2017年8月アーカイブ

石材のプロジェクト




第三回目の今回は、アドヴァンで行った石材のプロジェクトに関してご紹介させて頂きたいと思います。


二子玉川再開発。
東急田園都市線の二子玉川駅前に展開する再開発プロジェクトでは、その顔とも言える外壁に採用されている最新デザインの石壁をアドヴァンが手掛けました。
石本来の色幅、異なった表面仕上げが織りなすオリジナリティ溢れるデザインで、地層が堆積しているイメージの壁のため、あえて色ムラをミックスさせ、異なる表面仕上げもミックスしました。色ムラや異なる仕上げを全体のバランスの中で統制のとれたデザインにするために全ての製品を設計立会いのもと石材の製品展開後に入替えを実施して、バランスの取れたイメージ通りの外壁を実現させました。
2017.08.20_0.jpg


2017.08.20_1.5.jpg
色ムラをミックスした壁面




また、別の壁面には白地に黒の直線状で横流れのストライプ柄が特徴のトルコ産の大理石、シルバーストライプ使い、ストライプ柄を最低50mつなげて見せたいという前代未聞の要望に応えるため、あらゆる角度から検証を行いました。
まず、直線のストライプの柄が揃っている原石を10石選び出すのに、100個の原石をチェックしてストライプの柄を合わせました。さらに、ストライプの柄をつなげるように上手く挽板を製品に切断する技術は、その石を毎日加工しているトルコ工場でしかうまく行かず、トルコの工場も日本向け製品製作は初めてだったため、アドヴァンの専門スタッフによる製作指導を重ねて、要求を実現させました。
2017.08.20_3.jpg
トルコでの検品作業


2017.08.20_1.jpg


2017.08.20_2.jpg
シルバーストライプを使った壁面




アドヴァンの総力を存分に発揮した再開発工事は1日に200人以上の石工事・タイル工事の人員を投入して短期間に難工事を完成させ、自社社員も1日に50人以上を投入しました。現場では工事補助、清掃など工事がスムーズ運ぶ手伝いを積極的に実践しています。
2017.08.20_5.jpg


2017.08.20_6.jpg
アドヴァンの社員の建設現場での様子




【二子玉川再開発PJ】
・サビ石(中国産の御影石)とシルバーストライプ(トルコの大理石)を使用
サビ石(御影石)
シルバーストライプ(大理石)
山西黒風タイル(磁器タイル)




これらの条件の厳しいプロジェクトも、社員が一丸となってお客様のお役にたつ、それがアドヴァンの社風です。プロジェクトの大小に関わらず、お客様の要望に真摯に応えて行くことが、プロジェクトを成功に導く秘訣だと思っています。




2017.07.アドヴァン.jpg
アドヴァン公式サイト


-------------------------


リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg




TOPに戻る






規格石材・天然石の色


今週は、様々な石を品揃えしていくうちに当社の取引先も世界中に広がり、アドヴァンの機転となった石材についてお話させて頂きます。


以前の石材は全てオーダーメイドだったため、価格が不明瞭で分かりづらく、結果的に予算をオーバーしてしまうことで問題になることも多かった石材。そこで、アドヴァンが取り組んだのが石材の規格化です。
今までは現場に合わせてカットしていたものを、石材がより豪華に見える400角としました。今でこそ規格石材専用の製造機械が存在しますが、当時はそのような機械は無く、大型のスラブマシーンから一辺ずつ切断をしていました。カネテ(90°)サイズ、厚み等、すべて管理しなければ現場に納められなかったため、困難を来しましたが、その中でも特に難しかったのが色でした。


天然石には、御影石、大理石、ライムストーンといった石種がありますが、特に大理石は柄・色とも幅が大きく、ヨーロッパの人にとっては見慣れた当然の色幅であっても、日本人にとっては大理石が一般的ではなかった為に、受け入れられないことが多かったのです。この点の話し合いは非常に難しいものになりました。


2017.08.20_M.jpg
大理石


2017.08.20_D.jpg
御影石


2017.08.20_R.jpg
ライムストーン




現在は日本人も多くヨーロッパへでかけ、大理石を目にするようになり、逆に色幅がある事が天然石の良さであるという認識になって来ています。
石材は言うまでもなく天然のものであり、地球の数億年の営みよって生み出されている神秘的な産物です。その石の色や柄は世界でひとつだけのもの。そのことを楽しんで頂きたいと思います。




2017.07.アドヴァン.jpg
アドヴァン公式サイト


-------------------------


リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg




TOPに戻る






夏季休暇のお知らせ

夏季休暇のお知らせ




平素より、アーネストブログ及びアーネストWEBサイトをご覧いただき、誠にありがとうございます。
アーネストグループの、夏季休暇についてご連絡させて頂きます。


弊社は以下の期間休業とさせていただきます。
大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承のほど、 よろしくお願い申し上げます。
皆様におかれましては、残暑厳しきおり、お身体ご自愛いただき、楽しい夏休みをお過ごしください。




――――――――――――――――――――――――――――

◆夏季休暇◆
2017年8月13日(日)~ 2017年8月15日(火)までを
夏期休業期間とさせていただきます。
※青山ギャラリー、大阪ショールームも同様

――――――――――――――――――――――――――――



【アーネスト青山ギャラリー】


Address
東京都港区南青山6-4-6 almost blue A棟-Ⅱ
Tel 03-6450-6772
Open 10:00 Close 18:00


Access
地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線
表参道駅下車
A5出口(階段のみ)より徒歩8分
B4出口(階段又はエレベータ)より徒歩10分
B3出口(エレベータ又はエスカレータ)より徒歩10分


