2021年8月アーカイブ

第2回 モルテーニ・ダーダ東京のキッチン空間提案 前編


さて、2018年12月にオープンしたダーダ東京ですが、内装は〈Molteni&C|Dada〉のクリエイティブディレクターを務める、ベルギー人建築家 ヴィンセント・ヴァン・ドゥイセンが監修しています。ヴァン・ドゥイセンは、床・壁・天井の仕上げなど内装から、家具、テキスタイル、照明、アート、グリーンにいたるまで、インテリアのディテールにこだわりをもった建築家として知られていますが、ダーダ東京も同様に彼の審美眼が生かされています。ショールームでは、キッチンのみならず、世界的な建築家ヴィンセント・ヴァン・ドゥイセンが手掛けた、イタリアを感じさせる厳選された天然素材を用いた贅沢な空間全体をぜひお楽しみいただけたらと思います。


1_1.jpg
ダーダ東京で最も人気の高いVVD
アイランドキッチンのワークトップにはイタリアの湖畔で採取される堆積岩チェッポストーンを使用。
ドロワー、スナックカウンターの天板、コラムユニットの扉にはウォールナットを、そしてアイランドキッチンの扉やその他フレームラインにはピューター色を組み合わせている。


ショールームでは緩やかに仕切られた空間で6つのキッチンをご覧いただくことができ、水栓やオーブン、クックトップ、ディッシュウォッシャーなどの機器の使用感を実際にお確かめいただくことができる実機で全て展示しています。これまで国内でご納品させていただいた中で最も人気が高いモデルは、ダーダのフラッグシップモデル、ヴィンセント・ヴァン・ドゥイセン デザインの 「VVD(ヴィーヴィーディー)」です。厳選された天然石、木質、金属仕上げなどの異素材を巧みに掛け合わせた、ダイナミックで洗練されたキッチンです。スリムなサイドとボリュームのあるワークトップ、細いラインと広い面で構成する建築的なコントラストによりそれぞれの素材の豊かな表情をいっそう際立たせており、空間の中心にあっても家具のような存在感を放ちます。


2_1.jpg
こちらは溶岩石のシンク。このほか、湖畔で採取される堆積岩チェッポストーンや、マグマが冷却し固まってできる斑岩のグリーンポルフィードなど、他では見られない厳選された天然石を使用することも可能。



3_4.jpg
ワークトップの下に収納できるVVDトローリー(左)と大きめのオープンエンドの引き出し ウォールナットオープンドロワー(右)。どちらもVVDシリーズならではのアイテム。


5_1.jpg
ダーダ東京エントランスのスペース。 リビングと同空間にPRIMEを設えている。



続いてご紹介するのは、ショールームのエントランスでまず皆さまにご覧いただくモデル、「PRIME(プライム)」です。ダーダのキッチンは、モルテーニの収納同様に、飾るものを美しく見せることで空間を演出し、隠すところは無駄なく機能的に物をしまうことができるのも最大の魅力のひとつですが、キッチンPRIMEをご紹介している空間は、「見せる(魅せる)」収納をより楽しめる設えにしています。PRIMEの扉や天板、側板のエッジには全て45度のカットが施されていることで、小口の細く繊細なラインが際立ち、陰影が生まれ、面材の素材・仕上げが美しく際立ちます。また、壁面には縦横のラインを強調するLED照明のついたユニットやシェルフを合わせることで、中のものを美しく照らし、ラグジュアリーなキッチン空間を演出します。


6_1.jpg
L字型+スナックテーブルでキッチンを囲むように家族や友人とコミュニケーションがとれるレイアウト。
縦ラインが印象的なフレアー ウォールユニットと、薄い棚板と横ラインを強調したLEDで浮遊感のあるウィング システム。二つを掛け合わせることで、演出性の高いキッチンができる。


7.jpg
左・中)天板、側板、ドロワーいずれにも45度の 角度が付いたエッジにより、陰影が生まれ、細い ラインとドロワーの面材が美しく浮かび上がる。 右) ドロワーを開くとLEDライトが点灯し、中のものを美しく照らす。


