PAGETOP

アーネストブログ ENTRY

  • アーネスト 資料請求アンケート
メインコンテンツ

アーネストコラム酒酒落落 眼科教授 ビッセン宮島弘子さん Vol.2緑内障治療の鍵は「早期発見」

  • アーネストコラム「酒酒落落」
  • 2013年1月28日

白内障は見えづらくなるなどの違和感を眼に感じることで気が付くことが多いですが、緑内障の場合の「見えない」は、病状がかなり進行しているケースがほとんどです。


緑内障は眼内の網膜神経節細胞が死滅する病気で、進行するにつれ視野が喪失します。緑内障の初期は、視野の一部の場所が見えづらくなります。両眼を使っていると、片方に見えなくなるところがあっても気づきにくいものです。一時期、製薬会社のポスターで、「ポスターを見て欠けているところがあればお医者さんへ。」という試みがあったほど、日頃注意していないと初期症状に気が付かない、怖い病気なのです。
しかも残念なことに、日本人で40・50代以上になると、30人に一人が緑内障にかかるといわれています。がんなどもそうで、人種的体質や食生活によってかかりやすい、かかりにくいといったことが出てきますが、そういった点では日本人は緑内障になりやすいといえるのです。また年齢が高ければ高いほどかかる率も高くなりますし、ご家族に緑内障にかかった方がいる場合もかかりやすくなるといわれています。


bissen_7.jpg
緑内障の患者さんの眼底写真です。


* * *


前述のとおり、緑内障は視野が喪失していく病気です。今の医療では喪失した視野を回復させることはできませんが、薬やレーザーで進行を緩めることはできます。出来る限り早期に発見し治療を行うことで、病気の進行を食い止めることができるのです。
早期発見には、定期的に眼科を受診するしかありません。1年に1回でも2回でも良いので、受診することが早期発見への道です。


最近は会社などの健康診断で眼底写真を撮りますね。神経がくぼんで写ると緑内障の疑いがあり、眼科受診や精密検査によって発覚するケースも増えてきました。進行速度には個人差がありますが、進行が進むと失明の危険がありますので、やはりこまめな眼科受診がおすすめです。


東京歯科大学水道橋病院 眼科
日本白内障屈折矯正手術学会(JSCRS)




デザイン・設計の
アーネストアーキテクツサイトはこちら
new-B.jpg


リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg


TOPに戻る







アーネストコラム酒酒落落 眼科教授 ビッセン宮島弘子さん Vol.1 白内障の最新治療「多焦点レンズ」

  • アーネストコラム「酒酒落落」
  • 2013年1月21日

人間の五感の中でも、とりわけ「見る」ことは生活の上で非常に重要な感覚だと私は考えています。


私の経験から申し上げて、見えなくなるということは、命に関わる問題の次に、皆さん嫌がられるという印象です。耳が聞こえない、話せないのも困るけれど、見えないと一番何も出来なくなる。だからこそ私は、一人でも多くの方が見えるようになるお手伝いをさせていただければと考えています。白内障手術をされた方が翌日、よく見えるようになって「新しい人生をまた楽しみたい」とやる気が起きたり、老眼鏡が手放せなかった生活から開放され、生活感が変わる。また、「女性はレーシックをするとみなさんきれいになる」と、男性ドクターの間では話題になったりもするようです(笑)。見えるようになると、きれいにしようという気持ちになって笑顔が増えるのではと思います。見えることとは、モチベーションを上げること。眼科医としては、出来ればメガネやコンタクトを着けずに健康な目で見えることこそ、生活をより良くし、気持ちの向上にも繋がる最良の方法だと考えます。


bissen_3.jpg


bissen_4.jpg
東京歯科大学水道橋病院眼科では、
外来から各種手術までさまざまな診療に対応しています。


* * *


第一回のテーマは「白内障」です。白内障とは目の中の水晶体が濁る病気です。先天性のケース以外に、加齢とともに発症率が上がるとされています。進行すると、視野がかすんだりぼやけたりし、日常生活に支障をきたします。