※専用駐車場のご用意もございます。



――――――――――――――――――――――――――――



【アーネスト大阪ショールーム】


Address
大阪府大阪市西区新町1-28-3
四ツ橋グランスクエア9階
Tel 06-6537-7731
Open 9:00 Close 18:00


Access
地下鉄長堀鶴見緑地線
「西大橋」 駅 2番出口 徒歩1分
地下鉄四つ橋線
「四ツ橋」 駅 2番出口 徒歩3分
地下鉄御堂筋線
地下鉄長堀鶴見緑地線
「心斎橋」 駅 3番出口 徒歩7分


※専用駐車場のご用意もございます。




************************************************



-------------------------


リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg




TOPに戻る






テレビ東京「ゆうがたサテライト」の取材を受けました!


テレビ東京の経済を中心とした報道番組「ゆうがたサテライト」の取材を受けました。


今期輸入車の売り上げが好調ということで、輸入車のオーナーのご自宅『ガレージハウス』を紹介したいとのことで当社に取材依頼がありました。取材を受けて頂いたのは、8月7日発売のモダンリビングにも掲載されているお宅です。
このお宅は高低差のある二方道路のお土地で、北側に2台南側に3台計5台の駐車スペースを確保しています。


このお宅の詳しいご紹介はこちら
http://earnest-arch.jp/gallery/slideshow/160.html


2017.08.08_1.jpg


2017.08.08_2.jpg
オーナー様への取材の様子




交通手段としてではなく趣味や観賞用として複数台のお車を所有される方が増え、それに伴いガレージハウスの需要も大型化しています。
特に当社の場合は、ガレージに"魅せる"デザインを施した住宅をご提案しています。その辺りのお話もさせて頂きました。


2017.08.08_3.jpg
当社設計士へのインタビュー



災害や地震、政治など緊急のニュースがなければ、テレビ東京(7チャンネル)明日8月9日(水)夕方4時54分 ~5時 45分の放映となります。
ぜひ、ご覧ください!






ゆうがたサテライト


2017.08.08_4.jpg


一日を通して、世界の動きや日本の動きを「経済中心」にとらえることができ、その中で夕方は、経済が自分の暮らしや仕事にどう関わっているのかを、より身近に感じてもらえるようなニュースです。メインキャスターには、狩野恵里(テレビ東京アナウンサー)を起用。さらに、約3年半の『WBS』のフィールドキャスターを経て、現在NY支局で取材を続けている進藤隆富が当番組でもフィールドキャスターを担当。これまで以上に精力的に現場に出て、豊富な経験を生かし丁寧に解説します。
とっつきにくいと思われる経済ニュースを、やさしく解きほぐし、見てちょっと得した気分になっていただけるような番組です。


テレビ東京/ゆうがたサテライト公式サイト
http://www.tv-tokyo.co.jp/you/



-------------------------------------


リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg




TOPに戻る






「アドヴァンの歩み」


今回から4回に渡り連載をさせて頂きます株式会社アドヴァンの山形と申します。よろしくお願い致します。
第一回目は私共の自己紹介と致しまして、アドヴァンの歴史についてお話させて頂きたいと思います。


アドヴァンの前身は1965年、荒川区に創業したタイル工事店の山形タイル(現在の株式会社ヤマコー)です。
2017.08.06_1.jpg
ヤマコー本社ビル


当時は飲食店や店舗などの内装のタイル施工が中心でした。工事の業界では職人は外注が一般的ですが、山形タイルでは独身寮を完備し、北海道や沖縄から中高新卒者を採用。職人を社員としてゼロから育成することで、タイルはもちろん、レンガや石材でも幅広く高い技術での施工を実現することが出来ました。
平成2年にヤマコーと社名を変更した現在も、そのスピリッツは受け継がれ、ヤマコーで仕事を覚えた職人が北海道から沖縄まで日本各地で活躍をしています。
2017.08.06_2.jpg
独身寮の女将さんとご主人


2017.08.06_4.jpg
独身寮のひとコマ


2017.08.06_3.jpg
独身寮のお風呂場




内装工事が多いこともあり、その延長でタイルの輸入販売を行うようになりました。独自調査を始め、そこで注目したのがデザイン性の高いヨーロッパ製のタイルです。店舗の内装仕上げ材については店舗デザイナーが決定する事が多かったため、輸入タイルの販売を通じて、デザイナーの方々とお付き合いが始まりました。材料に対してのデザイナーの要求は非常に高く、品質・価格、デザイン性など広範囲に広がり、特にデザイン性に関しての要求に対応していくことが、現在のアドヴァンの事業へとつながることとなります。
その要求はタイルだけに留まらず、フローリングや塩化ビニール系の床材など様々な輸入建材へと波及して行きました。


その中でも転機となったのは石材です。
次週はその石材についてお話したいと思います。




2017.07.アドヴァン.jpg
アドヴァン公式サイト


-------------------------


リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg




TOPに戻る






過去のブログ記事はこちらから

アーネストグループ資料請求ページ