2020年2月アーカイブ

Blu-ray作品集に「別荘」シリーズが加わりました


記録的な暖冬の今年は、ポカポカと暖かい日も増え、早くも桜の開花予想が発表されるなど春の訪れを感じます。海や山など行楽地へのお出かけが楽しい季節になってきましたね!


弊社物件の魅力をお伝えするBlu-ray作品集にも本格的な行楽シーズンを迎えるこれからの季節にピッタリの別荘建築をまとめた作品集「VILLAS SEA」と「VILLAS FOREST」が新たに加わりました!


2020.02.25_1.jpg




これまでのBlu-ray作品集では弊社物件の写真とナレーションを中心とした構成でしたが、今回の別荘シリーズでは「皆様に海や山での暮らしの楽しさを感じてほしい」という思いからあえて物件についてのナレーションをなくし、心地良い音楽に乗せて海と山それぞれのイメージ映像で構成しました。登場する物件については別冊子で詳しくご紹介しています。


2020.02.25_2.jpg
VILLAS SEAのオープニング映像


2020.02.25_3.jpg
VILLAS FORESTのオープニング映像


キラキラと輝きを放つ海やカラフルで愛らしい魚たち、季節によって多彩に染まる山やそこから眺める星空の煌めき...美しい自然が満載の映像の中に登場する別荘建築はどれも恵まれたロケーションを最大限に活かし、大自然を満喫できるような物件ばかり!見ているだけで海や山でのんびりと過ごすひと時への想像が膨らみ、ほっと一息つける内容に仕上がっています。


別荘の建築をご検討中の方はもちろん、忙しくてなかなか出かけられないという方にもお楽しみいただける作品集です。ぜひご覧ください!




作品集のご請求はこちら
https://earnest-arch.jp/catalog/
TEL:0120-332-363


別荘建築の事例紹介はこちら
https://earnest-arch.jp/gallery/lp04.html




-------------------------


archi_HP.jpg
アーネストアーキテクツのTOPページへ


TOPに戻る






「10の秘密」で弊社物件がロケ地として使用されました!


現在、フジテレビ系列で毎週火曜21時から放送されている向井理さん主演の連続ドラマ「10の秘密」。皆様ご覧になっていますか?毎週ハラハラするストーリー展開に引き込まれてしまいます。


2020.02.17_1.jpg
出典:関西テレビ放送HP


ある日、シングルファザーとして懸命に生きてきた男の世界がひっくり返った。娘が誘拐され、さらに、元妻も少し前に姿を消していた――。
娘を探すにつれて登場人物のさまざまな"秘密"が明らかになっていく。家族、お金、権力、愛のために守り抜いてきたそれぞれの秘密が暴かれたとき、想像を絶する展開が。
(関西テレビ放送HPより抜粋)




2020.02.17_2.jpg


2020.02.17_3.jpg
ドラマの映像


第一話で主人公・白河圭太(向井理)と宇都宮竜二(渡部篤郎)が訪れた、失踪した元妻・仙台由貴子(仲間由紀恵)が住んでいたこちらマンション...実は弊社の作品なんです!
「由貴子の住む都心の高級タワーマンション」のロケ地を探されていた制作スタッフの方から弊社にお問合せがあり、こちらの物件のモダンでラグジュアリーなインテリアがイメージにピッタリ!というリクエストを受けてお施主様へお声がけしたところご快諾いただき、11月に撮影が行われました。


2020.02.17_4.jpg


2020.02.17_5.jpg
竣工写真




しかしタワーマンションの一室として登場したこちらのお宅ですが、実際には緑豊かな自然の中に建つ戸建住宅なんです。弊社作品の中でも人気の高い物件の1つなので、ドラマをご覧になった方の中にはお気づきの方もいらっしゃるのではないでしょうか?!


