2017年9月アーカイブ

行楽の秋こそ自宅で屋外を楽しむ?!
アウトドアリビングVol.3


今週も引き続き、お庭やテラスなどプライベート空間でのリラックスタイムを彩る国内外で人気のアウトドア家具ブランドをご紹介致します。


2017.09.25_1.jpg




TISTOU/ティストゥー
べルギーフランダース地方を中心とするインテリア系デザインブランドのエージェント及びインポーター業務を行っています。
商品を日本に紹介するだけでなく、ブランドが持ち合わせる独自の世界観やブランド哲学、彼らの製品にかける想いを出来るだけ正確に日本に伝えることを信念としています。
ティストゥーが扱うアウトドア家具ブランドをご紹介いたします。


extremis/エクストレミス
「人々が集う為のツール」をモットーにデザインされたextremisのアウトドア家具の周りにはいつも多くの人々が集まり、常にたくさんの笑い声に包まれています。
長年に渡り様々な検証を重ね、屋外に適した機能的で心地よいデザインを続けています。
その活躍の場は屋外のみに留まらず、オフィスの会議室やリフレッシュエリアなど屋内スペースにも広がっています。


Walrusシリーズ
2017.09.25_2.jpg
出典:TISTOU
https://www.tistou.jp/extremis-1




Gate Japan/ゲートジャパン
「日本のアウトドアリビングをもっと楽しく」をテーマに、屋外に適した上質な家具やパラソルなどを世界中からセレクトしています。
四季のある日本の気候を考慮しながらも、デザイン性の高い上質なアウトドア家具製品を提案しています。
ゲートジャパンが取り扱う家具ブランドをいくつかご紹介します。


HARBOUR OUTDOOR/ハーバーアウトドア
オーストラリアの老舗家具ブランド、テクノファニチャーの別ラインとなるブランドで、シンプルかつモダンなデザインの中にマリンの雰囲気を感じさせるデザインが特徴です。
鉄やステンレススチールなどの耐久性に優れた素材をベースに、劣化しにくい高品質な家具を作り出しています。


Breezeシリーズ
2017.09.25_3.jpg
出典:Gate Japan
http://www.gatejapan.jp/harbour


DVELAS/デュヴェラス
パンプローナに拠点がある屋外家具メーカーです。
航海からインスパイアされたデザインは、実際に航海に使用された後に使われなくなったセイルを再利用して作られています。
全ての生地に防水加工が施されているため、世界のリゾートホテルのプールサイドやビーチリゾートで高い評価を受けています。


GENOISシリーズ
2017.09.25_4.jpg
出典:Gate Japan
http://www.gatejapan.jp/dvelas




お気に入りのアウトドア家具ブランドは見つかりましたでしょうか?
来週はモダン家具ブランドから発表されているアウトドア家具製品をご紹介したいと思います。
お楽しみに!


----------------------------------


architects_Logo.jpg
アーネストアーキテクツのTOPページへ


group_bana.jpg
リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら



TOPに戻る






行楽の秋こそ自宅で屋外を楽しむ?!
アウトドアリビングVol.2


先週に引き続き、今週もアウトドアリビングについてお話ししたいと思います。
今週は注目のアウトドア家具ブランドや取り扱うアウトドア家具をピックアップしてご紹介いたします。


2017.09.19_1.jpg




Paola Lenti /パオラ・レンティ
1994年、グラフィックデザイナーだったパオラ・レンティがミラノに設立したインテリアメーカーです。
グラフィックデザイナー出身ならではの鮮やかで豊富なカラーバリエーション、美しく独創的なデザイン、そして登山用のロープをヒントに自ら開発した圧倒的な耐久性を叶える高品質な素材が特徴的なアイテムです。
室内・屋外問わずお使いいただけ、ラグジュアリーなシーンで高い評価を受けています。
日本では、アルフレックス・ジャパンでお取り扱いがございます。


