこちらの写真にも...。何が写っているかわかりますか?実は左側の格子はトイレの入り口なんです!一見するとドアには見えない格子の建具はドアノブを付けず、電気錠で開閉を行うことで非日常の世界観を壊さないようデザイン。別荘だからこそ徹底的な非日常空間の演出が実現しました。


2020.11.09_10.jpg
事例詳細はこちら




今週は海辺に建つ別荘をご紹介致しましがいかがでしたか?海辺の別荘建築とイメージ映像をまとめたBlu-ray作品集と冊子パンフレットにこちらの2邸も紹介されていますので、お気軽に資料請求ください。


2020.11.09_11.jpg
VILLAS SEA カタログ
資料請求はこちら


来週のブログでは山の中に佇む別荘をご紹介したいと思います。お楽しみに!




●別荘建築の事例一覧はこちら
https://earnest-arch.jp/gallery/lp04.html




●建築のご相談はこちら
TEL:0120-332-363





-------------------------------------------


archi_HP.jpg
アーネストアーキテクツのTOPページへ


TOPに戻る






「共演NG」ご覧いただけましたか?


2週にわたりブログで告知させていただいたテレビ東京系列ドラマ「共演NG」がついにスタートしました!今週月曜日に放映された第一話はご覧いただけましたか?


2020.10.19_1.jpg
出典:テレビ東京HP


かつては恋人同士、現在は共演NGとなった大物俳優・遠山英二(中井貴一)と大園瞳(鈴木京香)が弱小テレビ局の社運を賭けた大型連続ドラマでW主演する...というストーリー。実際に大物俳優であるお二人が演じることでよりリアリティが増し、引き込まれるようなストーリー展開でしたね!


2020.11.02_1.jpg


2020.11.02_2.jpg
ドラマの映像


ドラマの終盤で、波乱の制作発表を終えた中井貴一さん演じる主人公・遠山英二が帰宅したこちらのお宅が弊社作品です!第一話では外観とエントランスが使用されていました。


2020.10.26_2.jpg


2020.11.02_3.jpg
竣工写真


ドラマの中でも際立っていた3次曲線を描くダイナミックな壁面は角度や厚みを綿密に計算した設計から出来上がったもの。アプローチは曲線を描いているため室内が見えづらく、エントランスを抜けた先にどのような景色が広がっているのかという期待感が膨らむような設計としました。


2020.11.02_7.jpg
竣工写真


建設時には現場で模型を作成しながら曲面型枠の専門業者が加工したパーツを緻密に組み上げ、そこにコンクリートを流し込むことで特徴的で滑らかな曲線を実現しました。


2020.11.02_5.jpg
型枠パネルのパーツ


2020.11.02_6.jpg
型枠の外側




長時間にわたる撮影にご協力いただいたお施主様にはこの場をお借りし、改めて御礼申し上げます。
弊社作品はほぼ全話に登場するとのこと。第一話ではまだ登場していないフォーマルリビングでのシーンもこれから登場する予定なので、ぜひそちらにも注目していただきながらドラマをお楽しみください!


2020.11.02_4.jpg
劇中で使用された物件はこちら




テレビ東京系列にて毎週月曜 夜10時~放送中!


地上波放送終了後、BSテレ東での放送、動画配信サービス『ひかりTV』『Paravi』で配信。


ドラマの詳しい内容は、テレビ東京の公式HPをご覧ください。




-------------------------------------------


archi_HP.jpg
アーネストアーキテクツのTOPページへ


TOPに戻る






過去のブログ記事はこちらから

アーネストグループ資料請求ページ