2016年8月アーカイブ

水の風景「アクアリウムの世界」




7月から連載をスタートした「水の風景」。住宅で取り入れる水のある暮らしについてご紹介させて頂きましたが、最終回を飾るのは「アクアリウム」です。
これまでご紹介してきた「水の風景」は水そのものが主役でしたが、アクアリウムでは主役は魚。水は脇役なところが大きな違いです。海や川の生物の世界を切り取り、暮らしに取り入れた「アクアリウムの世界」をご紹介いたします。




2016.08.28_1.jpg


2016.08.28_2.jpg


フェラーリとコラボレーションした地下のホームバーにあるアクアリウム。フェラーリと鮮やかな熱帯魚を臨みながらお酒を楽しめるなんて、まさに男のロマン!こんな空間に憧れる男性も多いのではないでしょうか。ホームバーとは思えない本格的な仕様で、隠れ家的なお店としてオープンしても人気が出そうですね。






2018.08.28_3.jpg


2016.08.28_4.jpg


続いてこちらは、空間の主役になったアクアリウム。真っ白な空間はより水の透明感が際立ちますね。白い空間の1枚目の写真は、壁面がアクアリウムを包むように曲線を描いています。ミニマルな空間にアクアリウムが映えますね!
2枚目の写真はリビングルームの吹き抜け部分にあるアクアリウム。見上げるように臨むので、何だか海底から見ているような不思議な感覚を味わいます。






2016.0828_5.jpg


2016.08.28_6.jpg


ダイビングがご趣味のオーナー宅は、エントランスを抜けると緩やかにアールを描く、2つの大型アクアリウムが出迎えます。ダイビングで潜る海の中の景色を常に感じていられる住まいは特別のものとなりました。






2016.08.28_9.jpg


2016.08.28_10.jpg


アクアリウムは弊社の青山にあるショールームでも取り入れています。アクアリウムで打合せスペースを仕切っているため、圧迫感や閉塞感を与えることなく自然なかたちで空間を隔てています。
近年の傾向として"ネイチャーアクアリウム"というスタイルがあり、自然にある風景を水槽内に再現しようとするものです。弊社のショールームもそのスタイルで、水草の成長も自然にまかせ、オープン当時より大分生い茂った水草の成長に時の経過を感じます。自然に近い環境だと、魚たちも活き活きして見えますね。


また、弊社のショールームのアクアリウムを担当して頂いたアクアティクス・イデアの代表取締役を務める太田望さんにアクアリウムについて詳しいお話をうががった記事がございますので、合わせてご覧ください。より深い、「アクアリウムの世界」をご堪能いただけます!


http://earnest-arch.jp/blog/2014/01/introduction.html
太田望さんのブログはこちら






最近は魚ではなく、水草のみを鑑賞するというスタイルもあり、アクアリウムの世界はなかなか奥が深そうです。庭園づくりなどに通じるものが有りそうですね。


そろそろ暑い夏も終わりを迎え、7月から続けてきた涼を取り入れる「水の風景」の連載も今回で最終回です。
あなたの暮らしに合う「水の風景」はございましたでしょうか?アーネストは住まいが豊かになることで、そこに住む方の暮らしを豊かにして行きたいと思っています。水を取り入れる住宅づくりはその一例。アーネストはこれからも、皆様の暮らしが、生き方が、豊かになるような住宅をつくり続けたいと思っています。




●アーネストの新築作品はこちらから
http://earnest-arch.jp/gallery/


●リフォーム作品はこちらから
http://craftspirits.jp/gallery/index1.html


●お問合せ:0120-332-363




**************************************************





リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg




TOPに戻る






水の風景「憧れのプール」

水の風景「憧れのプール」




夏も終盤に差し掛かってきましたが、皆様は夏バテなどなさっていないでしょうか。そろそろ夏の疲れが出始める頃ですので十分ご自愛ください。
そこで、夏の疲れも吹き飛ばすべく、今回ご紹介するのは住宅における水の風景の花形!「プール」です。自宅にプールなんて海外のお話だと思っていませんか?実は日本の住宅にも憧れのプールがあるお宅が結構あるんです!
ひとえにプールと言っても様々なスタイルがあり、まるで外国のリゾート地を訪れたかのような屋外プールからトレーニングを目的とした流水プールなど、プールの用途や目的は、そのお宅それぞれ異なります。




2016.08.21_2.jpg


2016.08.21_3.jpg


家とインテリアのラグジュアリー住宅誌「モダンリビング」No.228の最新号(2016年8月現在)に掲載されていますこちらのお宅は、海外で巡り合ったリゾート地に心を奪われたオーナーが、その地を自宅に居ながら感じたいとこだわった、テラコッタカラーの外壁に青い空と芝の緑が映える、日本の住宅地とは思えない景色が広がるお宅です。
日中は夏の日射しを受けて水面がキラキラと輝き、夜は水中照明により神秘的に光を放つプールには絶えず水が流れ落ち、心地良い水音が響きます。もし、こちらのお宅にプールが無く、芝生のみのお庭だったらと想像してみてください。このプールが果たす役割の大きさを感じて頂けると思います。








2016.08.21_6.jpg


2016.08.21_7.jpg


都心では、敷地の広さや周囲の視線もあり屋外にプールを設けることが難しいので、室内プールのご提案を多くさせて頂いています。なので、日本の住宅に「プール」と言われてもピンと来ないのはその為かもしれません。外から見えていないだけで、実はプールがあることも少なくないのです。
室内プール1枚目の写真のお宅は天井にトップライトを設けており、青空を臨み自然光を受けながら泳ぐことができるので、室内プールでありながら開放感を感じる演出を行っています。2枚目のお宅は、まるでシティホテルのプールのようなスタイリッシュな雰囲気。こちらもデッキチェアが置かれている辺りの天井にトップライトを設けています。