SABIシリーズ
2017.09.19_2.jpg
出典:arflex
http://www.arflex.co.jp/products/sabi


AMIシリーズ
2017.09.19_3.jpg
出典:arflex
http://www.arflex.co.jp/products/ami




NICHIESU/ニチエス
1958年、我が国で初のガーデンファニチャーの販売会社としてスタートしました。
都会の喧騒の中に安らぎをもたらす空間、ガーデニングのひと時に友人と楽しむ空間、屋外で過ごすあらゆるシーンに対応する家具を世界中より選りすぐって揃え、庭をリビングルームのように楽しむスタイルを提案しています。
ニチエスが取り扱う家具ブランドをいくつかご紹介いたします。


DEDON/デドン
1990年、ドイツの名門サッカーチーム・バイエルンミュンヘンのゴールキーパーだったボビー・デカイザーによって設立されました。
耐久性に優れた特殊なファイバーを使用し、職人が一つ一つ手編みした高品質の家具が世界各国のハイクラスホテルやリゾートヴィラで支持されている、ラグジュアリーで革新的なアウトドアリビングブランドです。


MUシリーズ
2017.09.19_4.jpg
出典:NICHIESU
https://nichiesu.com/brands/dedon/


TRIBU/トリビュ
ベルギーで創業したアウトドア家具ブランドです。
落ち着きのあるシックなカラーとまるでニットのような素材やロープ、チークなどやわらかな有機的な質感でありながら屋外耐候性のある素材を使用することで、洗練されたアウトドアリビングを実現します。
スタイリッシュさの中にエレガントな雰囲気を兼ね備えたデザインが魅力のブランドです。


Toscaシリーズ
2017.09.19_5.jpg
出典:NICHIESU
https://nichiesu.com/brands/tribu/




この他にもまだまだアウトドア家具専門ブランドがございますので、来週も引き続きご紹介していきます。お楽しみに!


----------------------------------


architects_Logo.jpg
アーネストアーキテクツのTOPページへ


group_bana.jpg
リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら



TOPに戻る






行楽の秋こそ自宅で屋外を楽しむ?!
アウトドアリビングVol.1


今年、関東地方では梅雨明け以降雨の日が多く、あまり夏を感じる前に季節はすっかり秋へと移り変わりました。酷暑や残暑も困りますが、なんだか物足りなさを感じてしまう今日この頃、皆様はいかがお過ごしでしょうか?


夏を満喫できなかった分、秋は思い切り季節を楽しみたい!
今回は屋外で過ごすことが気持ちの良いこの時期にピッタリな、
アウトドアリビングについてお話したいと思います。


2017.09.11_1.jpg




近年注目を集めているアウトドアリビングをひと言で説明するなら「屋外空間にあるリビングルーム」です。お庭やテラス、ルーフバルコニーになどの屋外空間に室内と同じようにソファやテーブルなどの家具を置き、リラックスできる"部屋"に仕上げて第二のリビングとして楽しむスタイルです。


2017.09.11_2.jpg




都心では中々緑に囲まれ屋外で過ごす機会がないですし、公園にわざわざ出かけるのも面倒。それに、公園はまわりの目もあるし...などの不満を抱くわがままな現代人の希望に合ったのがアウトドアリビング。自分の家の中に屋外を楽しめるプライベート空間をつくってしまおう!というスタイル。
自宅なら出かける必要もないし、気の置けない仲間だけでプライベートな時間を楽しめます。現代人のニーズに合いぐんぐん人気を集め、多くのファニチャーブランドが屋外家具に力を注いでいます。


2017.09.11_3.jpg
出典:NICHIESU
https://nichiesu.com/


2017.09.11_4.jpg
出典:GISELE/Mucha
http://www.teakfurniture.jp/hpgen/HPB/entries/162.html




屋外家具専門の家具ブランドやモダン家具ブランドから発表されている屋外家具など豊富種類とラインナップがあり機能面も独自に開発した新素材を用いるなど進化を遂げています。その特徴はブランドによっても異なりそれぞれ個性がございます。
次週のブログでは、各ブランドの商品や特徴をご紹介して行きたいと思いますので、引き続きお楽しみください。