白内障の手術は現在は主に片目ずつ、日帰り手術でできるようになっています。水晶体の濁りを取り除き、そこにプラスティック製のレンズを入れる手術で、その実施は1年間で約100万件ともいわれています。白内障治療に使用される眼内レンズで保険対応のものは、1点でピントが合う「単焦点レンズ」というものです。現在でも圧倒的に需要があり、ほとんどのケースこのレンズが採用されています。ただ、白内障は加齢とともに起こる病気です。もともと近視や乱視をお持ちだった方が、老眼も併発しているケースが珍しくありません。「単焦点レンズ」はどこか一点にピントを合わせられるレンズですから、手術の際に、近視を矯正するか、老眼を矯正するか、選ばなくてはいけないという問題が起こります。
遠くにピントを合わせると近くを見るときに眼鏡が必要で、近くにピントを合わせると、車の運転の際に眼鏡が要ります。
手術時間が短く、日帰りで済むため手軽だという認識をお持ちの方が多い白内障手術ですが、目の小さなところから機械を入れ、顕微鏡を使いながら行なう繊細な作業であることに変わりはありません。できるなら、一回の手術でまとめて改善するほうが望ましい、そんな考えから生まれたレンズがあります。
それは、二点にピントを合わせることができる「多焦点レンズ」です。


bissen_5.jpg


レンズ自体は欧米で50年以上の歴史がありますが、日本の医療現場で採用されたのは2008年です。ただ、眼内レンズとしては価格が非常に高く、日本の医療費ではとても出せないのです。そこで私はこの多焦点レンズを「先進医療」として、国の認定を受けられるよう働きかけました。先進医療という言葉は、保険会社のTVCMなどで耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。実際はがん治療の分野などで比較的多く採用されているシステムで、保険診療と実費診療の混合医療が認められていない日本において、特例として検査や投薬は保険がきき、手術のみ実費で行なうことを認める医療制度のことをいいます。これにより、医療費の負担を抑えながら、高度で有益な白内障治療を提供できるようになりました。


bissen_6_1.jpg
単焦点レンズの見え方


bissen_6_2.jpg
多焦点レンズの見え方
遠くと近くが見えることで、日常生活が非常に楽になります。


現状では、多焦点レンズの需要は日本では1%に満ちていません。保険のきく単焦点レンズの価格は片眼5万円以内で納まるのに対し、先進医療の多焦点レンズは30〜40万円と金額的な問題もありますが、先進医療を実施できる認定施設が全国で200箇所とまだまだ少ないことも大きいと思います。保険会社の先進医療の項目を見れば、「多焦点レンズ」を見つけることができ、私はその監修にも携わらせていただいていますが、まだまだ認知が足りないというのが正直な感想です。
多焦点レンズは素晴らしいものですが、患者さん一人一人にとって本当に必要なものかを判断することも、医師の重要な役目です。まずはそういうレンズがあるということを知っていただいた上で、その方が興味を示し、その方にとって有益であると思えば、おすすめします。一人一人にとって最善の医療の選択を、医師がお手伝いさせていただく。全ての医療に通じる大切なことです。


東京歯科大学水道橋病院 眼科
日本白内障屈折矯正手術学会(JSCRS)




デザイン・設計の
アーネストアーキテクツサイトはこちら
new-B.jpg


リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg


TOPに戻る







アーネストコラム酒酒落落 第18回の連載は弊社のお客様のご登場です。

  • アーネストコラム「酒酒落落」
  • 2013年1月15日

アーネストとご縁がつながった方々が、それぞれの視点で自由にテーマを設定・執筆いただく全4回の連載コラム「洒洒落落」。第18回目は、久々に弊社で建築をされたお客様のご登場です。


bissen_1.jpg


* ビッセン宮島弘子さん
眼科学、中でも白内障治療のパイオニアとして臨床に携わりながら、眼科教授としてドクターの育成や書籍の執筆、先端医療の研究に従事。また日本白内障屈折矯正手術学会の理事長としてもご活躍中です。
弊社では先生のご自宅を設計・施工させていただきました。


