「アーネストコラム洒洒落落」 Gate Japan取締役 大越 裕一さん 屋外家具に求められる4つのソリューション 第三回 「カスタムメイド可能なビーチラグジュアリー × Harbour outdoor」

「屋外家具に求められる4つのソリューション」


こんにちは。秋晴れの風が気持ち良い季節となりました。心地よい風を感じながら読書やうたた寝をするのは至福のひと時です。私は、屋外家具を輸入販売しておりますゲートジャパンの大越と申します。
前回に引き続き、今回も「お客様の悩みと要望」を見事に解決したプロダクトをご紹介したいと思います。


2016.10.2_1.jpg


第3回目 
「カスタムメイド可能なビーチラグジュアリー × Harbour outdoor」


ビーチラグジュアリー
皆さんはこのキーワードでどんな空間を思い浮かべますか?
ロンハーマン等のカリフォルニアスタイルが流行している影響もあり、「ビーチイメージの洗練されたデザインの屋外家具を探している」というお問い合わせがとても増えたと感じております。


旅先で体験した高級リゾートを日常に...
自宅にオフィスに"ビーチを感じられるラグジュアリーな空間"があれば、毎日がもっと楽しくなりますね。コテコテのサーフスタイルやカルフォルニアスタイルというより、自然を感じながらもモダンで洗練されたデザインであり、そのバランス感覚がとても優れているブランドをご紹介したいと思います。




2016.10.2_2.jpg


Harbour Outdoor
ビーチラグジュアリーを極めた屋外家具
オーストラリアの老舗家具ブランド、テクノファニチャー(Tecno Furniture)の別ラインとなるブランドです。リュクスなアウトドアライフを楽しむ経験をシェアし、シンプルかつモダンなデザインの中に洗練されたマリンの雰囲気を感じさせるハーバーアウトドア。鉄やステンレススチール、アルミニウムといった耐久性に優れた素材をベースに、あらゆる環境下において劣化しにくい高品質な家具を作り出しています。また、ブランドに共感する顧客には有名企業が名を連ね、ニューヨーク、ロサンゼルスの直営店に続き、2016年10月に香港店がオープンの予定です。


2016.10.2_3.jpg


このHarbour outdoorの素晴らしいところは「カスタムメイド」が出来ることなんです。


「ここがこうだったら決められたんだけどな。少しだけ変えられない?」


お客様のこの一言。家具の営業担当なら誰しも経験した事があると思います。ブランドの商品はとても気に入っているけれど、どうしても施設側との問題でそのままの商品では使えない。しかし、メーカーの立場から考えると細かいオーダーに工場が対応出来ない事や補償のポリシーがあるので「NO」と言われる事がほとんどでした。お客様の要望に応えられず、肩を落とした事は何度もあります。


しかしこのHarbour Outdoorは、既製品にカスタマイズをする事が可能です。
それは、しっかりとした自社工場を運営するクラフトマンシップが誇る技術力があるからだと私は思います。
※現在カスタムメイドはコントラクト対応のみになります。デザイン性を損なう等、場合によっては対応出来ないカスタムメイドもございます。






2016.10.2_4.jpg
Pacificシリーズ
チーク材を贅沢に使った、ソリッドで爽やかな印象のコレクション。ソファはアーム部分が取り外せて、カスタムメイドが可能。




2016.10.2_5.jpg
2016.10.2_6.jpg
Breezeシリーズ
オーストラリアの海のライフスタイルにインスパイアされたコレクション。繊細なフレームで構成され、アームのチーク材がアクセントに。




2016.10.2_8.jpg
2016.10.2_7.jpg
LCA & Coastシリーズ
ラグジュアリーな水辺のダイニングに。一番人気のテーブル&チェア。折りたたみ可能なディレクターチェアはアルミと上質な防水のメッシュ加工。




2016.10.2_9.jpg
Fire table
バイオエタノールという液体燃料を使用する事で煙や煤を発生させない「エコスマート」が一体型になっているファイアーテーブル。別工事も必要が無く、メンテナンスも簡単です。炎には「1/f揺らぎ」というリラックス効果があると科学的に認められており、1日の疲れを癒すインテリアとして人気があります。
2016.10.2_10.jpg




旅先のホテルで体験したビーチラグジュアリーを日常に取り入れてみてはいかがでしょうか。




第4回目となる10月9日のテーマは、
「風に強いパラソルが理想です × Makmax」です。
以前より日差しが強くなっている日本で、心地よいアウトドアリビングには欠かせない存在のパラソル。しかし心地よい風は時には「突風」に。その時パラソルは?どうしたら良いの?等、その対応や解決策をご紹介致します。


2016.09.18_E.jpg


Written by
大越 裕一 / Yuichi Okoshi


有限会社ゲートジャパン 取締役
「屋外空間のソリューションアイテム」を世界中から探し、屋外家具、パラソル、プランターの輸入販売を手がける。趣味は「家具を探すこと」という根っからの家具好き。


Gate Japan (ゲートジャパン)
"日本のアウトドアリビングをもっと楽しく" をテーマに、屋外に適した上質な家具・パラソル・照明・プランターを世界中からセレクト。四季のある日本の気候にも配慮し、なおかつデザイン性の高い屋外用製品を輸入販売。


gatejapan.jpg


ホームページはこちら
http://www.gatejapan.jp

 
**************************************************





リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg




TOPに戻る






過去のブログ記事はこちらから

アーネストグループ資料請求ページ