2017年3月アーカイブ

ショールームについて


最後にショールームのお話しをさせて頂きます。
私達はお客様が集めた雑誌の切り抜きや輸入キッチンメーカーのパンフレット、お友達の家で見たキッチンなどたくさんの情報や記憶の中から整理して順序良く形にしていくツールとしてショールームが大切だと考えております。思い切ったショールームのキッチンデザインを見てオーダーの出来る事の範囲を確認して頂き「ここまでキッチンが自由に作ることが出来るとは知らなかった!」と皆さんに言っていただいております。


ショールームは3つのフロアーに分かれ、2Fは本棚、バスルーム、ワードローブ、リビングなどを設け、キッチンを中心としたリビングダイニングの空間を提案しています。セラミックで覆われたソリッド感溢れる男性的なキッチンと板柾ランダム貼りながらも目が通った優しいオークのキッチンが設置されており、実際の住宅に訪れたようです。3Fメインフロアーではテストキッチンとオーブンや食器洗浄機など多くの輸入ビルトイン機器が並び、「マドビル」と言う名前の通りたくさんの窓からは自然光が入り、ドアパネルの色やサンプルの質感が良く分かり開放感があり長時間の打ち合わせもあまり疲れないと評判の良い空間となっています。ロフトは大傾斜天井でエイジング加工したナチュラルウッドを配したテーブルと食器棚が印象的です。


2017.03.26_1.jpg


2017.03.26_2.jpg


2017.03.26_3.jpg


2017.03.26_4.jpg






どこよりも早く最新の素材やデザインをキッチンに再現する事を心掛け、想像力を掻き立てる様々なキッチンを展示致してまいりました。その中で評判が良かった過去の展示品を紹介しましょう。


2017.03.26_5.jpg
夜はライティングになる大きなスリットのフレームに囲まれたキッチン


2017.03.26_6.jpg
壁収納に最適ドロアータイプのキッチン


2017.03.26_7.jpg
細い脚と木口が天然石割り肌仕上げ、和紙貼りガラスが印象的なコンパクトキッチン


2017.03.26_8.jpg
赤いステッチを施したブラックレザー引き出しパネルと天板はブラックアルミと鏡面ステンレスのコンビネーション、夜はルーバー越にLEDが灯ります。




ブログも最終回となりました、当社の事ばかりの紹介となったこと大変恐縮しております。最後まで有難うございました。
又ご興味がありましたら是非お立ち寄りください、お待ち申し上げております。


Linea_logo.jpg
Linea Talara ウェブサイト


---------------------------------


リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg




TOPに戻る






キッチン工場で出来ること


今回は工場のお話しをしたいと思います。
リネアタラーラは創業よりずっと静岡で作り続け、現在は3年前に焼津よりお隣の藤枝に移ってまいりました。
18年前、毎朝ラジオ体操で始まり、小さな工場の裏には静岡県でも特に水がきれいで姿が美しく香りが良い鮎が釣れる藁科川が流れ、夏には近くの幼稚園の子供たちがたくさん水遊びに集まり、夕方ほたるが飛ぶ産女(うぶめ)木工団地でスタートいたしました。


現在は藤枝市水守に移り工場も大きくなりました。住所の名前が表す様にすぐそばの須賀神社ではこんこんと水が湧き、移った時に従業員の数だけ植樹したシマトネリコがすくすく葉を広げ、地下水のおかげで夏は風が通り涼しく、裏山ではタケノコがたくさん採れ、工場長の庭で採れた形の悪いきゅうりやトマトがお昼の食事の時一緒に並びます。


2017.03.19_1.jpg


2017.03.19_2.jpg


2017.03.19_3.jpg






長い年月を経て、設計事務所の先生やデザイナーの方の複雑な要求にも細やかに丁寧に1台、1台応えてきました。鉄、アルミ、ガラス、セラミック、クォーツ等異素材の加工も上手になり木工所の枠にとらわれないオーダーキッチンの生産拠点に成長しました。 お客様の中には工場に来て自分で突板の柄を決めたいとフリッチ(突板の束)の中から選ばれて柄合わせする方もいらっしゃいます。作り手と使われる方が直接接することでモチベーションも上がり大歓迎、掲載されたモダンリビング誌を囲んで笑顔で話しが弾みます。
これまで小さな試練をたくさん乗り越えてきました、これからも力を合わせて心を込めて作り続づけてくれる事でしょう。