~プロフィール~
1981年慶応義塾大学医学部卒。同大学の大学病院での勤務を経て、ドイツのボン大学で眼科助手として臨床経験を重ねる。1987年に帰国した後、大学病院や国立病院に勤務。日本とドイツの医学博士号を取得。現在は東京歯科大学水道橋病院・眼科教授として外来診療、手術の執刀を行う。また研究活動や専門書籍の執筆、慶應義塾大学ほかで学生の教育にも力を注ぐ。日本白内障屈折矯正手術学会理事長。日本眼科手術学会常任理事 。近年では白内障治療の最先端である多焦点レンズに注目、眼科医療分野で初となる「先進医療」認定取得に尽力、知識の啓蒙にも努める。アメリカ白内障屈折手術学会及び、ヨーロッパ白内障屈折手術学会フィルムフェスティバルにて受賞暦多数。


* * *


bissen_2.jpg
ビッセンさんが在籍する東京歯科大学水道橋病院 眼科


通常の外来診療に加え、1日約20眼の白内障手術・レーシック手術を執刀、さらには研究、執筆と多忙を極めるビッセンさん。また約2000人の会員数を有する日本白内障屈折矯正手術学会の理事長として、メディアを含む社会全般に対して、よりよい医療と正しい知識の普及に努めておられます。今回、そんなビッセンさんに語っていただくのは「眼科医療の今」。ご専門である白内障治療の最新情報をはじめ、日本人に多いとされる緑内障や何かと話題のレーシックまで、4回に渡っての連載です。


ご期待下さい。


東京歯科大学水道橋病院 眼科
日本白内障屈折矯正手術学会(JSCRS)




デザイン・設計の
アーネストアーキテクツサイトはこちら
new-B.jpg


リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg


TOPに戻る







クラフトスピリッツ(リフォーム部門)ウェブサイトリニューアルのお知らせ

  • ABOUT US
  • 2013年1月08日

アーネストグループでは昨年よりウェブサイトの充実を図るべく、アーネストグループ及びアーネストアーキテクツのホームページの改変を進めて参りました。お陰様で従来よりもより見やすく、美しくなったとご好評の声をいただいております。
今年は更に多くのお客様にアーネストグループの作品や想いをお伝えしていけるよう、次なるステップとしてリフォーム・リノベーション部門を担う「クラフトスピリッツ」のホームページをリニューアル致します。


20130107_1.jpg


20130107_2.jpg
さまざまな角度から使いやすいサイトを検証し、制作中です。


*ポイント1 >> 作品事例紹介が大幅にボリュームアップ
より様々な作品をご覧いただけるよう、完成済の作品事例を従来より大幅に増量しご紹介致します。
リフォーム前・後の写真を見比べながら、リフォームの醍醐味である「変化」を感じていただけるようなページです。


*ポイント2 >> 現在進行中の案件をご紹介
リニューアルに伴い、進行中のプロジェクトをご紹介するページを新設。お客様の想いが形になっていく過程を一緒に体感いただければと存じます。


*ポイント3 >> 疑問や不安を解決するQ&A
お問合せやお打ち合わせの際に生まれる疑問点や不安に対し、弊社がどのようにご対応させていただいたのか。各疑問をカテゴリ別に分け、Q&A形式でご紹介致します。


ほかにも、各コンテンツやデザインを一新するなど、見所が満載のホームページとなる予定です。またタブレットやスマートフォンでも快適にご覧いただけるよう、細部に渡って工夫を凝らしながら制作に取り組んでおります。


オープンの際はこちらの「アーネストブログ」にてお知らせいたします。お楽しみに!




デザイン・設計の
アーネストアーキテクツサイトはこちら
new-B.jpg


リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg


TOPに戻る







2013年 年始のご挨拶

  • ABOUT US
  • 2013年1月04日

20130104_++.jpg


2013年が始まりました。
皆様、新年あけましておめでとうございます。


アーネストグループは本年も、
夢を形にした独創的な作品を創り上げるべく
社員一同全力を挙げて社業に努めてまいります。
本年も何卒格別のご支援、お引立てを賜りますよう
心よりお願い申し上げます。