2020.02.17_6.jpg
こちらのお宅がロケ地として使用されました
事例詳細はこちら


ドラマの中では窓の外に都心の景色が合成されていたためパノラマ開口から取り込む緑豊かな美しい景色をお見せできなかったのは少し残念でしたが、2016年の竣工当時のままの姿が映り、大切にお使いいただいていることが伝わり嬉しい限りです。
撮影にご協力いただいたお施主様にはこの場をお借りし、改めて御礼申し上げます。また、この様な機会がございましたら皆様にお伝えさせていただきますので、ご覧いただければ幸いです。




ドラマの詳しい内容は、関西テレビ放送公式HPよりご確認ください。


-------------------------


archi_HP.jpg
アーネストアーキテクツのTOPページへ


TOPに戻る






キッチン+インテリアそして今後


昨今、インテリアとキッチンの垣根がなくなってきていると感じます。数年前からドイツキッチンメーカーもリビング家具収納や洗面、洗濯をしたりアイロンがけをするユーティリティースペースの提案などにも力を入れています。イタリアメーカーに至っては、家具ブランドがキッチンブランドを傘下に収めるなど、家の中のほぼ全てのインテリアに関わることができる会社もあるようです。
有名なイタリアの家具デザイナー達がキッチンをデザインしているブランドも増えつつあります。このことはイタリアのミラノサローネやドイツのケルンメッセなどでも顕著に現れており、照明や家具、小物もキッチンを提案していく上で不可欠な要素になってきています。今後は建築そしてインテリアをより理解していくことが、キッチン+リビングダイニングという1つになりつつある空間を表現するためにとても大切であると感じます。


個人的には、アルミルモのパネル材などを建築材料として使い、壁面や建具の仕上げ材として採用することで、リビングルームとの一体感と個性を出すことに面白さを感じています。また、私の好きなレトロやクラシックデザインを自分流にアレンジして、ちょっとユニークでジェンダーレスな一味違うキッチンにも挑戦していきたいです。その為には四方にアンテナを張って色々なことに興味を持ち、吸収していかなければと思う今日この頃です。


上記の他に、これからの目標の1つにドイツメーカーにおける商品開発があります。今まで、ハイブランドからミドルクラスまで9つのキッチンブランドを取り扱い、約20年間で300以上のキッチンを納めてきました。メーカーから与えられた部材を駆使して、自分らしい組み合わせを模索しプランすることも楽しい仕事ですが、たくさんのブランドを経験してきたからこそ、それぞれの良い部分を取り入れて新商品の開発やカタログ、プランナーブックなどの制作に携わり、より魅力的なブランドを作っていきたいと考えています。自分で新しい機能のあるキャビネットを企画したり、プロダクトデザインを得意とする建築家やアーティストに新しい扉デザインを依頼したり、斬新で面白いハンドルや小物などを世界中から見つけてきてキッチンに取り入れる事もまた興味深い仕事の1つです。
「こんな物があればいいなー」と長年思い描いてきものがキッチンデザイナー兼メーカーの一員として実現できたら、それが私の集大成となるでしょう。


キッチンビジネスをスタートした時は、自分の好きな商品を、自分がベストと思った場所で、自分が信頼する人たちと一緒に仕事することが目標でした。今は、自分が見たことのない商品を、自分が経験したことのないフィールドで、自分が尊敬する人たちと一緒に作り上げることができればと思っています。そこに到達するまでは、まだまだ時間はかかりそうですが諦めず日々精進していきたいと思います。


1月20日から4回にわたり、私のつたない文章にお付き合いいただきありがとうございました。本年4月に開催されるミラノサローネではアルミルモも出展して私も参加しております。サローネに来られた際には是非アルミルモブースにもお立ち寄りください。