----------------------------------


architects_Logo.jpg
アーネストアーキテクツのTOPページへ


group_bana.jpg
リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら



TOPに戻る






岩井流通センターについて


最終回の今回は、弊社アドヴァンの流通センターついてお話させて頂きたいと思います。


弊社には自社の流通センターが岩井(茨城県)、名阪(三重県)、九州(福岡県)の3ヶ所にございます。中でも岩井流通センターは最大の広さを誇り、サッカー場20個分。総面積15万㎡の広大な敷地の中にございます。
2017.08.27_1.jpg
岩井流通センター航空写真




自社の流通センターを築くことで流通コストを削減しています。石材は非常に重く、体積があります。自社倉庫に保管することで、保管料を大幅に削減することができ、岩井~名阪~九州の自社倉庫間の定期便の運行によりお客様の運送費も大幅に削減しています。
また、世界各国から選りすぐりの天然御影石124種類のスラブ展示を行っていて、太陽光の下で石を検討できる展示場となっています。
スラブ展示.jpg
スラブ展示


当社は海外から輸入した製品を右から左に流しているだけの企業ではございません。必ず検査を行い、第二回のブログでも取り上げましたが、問題になりがちな天然石特有の色ムラなどを確認しています。
また、石材はパレット(木枠)に入って輸入されてくるのですが、工場内にパレットを細かく粉砕できる機械を導入し、自然に返す取り組みなど、環境への配慮にも取り組んでいます。
その他にも、広大な倉庫や工場の屋根にソーラーパネルを設置したり、全自動ろ過装置の設置、井戸水の利用なども行っています。
2017.08.27_3.jpg
パレット粉砕機




岩井流通センターはコンピューター制御の加工機を使用し、抜群の加工精度を誇る加工工場が隣接しています。HTOBは大判な石材でも容易に切断できますし、CNCはCADデータの情報でロボットアームが正確に加工します。ウォータージェットは大気への粉塵の発生がなく、作業者や環境への影響がありません。
加工場を併設していることで、ご希望の加工を行ってから商品をお届けすることが出来るため、スピーディーで破損などのリスクも軽減でき、お安くお客様に販売することが可能になります。
HTO-B.jpg
HTOB


2017.0827_CNC.jpg
CNC




広大な敷地の倉庫は自動倉庫になっており、約5,000品番の商品があり、全自動で棚出しされています。気温の変化で変形をしないように倉庫は常に一定の温度が保たれた常温倉庫で、徹底した品質管理を行っています。
2017.08.27_7.jpg
全自動の棚出しなので高い場所でも楽々


2017.08.27_2.jpg
商品を運んでいる様子


工場内には公益社団法人日本水道協会公認の水まわりの試験センターを自社保有しております。入荷したすべての商品を一つ一つ、最新のエアー検査機でエアー検査をしています。検査に合格した商品のみを在庫しており、厳しい試験をクリアした水栓のみがお客様のお手元に届くようになっています。
エアー検査.jpg
エアー検査


2017.08.27_4.jpg
検査を待つ水栓




昭和59年に千葉県の野田市に野田流通センターを開設後、流通センターに投資を続けて参りました。同敷地内で加工や検査もできる一貫サービス体制は、お客様にとっても便利で利点も多く、設備、規模、技術のトータルで日本一の加工所と自負しております。


【流通センター沿革】
・昭和59年 千葉県野田市に野田流通センター開設
・平成5年 茨城県坂東市に岩井流通センター完成
・平成9年 福岡県朝倉郡に九州流通センター完成
・平成10年 三重県上野市に名阪流通センター完成
・平成14年 茨城県坂東市に岩井第2流通センター開設
・平成21年 名阪流通センターに新倉庫開設
・平成26年 茨城県坂東市に岩井第9流通センター開設




アドヴァンは建材メーカーとして創業から40年間徹底した品質管理を行った結果、築くことが出来た信頼と実績。それが安心への裏付けとなっています。
私たちアドヴァンは、これからも皆様に安心と信頼を寄せていただける企業であるために、邁進して参ります。


今回でブログも最終回となりました。
四回に渡り、弊社にお付き合い頂きありがとうございました。


山形 雅之助




2017.07.アドヴァン.jpg
アドヴァン公式サイト


-------------------------


リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg




TOPに戻る