また駒沢空間ショウルームでは、
松や鮮やかな生花をふんだんに盛り込んだ
新年の装いでお待ちしております。
お越しの際はぜひお楽しみ頂ければと存じます。


20130104_+.jpg


20130104_03.jpg


20130104_04.jpg


本年も、アーネストグループを
どうぞよろしくお願い申し上げます。




駒沢空間ショウルーム
TEL.03-5707-5656
東京都世田谷区深沢4-6
駒沢公園ハウジングギャラリーステージ2


リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg


TOPに戻る







年末年始休業のお知らせ

  • ABOUT US
  • 2012年12月25日

平素より、アーネストブログ及びアーネストWEBサイトをご覧いただき、
まことにありがとうございます。
今年も残すところあと一週間ほどとなりました。
年末年始に関しまして、弊社は以下の期間休業とさせていただきます。
大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承のほど、
よろしくお願い申し上げます。


――――――――――――――――――――――――――――
◆年末年始休業◆         
2012年12月30日(日)〜2013年1月3日(木)
新年は1月4日(金)9:00より通常営業いたします。
――――――――――――――――――――――――――――


アーネスト駒沢空間ショウルームは
12月30日(日)〜2013年1月1日(火)まで休業となります。
12月29日(土)の営業時間に関しましては、お電話にてお問合せ下さい。
新年は1月2日(水)9:00よりオープンいたします。
皆様のお越しをお待ちしております。
(駒沢空間ショウルームTEL:03-5707-5656)


* * *


今年もさまざまな作品が無事完成となりました。


20121225_01.jpg


20121225_02.jpg


20121225_03.jpg


20121225_04.jpg


20121225_05+.jpg


20121225_06.jpg


20121225_07.jpg
and more……


皆様に支えられながら無事年末を迎えられることを、
心より感謝申し上げます。

                 
また皆様が、健やかに新たなる年をお迎えできますよう
心よりお祈り申し上げます。


20121225_08.jpg


来年度も相変わらぬご愛顧をいただけますよう、
どうぞよろしくお願い申し上げます。




リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg


TOPに戻る

アーネストマガジンLUXISM Vol.12リリースのお知らせ

  • ABOUT US
  • 2012年12月17日

弊社が独自に発行している季刊の情報冊子「LUXISM(ラクシズム)」の最新号がリリースされました。
通算12号目となる今号では、最新作品のご紹介はもちろん、特別企画をお届けいたします。


* * *LUXISM Vol.12 CONTENTS


20121217_01.jpg
クリスマス仕様のゴールドが印象的な最新号。


◆1 作品紹介
弊社が手がけた最新の作品例をご紹介。


20121217_02.jpg
今回は洗練されたシンプルモダンの作品と、パノラマからの眺望が圧巻の作品の2邸をピックアップしております。


◆2 特別企画「CSのリノベーション」
リノベーション・リフォーム部門「クラフトスピリッツ(CS)」が手がけた、リノベーション作品のご紹介。


20121217_03.jpg


20121217_04.jpg
さまざまなトラブルを一掃するリフォーム。手堅い中にも創造性豊かな作品事例をご覧ください。


◆3 「アーネストコミュニティ」
アーネストとお客様・お客様同士を繋ぐ情報提供のページです。
子供服の企画・製造・販売を手がける「Boo Foo Woo」代表であられるお施主様へのインタビュー記事のほか、弊社で建築させていただいた皮膚科クリニックのご紹介も。


20121217_05.jpg


20121217_06+.jpg
弊社設計の社屋やクリニックでお仕事中のお施主様にお話をお伺いしました。


◆4 インフォメーション
消費税増税法案可決による増税を受けての弊社からのお知らせ、お客様限定アーネスト本通信販売のご紹介、アーネストアーキテクツ(設計部門)のウェブサイトリニューアル、外観ツアー告知などをインフォメーション。


20121217_07.jpg
お客様のお好みのテイストに合った作品をピックアップし、現地をご紹介する外観ツアーをぜひご予約ください。そのほか弊社の作品を体感できるさまざまな取り組みをご紹介しております。


* * *


LUXISMをご希望のお客様は、アーネストグループウェブサイトのお問合せフォームより『LUXISM希望』の旨をお伝えください。
また、本誌で取り上げてほしいトピックスなど、ご意見・ご希望もお待ちしております。




リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg


TOPに戻る

駒沢ショウルーム フラワーワークショップ開催レポート

  • ABOUT US
  • 2012年12月10日

去る12月1日(土)、アーネスト駒沢ショウルームにて弊社で初めてとなるワークショップを開催いたしました。
今回はクリスマスシーズンということで、お花を使ったクリスマスリースの手作り体験を実施。フローリストの山田ひろこさん指導のもと思い思いのアレンジメントを楽しみました。