家具のような存在感のあるモルテーニ・ダーダらしさが光るキッチンVVDと、ショーケースのように美しくものを見せる(魅せる)キッチンPRIME、2つのモデルをご紹介しました。キッチンのある空間でどんな風に過ごしたいか、ぜひ具体的に思い描いてみてください。お客様おひとりおひとりにとって最もふさわしく、心地よく過ごせるキッチン空間を実現するお手伝いができれば幸いです。


次回も引き続き、モルテーニ・ダーダ東京に展示中のキッチンをご紹介させていただきます。


 
https://earnest-arch.jp/blog/2021/08/07/LOGO.jpg
Dada kitchenホームページへ




-------------------------------------------


archi_HP.jpg
アーネストアーキテクツのTOPページへ


TOPに戻る






第1回 Molteni&C | Dada について


こんにちは。
アルフレックスジャパン 代表取締役社長の保科卓です。


この度はアーネストさまよりブログ寄稿の機会をいただきまして、誠にありがとうございます。実は2015年にも一度登場させていただいており、その際には主にアルフレックスジャパンの歴史と、オリジナルブランド アルフレックスについてご紹介させていただきました。今回は2018年に取り扱いを開始したイタリアのモルテーニグループ傘下のキッチンブランド Dada(ダーダ) について、僭越ながら全4回にわたりご紹介させていただきたいと思いますので、お付き合いいただけましたら幸いです。


1.jpg
最新のMolteni&C | Dada広告ビジュアル
モルテーニの提案する空間・家具と見事に調和する、生活空間の中心となっているキッチンエリア


ダーダのキッチンのお話をする前に改めてMolteni&C(モルテーニ)について、まずはご紹介します。


モルテーニは、1934年イタリア・ブリアンツァ地方にて創業。システム収納で培った世界最高峰と名高い技術開発力をベースに、住空間の全てを提案するイタリア屈折の家具ブランドです。そのデザインは常に先進性に溢れ、ダイナミックにして精巧。この技術とデザインの革新性が世界中の有名建築家、デザイナーからも高く評価される所以です。生産量はEU諸国の中でも最大規模を誇り、世界90カ国に輸出。フラッグシップショップはロンドン、パリ、ニューヨーク他世界57店舗を展開し、ディストリビューターは800以上。このスケールメリットにより、ハイエンドでありながらマーケットの中で適正価格を実現しています。
2.jpg
2021年1月に国内発売した、モルテーニの最新コレクション


一方、ダーダは1926年イタリア ロンバルディア州メーゼロで創業し、1979年モルテーニグループの傘下に加わったキッチンブランドです。歴史と実績のあるグループ企業の力を生かし、クラフツマンシップと素材感や質感を際立たせたモルテーニの家具・収納と、ダーダのキッチンを融合させた住空間とともに、モルテーニが理想とするライフスタイルを提案しています。


2016年にモルテーニ・ダーダ両ブランドのクリエイティブディレクターに就任したベルギー人建築家 ヴィンセント・ヴァン・ドゥイセンのディレクションにより、ディテールへの徹底的なこだわりと、素材感や質感を際立たせたシンプルなデザイン、〈隠す〉機能とショーケースのように〈魅せる〉要素を組み合わせたメリハリのあるラグジュアリーな空間演出を特徴とし、モルテーニの提案する空間・家具と見事に調和するキッチン空間を特徴としています。
3.jpg
モルテーニ・ダーダのキッチンを中心とした空間提案



アルフレックスジャパンは2010年に家具ブランドMolteni&C(モルテーニ)の取り扱いを開始しました。2015年3月には青山に国内初の旗艦店モルテーニ東京をオープン。その後、2017年には大阪 心斎橋にMOLTENI&C OSAKAを、そして2018年12月にMOLTENI&C TOKYO隣地にDADA TOKYOをオープン。さらに、今年1月には、青山の2店舗をMOLTENI&C | DADA TOKYOとして、モルテーニとダーダが提案する生活空間すべてをご覧いただくことができる複合スペースとして新たな展開を始めました。ぜひ両ブランドによる圧倒的な空間をご体感いただければ幸いです。


