インテリアの重要性

インテリアの重要性


アーネストグループは今期から設計事務所であるアーネストアーキテクツ株式会社に所属していたインテリアコーディネーターをインテリアデザインや物販を行うアーネストスクエア株式会社所属に、組織改変致しましたのでご報告いたします。
今回の改変はアーネストグループではインテリアの重要性に重きを置き、インテリアコーディネートによって広がる建築デザインの可能性を追求したいという想いからです。


DSC_8401.jpg




人々が生活をしていく基礎とされる「衣食住」ですが、日本は衣と食は世界と比べても高いレベルにあると思います。「衣」に関して、以前の日本人のファッションはみんな同じかっこをしている「没個性的」と揶揄された時期もありましたが、現在では日本の若者が持つ独特の感覚に世界が注目しています。その勢いはファッションを超え、‟カワイイ"カルチャーと呼ばれるほどに。そして、「食」はご存知のように2013年に「和食」がユネスコの無形文化遺産に登録され、「寿司」「天ぷら」などは世界中の人々が知っている日本料理になりました。


SUSHI.jpg
日本が世界に誇る寿司


では、「住」はどうでしょうか?古民家や日本家屋は海外からも高い評価を受けていますが、実際に日本家屋に住んでいる人は少なく、和室を設けることも少なくなり、日本の住宅は欧米化が進んでいます。しかし、欧米諸国と比べると日本の「住」はまだまだ未熟な印象で、特にインテリアはこれからの分野です。
日本の住宅の一般的なインテリアとして、人気ドラマ「半沢直樹」の主人公、半沢直樹が暮らす家を例にあげてみました。ドラマの中で半沢直樹は有能なバンカーですが、家は一般的なサラリーマンが暮らす住まいとして、日本の平均的なインテリアに設定されていると思います。でも、このお宅のインテリアがオシャレかと聞かれたら、ちょっと回答に困ってしまうのではないでしょうか。


TBS.jpg
ドラマ「半沢直樹」で半沢直樹が暮らす家
出展:カーテンココ スタッフブログ「TBS系日曜21時 連続ドラマ『半沢直樹』にカーテンを美術協力をしました」




一方、パリのアパルトマンのインテリアはどうでしょう?パリで賃貸物件や売買物件を扱う不動産会社LODGISのサイトで実際に紹介されていた、家具付き35㎡のアパルトマンのインテリアはインテリア雑誌で紹介されているレベルのオシャレさです!ドラマのロケ地として生活感をプラスしている点は違いますが、飾られている絵や置き家具のセンスには大きな違いを感じてしまいます。こちらのサイトで紹介されていた家具付きの賃貸物件はどの部屋もとてもオシャレです。家具をトータルコーディネートできるということもありますが、そもそもここまでオシャレにするのは、オシャレな部屋じゃないと借り手が決まらないということもあるのではないでしょうか?日本にも家具付きの賃貸物件はありますが、ここまでインテリアにこだわった物件は少ないように思います。


Paris.jpg
パリの家具付き賃貸35㎡
出展:LODGISサイト




日本の住宅は海外から見ると狭く「ウサギ小屋」なんて呼ばれたことも以前はありましたが、現在はパリやロンドンの住宅事情は東京とあまり変わりません。むしろ、同じ家賃なら東京の方が広いマンションに住めることも。しかし、パリやロンドンの住宅は狭くてもお洒落な空間を確立しています。今はインターネットやSNSの普及で海外のインテリアを目にする機会も増えたので、日本と海外のインテリアの差を感じている方も多いのではないでしょうか。
日本と同じ狭い空間でも、パリやロンドンの住宅はオシャレで豊かな生活ができているのはインテリアの違いだと思います。特にマンションは間取りや壁、床や天井の仕上げが同じ規格の部屋がありますが、家具やラグ、アートや小物で大きな違いが生まれることも。それだけインテリアは空間にとって重要な要素なのです。


DSC_8407.jpg
当社のモダンなコーディネート例(クリックで拡大)


DSC_8412.jpg
当社のエレガントなコーディネート例(クリックで拡大)




当社アーネストアーキテクツ株式会社が所属するアーネストグループは住まいのトータルサポートを行いたいと分社化し、2008年にインテリアに特化したアーネストスクエア株式会社を設立して以来、上質な家具や照明、カーテンにアートなどインテリアに関する商品を当社で新築やリフォームを計画されたお客様に、ご提供して参りました。
しかし、今期から体制を変え、当社で設計を行っていないお客様にもインテリアのトータルコーディネートサービスをご提供するように致しました。これにより、マンションにお住まいの方や当社以外で住宅を建設された方、オフィスのエントランスや打ち合わせスペースのインテリアコーディネートなど住宅に限定せず、より多くの皆様にデザイン提供させて頂きます。


DSC_8410.jpg
使っていなかった屋上にアウトドアリビングをコーディネート
(クリックで拡大)


今後は、今まで高級住宅を専門にインテリアを手掛けてきた当社インテリアコーディネーターの経験を活かし、インテリアの持つ可能性を皆様に周知、拡大したいと思っています。インテリアコーディネートは大規模な工事を行わないため、より手軽に暮らしをグレードアップすることができるのも魅力のひとつです。
現在のインテリアに不満がある方はもちろん、長年インテリアを変えていない方、長引くおうち時間で家で過ごす時間に飽き飽きしている方はぜひ、インテリアの見直しを検討してみてください。お気に入りのインテリアで過ごす時間は、きっとあなたの暮らしをもう一段階豊かにするはずです。


インテリアコーディネートのご相談はこちらから
お問合せ先:0120-332-363




-------------------------


archi_HP.jpg
アーネストアーキテクツのTOPページへ

TOPに戻る







月別 アーカイブ

過去のブログ記事はこちらから

アーネストグループ資料請求ページ