20121210_01++.jpg


20121210_03+.jpg
少しゴールドがかった渋めのグリーン「ヒムロ杉」をベースに、綿の花や様々な種類の多肉植物、装飾用のポプラの実などで飾り付けていきます。


20121210_04+.jpg
和気あいあいとした雰囲気の中に、真剣な表情も。


20121210_02+.jpg
「不器用で…」と心配されていたというお三方ですが、楽しく試行錯誤をしながら制作しておられました。


20121210_06+.jpg
約1時間半の作業で、無事完成。「それぞれの個性がよく出ていて、逆に勉強になります」と山田さん。同じ素材を使っても、作り手が異なると違いが出るものなんですね。


20121210_07+.jpg
最後はスイーツを食べながらの雑談タイム、その後お開きとなりました。


20121210_08+.jpg
アーネストでは、今後も絆を育むさまざまな取り組みを行っていく予定です。
お知らせはこちらの「アーネストブログ」で随時お伝えして参りますので、お楽しみに!


* * *


駒沢ショウルームは今、心躍るクリスマスの装いとなっております。


20121210_09+.jpg


20121210_11+.jpg


20121210_10+.jpg
シンプルで上品なアレンジメントがイベント気分を盛り上げます。


寒さが本格的になって参りました。
ご来場の際は、温かくしてお越しいただければと存じます。


皆様のご来場を心よりお待ちしております。




デザイン・設計の
アーネストアーキテクツサイトはこちら
new-B.jpg


リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg


TOPに戻る

アーネストコラム酒酒落落 Minotti日本総代理店フォーユアアンビエントすけの代表・助野忠夫さん 第四回・私の仕事のアイデンティティ

  • アーネストコラム「酒酒落落」
  • 2012年12月03日

おいしいものを食べたい、飲みたい。
お気に入りのファッションを着こなしたい。
好きな車に乗って、遠くへいって、非日常を味わいたい。
お気に入りの住まいで、上質なインテリ家具に包まれて暮らしたい。
好きな音楽を聴いたり、歌ったりしたい。
これが私のシンプルな欲求です。
大切な誰かのためでもあるけれど、基本的には自分のために、
自分流で、他人の評価をあまり気にせずに生きてゆきたい。
日常に流れる時間を大切にして、生きる喜びを感じながら、
人生を楽しみたい。
身勝手に思われるかもしれません。けれども私たちの仕事は、お客様が満足して有意義な毎日を送るための空間をご提供することです。
まずは自分自身が楽しまないと、人を楽しませたり、喜ばせたりすることは出来ないと思っています。


20121203_01.JPG
8周年を迎えたMinotti-COURT


20121203_02.jpg
2013年はどんな空間が出来るのか今から楽しみです。


第一回でも触れましたが、失敗を繰り返しながら、36年間もヨーロッパの製品を扱い続けたのは何故でしょうか。それは家具のもつ機能や耐久性などだけでなく、その家具が住まいという空間にしつらえられた時、芸術性の高い空気感を作り上げてくれる。単にソファやテーブルがあるだけでなく、その存在が空間にもたらす波動のようなものが、居心地を変えてくれる。そういった力に強くひかれていたからだと今は思います。


住宅を設計する事と同じく、家具の選択・配置を計画することはとても大切です。もしかすると実生活にとって、住宅設計以上に影響力のあることかもしれません。だからこそ家具一点一点だけを販売するのでなく、どういう組み合わせで、どうレイアウトするかに最も興味を持つようになりました。


20121203_03.jpg
LIVINGのような心地よさを兼ね備えたBEDROOM。


20121203_04.jpg
住居だけでなくOFFICEラウンジ等もご提案出来ます。


物が余っているような時代の中で、生活空間にベストな家具を選択することはとても難しいことです。季節ごとの洋服や今晩のお酒を選ぶことも確かに難しいけれど、家具選びは一生に何度もないことでしょう。
生活のパートナーとなる家具にめぐり会えたら、その方はすごく幸せになれると思います。そうした家具をご提供するために、いろいろな物を知っておきたい、見てみたい、扱ってみたいというのが、私の仕事のアイデンティティとなっています。そんな訳で、今まで扱ってきた家具は誠に多岐に渡ります。
これからも皆さまにご満足いただける家具を提供できるよう精進していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。




