2020年6月アーカイブ

「これって私だけ?」の放送日が決定!


お客様にお送りしている季刊誌「LUXISM」でも以前お知らせさせていただいた、俳優の沢村一樹さんがMCを務めるテレビ朝日系列ドキュメントバラエティ番組「これって私だけ?」の放送が決まりました!


2020.06.29_3.jpg
出典:番組公式Twitter


「これって私だけ?」と非常に個人的な興味ではあるが、言われてみれば見てみたい様々なモノを大捜索するという番組。当初、今年4月にスタート予定でしたが新型コロナウイルスの影響でスタジオ収録ができず制作がストップ...。待ちに待った初回3時間SPでは「とにかく贅を尽くしたこだわりの自宅風呂」というテーマでアーネスト作品が紹介されます!


紹介されるのは都心に建つ地下1階地上6階建てのこちらのお宅。個人宅とは思えないほどの空間ボリュームが圧巻で、フロアごとに異なる雰囲気を愉しむことができます。以前よりテレビや雑誌などメディア取材のお問い合わせが多いお宅なので、ご覧になったことがある方もいらっしゃるかと思います。


2020.06.29_2.jpg


今回、番組で紹介される最上階のスパフロアは都心でありながら開放感溢れ、旅館の離れのような仕上がりでまさに「贅を尽くしたこだわりの自宅風呂」というテーマにピッタリ!こちらのお宅があまりにも素晴らしかったので、他にも魅力的なお風呂のお宅をご紹介いただきたいとのことで、初回の放送ではなんと3邸ものアーネスト作品が登場することになりました!


どのお宅もこだわりの詰まったお風呂ばかり。オーナーにご出演いただき家づくりに対する想いなどをお話いただいているので、実際にアーネストで家づくりをするイメージが膨らむ内容になっているのではないでしょうか。


初回3時間SPはテレビ朝日系列にて2020年7月7日(火)19:00~放送予定です!
どのアーネスト作品が登場するのか、放送をお楽しみに!




放送開始に先駆け、前身であるスペシャル番組「ガチ探し!検索不能 ~一度で良いから見てみたい~」も7月4日(土)に再放送されます。こちらもぜひご覧ください。




詳しくはテレビ朝日の公式HPをご覧ください。




-------------------------------------------


archi_HP.jpg
アーネストアーキテクツのTOPページへ


TOPに戻る






「プールのある家」のパンフレットを制作中!


毎年のように最高気温を更新し蒸し暑さが増す昨今、プール建築に関するお問い合わせが増えてまいりました。毎年、春に発表しているアクセス数の事例紹介カテゴリ別ランキングでも昨年から「プールのある家」がランクインしており、プールを特集したブログもご好評をいただきました。


プールのある暮らし Vol.1
プールのある暮らし Vol.2


ご自宅で過ごす時間が多くなった近頃、旅行に行かずにご家族と気軽にリゾート気分を味わえるプールの需要は益々高まるばかりです。「様々なプールの事例を見てみたい」というお問い合わせもあり、そのようなご要望にお応えするためにアーネストが手掛けた「プールのある家」の一例をまとめたパンフレットを現在制作中です!


パンフレットの中では、プールのある家の中でも特に人気の高い物件の竣工写真はもちろんのこと、ホームページにはまだ紹介されていない最新事例やプレゼンテーションの際に制作したCG・間取り図面もご紹介しており、プールに関する多種多様な情報が満載の一冊です。掲載する内容だけでなくデザインにもこだわり、見ているだけでも涼しさを感じていただけるような仕上がりになっているのでお楽しみに!


2020.06.22_1.jpg


暑い夏にぴったりの「プールのある家」のパンフレットは7月上旬の完成予定です。完成しましたらHPやブログでもご報告させていただきます。


具体的にプールの建築計画がある方はもちろん、「プールのある暮らしってどんな感じなんだろう?」とお考えの方もぜひお気軽にお問い合わせください。




●お問い合わせ先はこちら
TEL:0120-332-363





-------------------------------------------


archi_HP.jpg
アーネストアーキテクツのTOPページへ


TOPに戻る






新型コロナ感染症拡大防止に対するアーネストの取り組み Part2


前回のブログでは弊社が取り組んでいる新型コロナ感染症拡大防止対策についてお話させていただきました。今回は弊社が施工したクリニックでの新型コロナ感染症対策の実例をご紹介致します。