さて次回からは、モルテーニ・ダーダ東京で取り扱うキッチンについてご紹介したいと思います。


 
https://earnest-arch.jp/blog/2021/08/07/LOGO.jpg
Dada kitchenホームページへ




-------------------------------------------


archi_HP.jpg
アーネストアーキテクツのTOPページへ


TOPに戻る






「アーネストコラム洒洒落落」第65回目の連載がはじまります。


アーネストとご縁が繋がった方々がそれぞれの視点で自由にテーマを設定し執筆いただく全4回の連載コラム「洒洒落落」。
次回より第64回の連載を開始致します。


今回のゲストは、日本のモダンインテリアをリードしてきたアルフレックス ジャパンの代表取締役社長、保科 卓さんです。
イタリアで創業した名門キッチン〈ダーダ〉についてお話を伺いました。



プロフィール


0816_1.jpg
Photo by Yuichi Kuroda


保科 卓
TAKU HOSHINA


1965年京都生まれ
慶應義塾大学卒業後、88年にアルフレックスジャパンに入社。
以来、輸入部門、管理部門、経営企画部門などを経て、08年にイギリスにてMBAを取得。13年に代表取締役社長に就任。創業時の理念を受け継ぎ、現代の経営戦略で同社の成長を目指している。



ARFLEX JAPAN (アルフレックスジャパン)
オリジナル家具ブランド〈arflex〉の他、〈Molteni&C | Dada〉〈Riva1920〉〈RODA〉などイタリアのモダン家具ブランドを国内展開。1969年の創業以来、上質な家具と過ごす、心豊かなライフスタイルを提案し続けてきました。



Dada(ダーダ)
今回の連載でご紹介するのは、アルフレックスジャパンが2018年12月より取り扱いを開始した、キッチンブランド ダーダ。ダーダは、1926年イタリア ロンバルディア州メーゼロで創業し、1979年モルテーニグループの傘下に加わったキッチンブランド。90年以上のキッチン製造の歴史と高い技術力を持ち、現在、25か国30の旗艦店を展開しています。歴史と実績のあるグループ企業の力を生かし、クラフツマンシップと素材感や質感を際立たせたモルテーニの家具・収納と、ダーダのキッチンを融合させた住空間とともに、モルテーニが理想とするライフスタイルを提案しています。


 
https://earnest-arch.jp/blog/2021/08/07/LOGO.jpg
Dada kitchenホームページへ






-------------------------------------------


archi_HP.jpg
アーネストアーキテクツのTOPページへ


TOPに戻る






夏季休暇のお知らせ

夏季休暇のお知らせ


平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。


誠に勝手ながら、弊社では下記の通り夏季休暇とさせていただきます。
期間中は大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。


022_1.jpg


――――――――――――――――――――――――――――
◆夏季休暇◆
2021年8月11日(水)から2021年8月12日(木)
8月13日(金)10:00より通常営業致します。

――――――――――――――――――――――――――――


各ショールームのご案内



◆アーネスト青山ギャラリー◆


※アーネスト青山ギャラリーにつきましては夏季休暇日はございません。


東京都港区南青山6-4-6 almost blue A棟-2
Tel 03-6450-6772
Open 10:00 Close 18:00


地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線
表参道駅下車
A5出口(階段のみ)より徒歩8分
B4出口(階段又はエレベーター)より徒歩10分
B3出口(エレベーター又はエスカレータ)より徒歩10分
都バス渋88 渋谷から新橋駅前行
南青山6丁目駅下車 徒歩5分


※専用駐車場のご用意もございます。



◆アーネスト大阪ギャラリー◆


2021年8月9日(月)から2021年8月13日(金)
8月14日(土)10:00より通常営業致します。


大阪府大阪市西区新町1-28-3四ツ橋グランスクエア9階
Tel 06-6537-7731
Open 10:00 Close 18:00


地下鉄長堀鶴見緑地線
「西大橋」 駅 2番出口 徒歩1分
地下鉄四つ橋線
「四ツ橋」 駅 2番出口 徒歩3分
地下鉄御堂筋線
地下鉄長堀鶴見緑地線
「心斎橋」 駅 3番出口 徒歩7分


※専用駐車場のご用意もございます。




-------------------------------------------


archi_HP.jpg
アーネストアーキテクツのTOPページへ


TOPに戻る






月別 アーカイブ

過去のブログ記事はこちらから

アーネストグループ資料請求ページ