Minotti (ミノッティ)


株式会社 フォーユア アンビエント すけの




デザイン・設計の
アーネストアーキテクツサイトはこちら
new-B.jpg


リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg


TOPに戻る

アーネストコラム酒酒落落 Minotti日本総代理店フォーユアアンビエントすけの代表・助野忠夫さん 第三回・Minottiの戦略

  • アーネストコラム「酒酒落落」
  • 2012年11月26日

いま世界の家具業界は転換期にあります。アメリカやヨーロッパが不況におそわれる一方、アジア市場にその活路を見出しています。変化の激しい世界状況の中で、毎日のように新しいデザインの家具が発表され、もはや家具のデザインは出尽くしていて、さほど違いをつけられないのではないかというのが業界全体の見方です。たとえ画期的なフォルムやアイデアが生み出されても、発表したひと月後には、コピー商品がアジア市場に出回ってしまいます。


さてMinotti本社のあるブリアンツァは、古くから家具産地として栄えてきた街です。イタリアの北部にあり、コモ湖周辺に散在する貴族の館で使われるクラシック家具を作ってきました。有名家具ブランドの多くはここに本社を置いていますが、工場の海外移転も進んでいて、日本と同様に国内生産は難しい状況にあります。


20121126_01.jpg
Minotti本社


20121126_02.jpg


20121126_03.jpg
緑が多いのどかな環境


20121126_04.jpg
Minottiの近くにあるComo湖はイタリアで3番目の大きさで、避暑地としても名高い場所です。現在も周囲には別荘や高級ホテルが点在しています。


その中でMinottiは「Made in Italia」をかたくなに守り通そうとする数少ないモダン家具メーカーです。先代から続く職人技を生かした、イタリアの感性を感じさせる家具。それを作り続けるため彼らの選んだ道は、ファッション業界と同じく「モード」を商品化したグローバル戦略だったのです。


Minottiの新作を年ごとに追っていくと、家具単体のフォルムや雰囲気は大きく変わっていないように見えます。しかし何かが圧倒的に違います。ソファ、アームチェア、サイドテーブル、センターテーブルの他、TVボードなどのキャビネット類やラグなどの組み合わせを変え、それに毎年数十種類も開発するオリジナルのファブリックスや皮革をアレンジすることで、様々なモードを作りだしています。同じシリーズのソファでも、選択するファブリックによって、モダンにもクラシックにもトラディショナルにもなる。まるでファッションを着こなすように変化していく家具。それこそミノッティの立てた戦略でした。


* * *


Minottiの家具作りの工程(一部抜粋)
20121126_05.jpg
カバー内部の仕上げ


20121126_06.jpg
レザーの選定は最新のレーザーマシンにより傷などを識別します


20121126_07.jpg
針と糸を通す職人


レザーパイピング仕上げの工程
20121126_08.jpg
20121126_09.jpg
20121126_10.jpg
20121126_11.jpg


20121126_12.jpg
2012年度のファブリックコレクション


* * *


製品単体は安価にコピーできても、空間の雰囲気、空気感まではコピーできません。建築家であるロドルフォ・ドルドーニをパートナーに選んだのも、空間デザインを商品とするためだったのです。
私は、家具職人をルーツにもつMinottiだからこそ、モードをビジネスに取り込めたのだと考えています。質のいい家具を作り続けるだけではグローバルなマーケットでは生き残れないという課題を正面から受けとめ「Made in Italy」の伝統を守るにはどうすべきかを考えたのです。そしてドルドーニの空間的モードを表現する能力を最大限に引き出すことで、今日の成功は生まれたのだと思います。こうした考えは、私の理想の家具販売像とぴったりでした。




Minotti (ミノッティ)


株式会社 フォーユア アンビエント すけの




デザイン・設計の
アーネストアーキテクツサイトはこちら
new-B.jpg


リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg


TOPに戻る

  • RECENT PAGE
  • PAST PAGE
PAGETOP