都内のクリニックより弊社にお問い合わせがあったのは4月中旬。「患者様とスタッフの健康を守るため、受付カウンターに飛沫防止のパネルを設けたい。」というご相談でした。新型コロナ感染症拡大防止には迅速な対応が必要なため、すぐに弊社スタッフがお伺いすると、ヒアリングの中で「デザイン性のあるもの」「新型コロナ終息後、女性スタッフのみで取り外しができるよう軽量なもの」という2点のご要望があがりました。


2020.06.15_1.jpg
Before写真


全長約3mのL字型の受付カウンターには両サイドに扇状の乳白色の樹脂パネルが設けられており、カウンターのL字型に沿うようにアクリルパネルを設置することも考えられました。しかし、それでは15kgもの重さになり女性スタッフの方が取り外すのは難しく、既存のカウンターの強度にも不安が残ります。そして何よりもクリニックを訪れた患者様に圧迫感を与えてしまいます...。


そこで、既存の乳白色のパネルと重なり合うようカウンターの中央部にのみ新たに扇状のアクリルパネルを設けることで、圧迫感と重量を抑えたデザインをご提案致しました。新たなパネルの重量は7㎏、既存の乳白色のパネルに金具で挟み込んで固定することでカウンター自体を傷つけることがなく取り付けが可能で、必要に応じて女性でも容易に取り外しができるような構造としました。
部材が手に入りにくい時期だったためお問い合わせから1か月程かかりましたが、施工は予約の少ない時間帯を利用してスピーディーに行われました。


2020.06.15_2.jpg
取り付け前のアクリルパネル


2020.06.15_3.jpg
固定金具


大きな曲線を描く3つのパネルが連なる様子は幾重にも重なる花びらを連想させ、「ローズ」と名の付くクリニックにふさわしい華やかなデザインに仕上がり、新たな装いとなった受付カウンターが訪れた患者様を出迎えます。


2020.06.15_4.jpg
After写真
(画像をクリックすると大きくご覧いただけます)


弊社ではクリニックや店舗における新型コロナ感染症対策に関するご相談が複数寄せられています。「対策を行いたいけどデザイン性も重視したい」とお悩みの方は是非一度お問い合わせください。これまで数多くのクリニックや店舗のデザインに携わってきた弊社だからこそ、単に新型コロナ感染症対策だけに留まらない、デザイン性を高めるご提案をさせていただきます。




●お問い合わせ先はこちら
TEL:0120-332-363





-------------------------------------------


archi_HP.jpg
アーネストアーキテクツのTOPページへ


TOPに戻る






新型コロナ感染症拡大防止に対するアーネストの取り組み Part1


先日のブログで新型コロナ感染症拡大防止対策の一環として弊社では亜塩素酸水「クロラス除菌ウォーター」と空間除菌デバイス「Devirus AC」を用いた空間除菌システムを導入したことをお伝え致しましたが、今回のブログではより詳しくご紹介していきたいと思います。


2020.06.08_1.jpg
出典:株式会社空間除菌


「そもそも亜塩素酸水ってなに?」と思われる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。亜塩素酸水とは、飽和塩化ナトリウム溶液と塩酸を基に生成された塩素酸に過酸化水素水を加えてつくられた殺菌剤の一つで、欧米諸国では食肉加工や医療現場等で殺菌剤として使用されているのだそう。日本では平成25年に厚生労働省から食品添加物としての使用が認められました。殺菌成分の減少が緩やかで効果が持続しやすいという特徴を持っており、亜塩素酸水の有効成分クロラス酸を主成分にした「クロラス除菌ウォーター」を使用した「Devirus AC」はごく微細なミストを噴霧することで高い空間除菌効果を期待でき、高さ3.5mの空間の場合、最大で100㎡の空間をカバーできるのだそうです。


2020.06.08_2.jpg
※原液1Lを40倍に希釈して使用。( 5,800円/L÷ 40=145円/L)


2020.06.08_3.jpg
出典:株式会社空間除菌
(画像をクリックすると大きくご覧いただけます)


最近、使用方法によっては人体への影響が懸念されるとニュースで話題になった次亜塩素酸水とは異なり、亜塩素酸水は肌への刺激やにおいなど人体への影響、そしてサビや漂白作用といった空間への影響が少ないと言われています。


実際に使用してみると噴霧時には真っ白なミストが勢いよく吹き出しますが、その前を横切ってもべたべたと纏わりつく感覚や刺激はなく、においもほとんどありません。塩素系のにおいに敏感な方や小さなお子様のいるご家庭でも安心してお使いいただけるのではないでしょうか。


