新型コロナ感染症拡大防止に対するアーネストの取り組み Part2

新型コロナ感染症拡大防止に対するアーネストの取り組み Part2


前回のブログでは弊社が取り組んでいる新型コロナ感染症拡大防止対策についてお話させていただきました。今回は弊社が施工したクリニックでの新型コロナ感染症対策の実例をご紹介致します。


都内のクリニックより弊社にお問い合わせがあったのは4月中旬。「患者様とスタッフの健康を守るため、受付カウンターに飛沫防止のパネルを設けたい。」というご相談でした。新型コロナ感染症拡大防止には迅速な対応が必要なため、すぐに弊社スタッフがお伺いすると、ヒアリングの中で「デザイン性のあるもの」「新型コロナ終息後、女性スタッフのみで取り外しができるよう軽量なもの」という2点のご要望があがりました。


2020.06.15_1.jpg
Before写真


全長約3mのL字型の受付カウンターには両サイドに扇状の乳白色の樹脂パネルが設けられており、カウンターのL字型に沿うようにアクリルパネルを設置することも考えられました。しかし、それでは15kgもの重さになり女性スタッフの方が取り外すのは難しく、既存のカウンターの強度にも不安が残ります。そして何よりもクリニックを訪れた患者様に圧迫感を与えてしまいます...。


そこで、既存の乳白色のパネルと重なり合うようカウンターの中央部にのみ新たに扇状のアクリルパネルを設けることで、圧迫感と重量を抑えたデザインをご提案致しました。新たなパネルの重量は7㎏、既存の乳白色のパネルに金具で挟み込んで固定することでカウンター自体を傷つけることがなく取り付けが可能で、必要に応じて女性でも容易に取り外しができるような構造としました。
部材が手に入りにくい時期だったためお問い合わせから1か月程かかりましたが、施工は予約の少ない時間帯を利用してスピーディーに行われました。


2020.06.15_2.jpg
取り付け前のアクリルパネル


2020.06.15_3.jpg
固定金具


大きな曲線を描く3つのパネルが連なる様子は幾重にも重なる花びらを連想させ、「ローズ」と名の付くクリニックにふさわしい華やかなデザインに仕上がり、新たな装いとなった受付カウンターが訪れた患者様を出迎えます。


2020.06.15_4.jpg
After写真
(画像をクリックすると大きくご覧いただけます)


弊社ではクリニックや店舗における新型コロナ感染症対策に関するご相談が複数寄せられています。「対策を行いたいけどデザイン性も重視したい」とお悩みの方は是非一度お問い合わせください。これまで数多くのクリニックや店舗のデザインに携わってきた弊社だからこそ、単に新型コロナ感染症対策だけに留まらない、デザイン性を高めるご提案をさせていただきます。




●お問い合わせ先はこちら
TEL:0120-332-363





-------------------------------------------


archi_HP.jpg
アーネストアーキテクツのTOPページへ


TOPに戻る






過去のブログ記事はこちらから

アーネストグループ資料請求ページ