2016.08.21_4.jpg


2016.08.21_5.jpg


続いてご紹介するのは、トレーニングを目的とした流水プールのあるお宅で、2邸とも地下にプールがございます。流水プール1枚目の写真のオーナーは女性のため、プールもエレガントな雰囲気に仕上がっています。2枚目のお宅は、トレーニング以外にも、小さなお子様とのコミュニケーションを図る場として使用されているとのことで、忙しい合間にリフレッシュができると喜ばれています。








2016.08.21_9.jpg


2016.08.21_8.jpg


こちらのお宅は、今までご紹介したプールの演出の合わせ技!とも言える、広々とした中庭に隣接する1階の室内温水プールです。冬場もプールで泳ぎたいとのご要望から室内にプールを設け、夏場は開口をフルオープンにすることで屋外プールのような開放感を得られます。2枚目のテラスからの写真、ガラスが反射して室内が見えませんが、左側部分の1階がプールとなっています。こちらのプールは全長20m!2階には本格的なアスレチックルームがあり、スポーツジムさながらの贅沢な施設を完備しています。






憧れのプールのある住まいは、いかがでしたでしょうか。こちらでご紹介したお宅はほんの一例です。アーネストではプールのある様々なスタイルの住まいを手掛けたノウハウで、夢のプールのある生活を具現化することが可能です。あなたの憧れるプールのある暮らしは、リゾート感重視?通年使える室内派?それともトレーニング重視派?あなたの夢の住まいを実現させる際は、ぜひアーネストにお手伝いさせてください。
次週は「水の風景」の連載のラストを飾る「アクアリウム」についてご紹介させて頂きます。お楽しみに!



●アーネストの新築作品はこちらから
http://earnest-arch.jp/gallery/


●リフォーム作品はこちらから
http://craftspirits.jp/gallery/index1.html


●お問合せ:0120-332-363




**************************************************





リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg




TOPに戻る






水の風景「噴水の個性」

水の風景「噴水の個性」




先週梅雨がやっと明けたと思ったら、照り付けるような日差しが続いていますが、皆様体調など崩されていないでしょうか。
8月に入りいよいよ夏本番ですね!海や川、水と接することが多いこの季節に、住宅で取り入れる「水の風景」について今週もご紹介させて頂きます。
先週告知させて頂きました通り、今週は「噴水」についてご紹介いたします。え?自宅に噴水?!と驚かれた方もいらっしゃるかもしれませんが、アーネストの物件では20~30年前から自宅に噴水を取り入れた提案を行っております。




2016.08.07_6.jpg


2016.08.07_7.jpg


こちらのお宅は20年前に建てられた作品なのですが、お庭に2つも噴水があります。贅沢ですよね。お庭には小川が流れており、エントランス手前(1枚目の写真)の噴水は水を霧状に噴射し、球体をつくる珍しいタイプ。庭の奥には白鳥のモチーフが輝く、ガラスを重ねた積層ガラスの噴水が美しい光を放ちます。
20年の月日が経過したとは思えないデザイン性は、水の演出でも発揮されています。


上記の物件の詳細はこちらから
http://earnest-arch.jp/gallery/slideshow/030.html








2016.08.07_1.jpg


2016.08.07_2.jpg


噴水と聞いて皆様が思い浮かべるのは、こんなスタイルの噴水ではないでしょうか?勢い良く吹き上がる姿が瑞々しく、快活な印象を与えてくれます。こちらのお宅は中庭部分に水盤を設けているので、どの部屋からも「水の風景」を身近に感じることができます。また、夜になるとライトアップされブルーに輝く水面がとてもきれいです。


上記の物件の詳細はこちらから
http://earnest-arch.jp/gallery/slideshow/045.html








2016.08.07_3.jpg


2016.08.07_4.jpg


石の素材感を活かしたナチュラルなイメージの噴水。ゴツゴツした岩場を流れ落ちる水が、ダイナミックです。こちらの写真は竣工当初なので植栽がまだ育っていないのですが、現在は大分大きく成長しているので、より自然を感じる「水の風景」を味わうことができます。噴水もテイストにより与える印象がかなり異なりますね。








2016.08.07_7.jpg


2016.08.07_8.jpg


こちらは、住宅ではないのですがリフォームで提案した噴水です。噴水は造園業者様と一緒に制作することも多いのですが、こちらはアーネスト(クラフトスピリッツ)のオリジナルデザイン!限られたスペースを活かした縦方向に見せる提案を行い、雨をスローモーションで見ているような水のラインを、変色LEDライトによって多彩なカラーで楽しみます。


上記の物件の詳細はこちらから
http://craftspirits.jp/gallery/slideshow/S_006.html






噴水のある「水の風景」はいかがでしたでしょうか?以前ご紹介したウォータースクリーンとはまた違った水の動きが華やかな印象を与えます。また、多種多様なデザインを行うことができるので、個性やオリジナル性を求めるなら噴水がおすすめです!あなただけの水の演出で、暑い夏に涼を取り入れてはいかがでしょうか。


次週は夏期休暇のためお休みをさせて頂きますが、翌週の8月21日には「プール」についてご紹介させて頂きます!子供の頃、もちろん大人になった今も、自宅にあるプールに憧れる方も多いのではないでしょうか。夢を叶えたプールのある住まいをお楽しみに!




●アーネストの新築作品はこちらから
http://earnest-arch.jp/gallery/


●リフォーム作品はこちらから
http://craftspirits.jp/gallery/index1.html


●お問合せ:0120-332-363




**************************************************





リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg




TOPに戻る