IMG_1844.JPGのサムネイル画像


2020.06.08_4.jpg


「Devirus AC」はスマートコンセントやスマートタイマーを利用し、ミスト噴霧の間隔や曜日を自由に設定することが可能です。弊社では三田本社の各フロアや青山ギャラリー、大阪ギャラリーにこちらのシステムを設置しており、始業前から終業後にかけて1時間に10分程度ミストを自動噴霧して空間除菌を行っています。


その他にも定期的アルコール除菌でのふき取りや換気を行っており、先日ブログでもお伝えしたビデオ通話でのオンライン建築相談、対面の際はご希望によりフェイスガード着用したお打ち合わせなどお客様や社員が少しでも安心できる環境づくりに取り組んでおります。また、密閉状態を避けるため、ドアを開けたままお打ち合わせをさせていただく場合がございますのでご理解いただけますと幸いです。


次週は弊社が施工した新型コロナ感染症対策の事例をご紹介させていただきます。




空間除菌システムの詳しい説明はメーカーのHPをご覧ください。
株式会社 空間除菌 公式サイト




-------------------------------------------


archi_HP.jpg
アーネストアーキテクツのTOPページへ


TOPに戻る






アレキサンダー・ラモント 2020新作コレクション"Sirena"


フレンチ・アール・デコに触発されたアレキサンダー・ラモントの素材をご紹介する4回シリーズですが、早くも最終回です。
アレキサンダー・ラモントは、今年設立20年の記念の年を迎え、本来であれば3月末にバンコクのフラッグシップショップで各国のディストリビューターや顧客を招いてのイベントを開催予定でした。私も渡航を楽しみにしていたのですが、新型コロナウィルスの影響で中止となってしまいとても残念です。今回イベントで発表する予定だったコレクションが「SIRENA(シレーナ)」というアフリカがテーマのコレクションです。アフリカ芸術は、アール・デコの時代においても芸術家や建築家に大きな影響を与え、どっしりとした家具や、アフリカのパターンなど、アフリカの影響を受けたスタイルが当時の室内装飾に使われました。


ラモントの創業者アレックスはイギリス人ですが、実はご両親のお仕事の関係で幼い頃をアフリカ・ケニヤのヴィレッジで過ごした経歴を持っています。


2020.06.01_1.jpg
ケニアが植民支配から独立して6年後の1969年、アレックスは母とケニアに到着。父親の仕事の関係で、アレックスは世界の様々な工芸品に触れ育つ経験をしました。


アフリカでの経験が自分に影響を与えているというアレックスですが、その思い出が「SIRENA」コレクションには織り込まれています。線、形、質感を通じて表現される象徴的なアフリカのエッセンスが、ブラジル出身デザイナー、アントニオ・ダ・モッタとのコラボレーションにより力強くデザインされました。


2020.06.01_2.jpg
Eshú Coffee Table by Alexander Lamont
アレキサンダー・ラモント / センターテーブル / 素材:ストロー・マルケタリー、ブロンズ
ロストワックスブロンズ製法で鋳造された荒々しい質感の脚が、動的なテーブルトップを支えています。その天板は5色のコーラルカラーで染めたストローが寄木されたものです。ナイジェリアのヨルバ族の持つ力と信念に対する考え方にインスピレーションを受けたデザインです。


2020.06.01_3a.jpg
(クリックすると大きな画像でご覧いただけます)
Shangó Floor Lamp by Alexander Lamont
アレキサンダー・ラモント / フロアスタンド / 素材:オニキス、ブロンズ
琥珀色のオニキスをカットし、ブロンズの柱にアクセントとして加えたフロアランプ。シャンゴとは、ヨルバ族に伝わる神で、雷と嵐を司り、その象徴は両刃の斧とされています。


2020.06.01_4a.jpg
(クリックすると大きな画像でご覧いただけます)
Yemanyá Wall Sconce by Alexander Lamont
アレキサンダー・ラモント / 壁掛け照明 / 素材:ブロンズ、金箔
ブロンズ製の黒のナツメグを金箔の光で後から照らします。イエマーニャは、アフリカやブラジルで、海の創造にかかわる女神の意味があります。


アール・デコ時代の装飾の特徴は、モダンなスタイル、クラフツマンシップ、稀有で豊かな素材の使用などが挙げられますが、「SIRENA」コレクションにも様々な工芸的手法をモダンに見せたアイテムが発表されています。


2020.06.01_5.jpg
Fourgere Dining Table by Alexander Lamont
アレキサンダー・ラモント / ダイニングテーブル / 素材:シャグリーン、ブロンズ
Cupola Ceiling by Alexander Lamont
アレキサンダー・ラモント / シーリングライト / 素材:卵殻、ブロンズ、金箔
シャグリーン(エイ皮)をテーブルトップに使用したダイニングテーブルの上には、卵殻による漆塗り手法の照明が設置されています。内側に加工した金箔の光が叙情的な輪となって詩的に床面に広がります。