2020.02.10_1.jpg
壁面と建具にアルミルモの突板材を採用し男前な印象に


2020.02.10_2.jpg
リビングにもキッチンと同じ扉材のオリジナル収納とグリーンを


2020.02.10_3.jpg
5mの高さにウォールナット扉材を建築壁として表現


2020.02.10_4.jpg
沢山の種類の面材に個性的な照明や家具を合わせて




allmilmo_logo.jpg
allmilmoウェブサイト


-------------------------


archi_HP.jpg
アーネストアーキテクツのTOPページへ


TOPに戻る






キッチンプランニング


特にドイツキッチンだからということではありませんが、私がプランニングする際にいくつか心掛けていることがあります。


一つ目は、レイアウトへのこだわりです。他の人のレイアウトと何がどう違うのか、感性的なものなのでなかなか説明が難しいのですが、簡単に言えば、外から眺めて内から使って楽しいワクワクキッチンを目指しています。例えば最近多いリフォームの場合、間取りから変更し、今まで使ってきたキッチンをガラッと違う形で提案したりします。パントリー収納を取って一つの空間にしたり、キッチンの中にダイニングテーブルを組み込んだり、いらない壁や収納を取りはずして外の緑が見えるようにしたり。できるだけ効率良くスペースをキープしながら、みんなで料理しておしゃべりして、時には一人で物思いにふけることのできるキッチンをプランします。
個人的には、限られた空間や色々な条件があるスペースを考えるのが大好きです。パズルのようで楽しくて、これだ!というプランに到達したときにはアドレナリンが出ます。


二つ目は遊びのスペースを持つことです。もちろん収納量などを考慮し難しい場合もありますが、キッチン空間のどこかに、ちょっとした魅せる場所を持つことをおすすめします。私が壁一面にぎっしり収納をプランすることは比較的少ないです。吊戸棚の上部を空けたり、飾り棚をつけたり、ヨーロッパのクラシックデザインに不可欠なピラスターやモールディングなどをプラスして置き家具のようなキッチンをデザインするのが好きです。
と言いながら天井目一杯まで木目を連結させて扉の美しさを見せたりもしますが、その場合は両脇のスペースを空け、何もない空間を作ります。一見無駄と感じる場所が私の目指すインテリアとしてのキッチンには、あえて必要であると感じます。アルミルモの場合は扉の種類がモダンからクラシックまで豊富で、他社と比較すると個性的な「濃い!」デザインが多いため、建築的にも効果的に空間が見えるように良い塩梅を意識してプランしています。


最後に、私流のキッチン寸法黄金比にこだわります。図面を描きながら天井高や窓とのバランスも見て、できるだけ美しくなるように幅だけでなく高さも考えながら扉を割り振っていきます。ちなみに、私は70cmや75cm幅をあまり好みません。なんとなく違和感を覚えます。100年以上の歴史を持つドイツのシステムキッチンでは60cmや90cmを基本としてキャビネットだけでなくビルトイン機器も作られています。この完成されたモジュールシステムが私のプランにも大きく影響しています。収納力を考えて扉寸法を決めるというよりは、今までの経験値に基づき、自分の中にある私流黄金比を駆使してキッチンをデザインするようにしています。
このようなこだわりの上に私のプランニングスタイルができ、現在に至ります。


2020.02.03_1.jpg
リフォーム:パントリーを潰してリビングと一体化。既存窓を生かして遊びの空間+光を取り入れたキッチン


2020.02.03_2.jpg
ショールーム1:クラシックデザインの場合は特に飾り棚やタイルの割合などのバランスを意識


2020.02.03_3.jpg
新築:クローズとオープンの良いとこ取りプラン。2色の扉と3種類の高さで動きを付けたキッチン


2020.02.03_4.jpg
ショールーム2:キッチンの外からの目線を意識して、背面収納とアイランドの扉寸法を私流黄金比で設定


次回は私が目指すキッチンと今後についてお話いたします。




allmilmo_logo.jpg
allmilmoウェブサイト


-------------------------


archi_HP.jpg
アーネストアーキテクツのTOPページへ


TOPに戻る






過去のブログ記事はこちらから

アーネストグループ資料請求ページ