ミラノサローネ報告会 2017 Part 1

ミラノサローネ報告会 2017 Part 1


2017年のミラノサローネが4月4日~4月9日に掛けて開催され、現在さまざまなブランドがミラノサローネの報告会を行っています。今回は、報告会で伺ったミラノサローネのトレンドをご紹介したいと思います。


始めに、ミラノサローネの概要をご紹介いたします。
イタリアのミラノで毎年開かれる世界最大の家具見本市・通称『ミラノサローネ』(正式名称:Salone del Mobile.Milano)。それに伴いミラノ市内では、さまざまな企業やデザイナーによる展示が行われ、多くの人々で賑わうデザインの祭典は「ミラノデザインウィーク」と呼ばれています。世界中から訪れた2017年の参加者数は34万人を越え、街中は人で溢れかえりインテリア一色に染まります。
ミラノサローネは、「サローネ国際家具見本市」「サローネ国際インテリア小物見本市」ワークスペース関連の「Workplace3.0」そして若手デザイナーの展示「サローネサテリテ」、ミラノ市をあげてのイベントでお互いにその話題性を競い合うフオーリサローネ/Fuori Saloneなどといった複数の展示会・見本市から構成される超大規模展示会です。


そのひとつ、照明を中心とした「エウロルーチェ」で展示されていた照明はすべてLEDとなり時代の流れを感じました。その中でも目を惹いたのが老舗のFLOS。LEDの魅力を全面に押し出し、LEDだからこそのデザインで照明というよりもオブジェのようです。


2017.05.07_1.jpg
出典:FLOS
http://www.flos.com/en/news/euroluce_2017




素材のトレンドはレザー、ベルベット、メタリック、大理石(マーブル)を使った新作が注目を集めていました。
中でも大理石はピンクやグリーンなどの柄が入った珍しい色合いのものが多く、リビングのテーブルはどのブランドもこぞって大理石を取り入れています。
2017.05.07_2.jpg
出典:B&B ITALIA
http://www.bebitalia.com/en/complement-formiche


2017.05.07_3.jpg
出典:Minotti
https://www.minotti.com/en/lou




デザインで多く見られたのが、「Pistorted」歪みや不規則なデザインです。1~2年前からこの傾向は見られ、楕円であったり脚の付き方が不揃いだったり均等ではないというレベルでしたが、今年は大胆な形状の新作が多くデザインされています。
先ほどご紹介したMinottiのCoffee table「Lou」もそのひとつ。また、テーブルは形だけではなく上面のカッティングも斜めにカットされて居たりと、「Pistorted」感が増しています。


2017.05.07_5.jpg


2017.05.07_4.jpg
出典:Cassina
https://www.cassina.com/en




リビングのスタイリングも昨年から引き続き、色々な要素を取り入れたスタイルがトレンドです。ソファの素材を敢えて変えていたり、Coffee tableはシリーズを変えたり、同じシリーズでも素材を変えたりと良い意味でのバラバラさがありますが、色使いはコンサバティブなものが多かったようです。素材選びで他とひと味違う遊び心を与えるスタイリングは、センスが重要と言えそうですね。


2017.05.07_6.jpg
出典:flexform
http://www.flexform.it/en/news/event/56th-salone-del-mobilemilano


2017.05.07_7.jpg
出典:Minotti
http://www.minotti.jp




今年のトレンドを抑えたミラノサローネの報告会はいかがでしたでしょうか?昨年に比べ参加者数こそ減りましたが、各地大盛況でどのブースも並ばないと入れないほど、人気のブースは長蛇の列!だったそう。街全体がお祭り騒ぎという1年に1回のインテリアの祭典、ぜひ訪れてみたいですね。


来週も引き続き、ミラノサローネ報告会をお届けいたします。
お楽しみに!


-------------------------------------


リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg




TOPに戻る






過去のブログ記事はこちらから

アーネストグループ資料請求ページ