2020.06.01_6.jpg
第2回のブログでお伝えした卵殻漆が使用された照明外側の加工。


アール・デコのデザインでは「鮮やかな色彩」も特徴的であり、当時バレエリュスの舞台を彩ったレオン・バクストのセットデザイン、アンリ・マティスに代表されるような初期のフォービズム、ファッションデザイナーであるポール・ポワレの作品などに美しいカラーが見られます。2020年ラモントの「SIRENA」コレクションでも、「カラー」を一つの特徴として紹介したアイテムがあります。いずれもラモントが得意とする素材によるものです。


2020.06.01_7a.jpg
(クリックすると大きな画像でご覧いただけます)
Lapis Side Tables by Alexander Lamont
アレキサンダー・ラモント / サイドテーブル / 素材:漆、ブロンズ
シグニチャーマテリアルでもあるライ麦で原型をとったブロンズの脚を持つサイドテーブル。トップには、半貴石のブルーの色調によるカボション(半球型)をセッティングし、塗装をかけることで強度を高めています。


2020.06.01_8a.jpg
(クリックすると大きな画像でご覧いただけます)
Volta Mirror by Alexander Lamont
アレキサンダー・ラモント / ミラー / ストロー・マルケタリー、真ちゅう
自然を感じさせる色のスペクトルが、ひとつひとつ厳選しながら手で選ばれたライ麦によって生き生きと表現され、陰影の効果が美しいエレガントなミラー。


2020.06.01_9a.jpg
(クリックすると大きな画像でご覧いただけます)
Plume Floor Lamp by Alexander Lamont
アレキサンダー・ラモント / フロアランプ / 素材:ストロー・マルケタリー、ブロンズ
黒檀色から淡い色までをライ麦に手染めし、グラデーションで寄木加工。濃淡のスモーキーなトーンが美しいストロー・マルケタリーの照明スタンドです。ベースにはブロンズが使用されています。


2020年SIRENAは、アフリカの力強い造形、モダンな洗練されたスタイルが際立ち、特に美しい「青」やシックな「黒檀・琥珀・珊瑚」のカラーが揃いました。上記にご紹介したのは中心的なアイテムですが、以下のムービーではアレックスがコンセプトを語り、さらに全体がご覧いただけます。


2020.06.01_10.jpg
↑画像をクリックすると「SIRENA」コレクションのムービー(4:40)をご覧いただけます。
*右下のCCから日本語の字幕が選べます。


今回4回にわたりアレキサンダー・ラモントで使用される素材は何を背景としているのかについて書かせていただきました。聞き慣れない素材もあったと思いますが、アール・デコの素材、例えばストロー・マルケタリーやパーチメントはいくつかのヨーロッパ家具ブランドでも取り扱いがあります。エルメスメゾンからはジャン・ミッシェル・フランクの復刻版が発売されており、アルマーニカーサでもストロー・マルケタリーの家具を見たことがあります。いずれもモダンな表現と素材へのこだわりを持つブランドが扱っており、アール・デコのマテリアルやデザインは、ヨーロッパの人々にとっても憧れのスタイルなのだとわかります。
アレキサンダー・ラモントのコレクションからも、モダンなインテリア空間を豊かにする手法として素材が発信した存在感について知ることができ、さらに新しい感性で発表されるデザインは大変魅力的です。今回その世界観の一部をご紹介する機会を持てたことは大変光栄でした。海外渡航が自由になり、バンコクに行かれた際にはぜひフラッグシップショップにも足をお運びいただきたいと思います。たくさんの素材に出会うことができます。
ラモントの最新情報は、近くリニューアル予定の弊社ウェブサイトとニュース配信にて6月中旬頃からお伝えしていく予定です。是非ご覧ください。


アレキサンダー・ラモント 代理店
エルクリエーション 代表 高田真由美




2020.06.01_11.jpg


2020.06.01_12.jpg
バンコクのGaysorn Villageにあるアレキサンダー・ラモント フラッグシップショップ




アレキサンダー・ラモント ウェブサイト(英語)
http://www.alexanderlamont.com


アレキサンダー・ラモント ブログ(英語)
http://blog.alexanderlamont.com


ailescreation_logo.jpg
エルクリエーション株式会社ウェブサイト


-------------------------------------------


archi_HP.jpg
アーネストアーキテクツのTOPページへ


TOPに戻る






過去のブログ記事はこちらから

アーネストグループ資料請求ページ