2017.03.19_4.jpg


2017.03.19_5.jpg


2017.03.19_6.jpg


2017.03.19_7.jpg


Linea_logo.jpg
Linea Talara ウェブサイト


次回3月26日(日)がリネアタラーラ門田代表の最終回です。
お見逃しなくご覧ください。


---------------------------------


リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg




TOPに戻る






オーダーキッチングランプリ




今回はオーダーキッチングランプリの事をお話ししましょう。
システムキッチンが日本に登場した1975年から42年が経過し輸入キッチンの時代から国産システムキッチンを経て、日本のキッチンは多様化するユーザーニーズに対応するためにオーダーキッチンへと変わりつつあります。建築家が住み手の要望に合わせてデザインした1点ものです、そんなオーダーキッチンの存在を多くの方に知って頂く為、モダンリビング誌にお声がけさせて頂き「オーダーキッチン」を対象とした今までになかったキッチンのコンテストを開催し、今年で5回目を迎えます。




2017.03.12_1.jpg


2017.03.12_2.jpg


2017.03.12_3.jpg


毎年数百点の応募があり5名の審査委員により一次審査で15点に絞り2次審査により最終入賞作品を選出いたします。私は審査委員ではありませんが、オーダーキッチン屋としては15作品全てを実際見て製造や施工精度、工夫、使い勝手、納まりで苦労した所などを取材しなければ、より良い本当の判定はなかなか難しいと思っています。
その中で去年の最終15選作品から私が選んだ素晴らしい作品をご紹介いたします。


2017.03.12_4.jpg
キッチン製作:イヌイットファニチュア 犬塚浩太


2017.03.12_5.jpg
キッチン製作:㈱ミヤ工芸


2017.03.12_6.jpg
キッチン製作:(有)ジク―ト 中島


2017.03.12_7.jpg
キッチン製作:プロペラ 前川


2017.03.12_8.jpg
キッチン製作: ウッディアート 仲田晴雄


どれも素晴らしいオーダーキッチン作品ですね。


Linea_logo.jpg
Linea Talara ウェブサイト


次回の第三回は3月19日(日)に掲載予定です。
引き続きお楽しみください。

---------------------------------


リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg




TOPに戻る






お料理体験会


リネアタラーラではビルトインオーブンを使った料理を体験できるイベントを毎月開催しています。各機種の説明や食事をしながらの会話から理想のキッチン作りにつながる発見ができると好評です。実際、目をつぶって食器洗浄機のドアを開閉してラックの滑りや開き具合、スイッチの反応などを確認したり、クッキー生地を沢山持ち寄られて全てのオーブンで焼き具合を試す方もいらっしゃいます。


2017.03.05_1.jpg


2017.03.05_4.jpg


2017.03.05_3.jpg




各メーカーのショールームで機器の説明を聞けば聞くほど迷ってしまうと良く聞きます。
ショールームには皆さん平均4回ぐらいの打ち合わせ、設計士さんには内緒よと来られる方も数多くいらっしゃいます。興味ある共通の話題にお料理会でお友達になられる方も沢山いらっしゃいます。
メーカーのショールームでは聞けない様な、担当をドキドキさせるこんな質問も。
「あなたのお母さまが購入するとしたらどの食器洗浄機を勧めるの?なぜ?」
「素敵なキッチンになったらお料理がきっと好きになると思う私にベストなオーブンはどれだと思う?」などなど。
建築は長期戦、楽しいショッピングと気楽に考えて、食べながら楽しい会話のなかできっと一番自分にあった機器に出会うはずです。




2017.03.05_2.jpg


2017.03.05_5.jpg




「出来るまではあんなに忙しかったのに建物が出来上がるとうれしいけど、週末暇になって少し寂しいわ」と聞きます。当社では人気のお料理研究家や話題のパティシュエを迎えてオーブン料理やパン、お菓子作りの会を催しておりますので是非ご利用下さい。




Linea_logo.jpg
Linea Talara ウェブサイト


---------------------------------


リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg




TOPに戻る






過去のブログ記事はこちらから

アーネストグループ資料請求ページ