2015年5月アーカイブ

別荘建築:「樹」Part1

別荘建築:「樹」Part1



まだ5月だというのに、30度を超える気温を各所で観測しているようですが、真夏に比べると湿度が少なく過ごしやすいため、行楽に出かけられる方も多くいらっしゃると思います。
新緑が美しい季節、気軽に出かけられ、リフレッシュできる場所が、ストレス社会で過ごす現代人には必要なのではないでしょうか。今後ますます需要が高まりそうな、別荘建築について連載させて頂きます。




別荘建築は大きく分けて「樹」と「水」、この2種類が主な構成となっています。「樹」は山や森など緑豊かな立地に建つ別荘で、「水」は海、大海原を臨む別荘です。
アーネストがつくる別荘は、風や木々、空や海、などの「自然」を巧みに取り込み共存・調和することを目指し、眺望や景色、その自然の素晴らしさを最大限に活かします。
今回の連載では「樹」と「水」それぞれの別荘を交互にスポットを当ててお話をさせて頂きます。
連載のスタートを飾るのは「樹」の別荘建築の一例です。「樹」の別荘はどの開口からも、豊かな緑を臨むことが出来るのが特徴です。緑に包まれているようなそんな安らぎを与えてくれます。






2015.05.31_1.jpg


こちらの別荘は、木立に視界を遮られないように高さを取り、まるでツリーハウスのようなフォルムの外観となっているため、景色に埋もれず、山並みが形づくる豊な稜線を堪能できる設計になっています。原生林の中に境界線の杭が打たれた敷地のため、敷地の大きさや面積を確認するのに苦労いたしました。






2015.05.31_2.jpg


遠くから見ると華奢な印象を与える構造体でしたが、近づくと思った以上に大きく風格を感じます。崖地での建築となったため、構造には細心の注意を払います。弊社は、住宅でも傾斜地での建築計画を多数手掛けており、その経験を別荘建築に活かしています。






2015.05.31_3.jpg


リビングの大開口や庇は山間の景色が一番きれいに収まるように計算されていて、ガラスの壁が景色を透過し、リビングから眺め見る山間の景色は四季によって表情の違う絵画のようです。






2015.05.31_4.jpg


別荘建築では、お風呂にこだわりを持たれる方も多く、温泉地に建つこちらの別荘では内風呂、露天風呂共に温泉を引いています。視線を気にすることなく絶景を眺め、自然と一体となるバスタイム。それは、崖地の別荘だからこそ、叶う贅沢かもしれません。そんな温泉が、いつ訪れても貸切で入れるなんで、最高の贅沢ですね。






アーネストの設計は別荘建築に限らず、その土地の形状や敷地条件、周囲の景色を最大限に活かす設計をしています。変形地だから...傾斜地、斜面地だから...と思っていたデメリットが長所となることも。そこが建築の建築の魅力のひとつだと思っています。土地の形状などでお困りでしたら、一度ご相談ください。困難な土地だからこそ、そのおもしろさや遣り甲斐をオーナーと一緒に楽しんでいきたいです。


次回は、「水」の別荘の実例を挙げてご紹介いたします。
お楽しみに!




**************************************************





リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg




アーネストスクエアのサイトはこちら
squere.jpg






TOPに戻る






大阪ショールームオープンセレモニー




今回のブログは、先日の5月19日(火)にオープンいたしました「アーネストグループ大阪」のオープニングセレモニーの様子をご紹介させて頂きます。


昨年、2014年の1月にアーネスト青山ギャラリーのオープンに引き続き、西日本の拠点としてオープンいたしました「アーネストグループ大阪」。青山ショールームのオープン同様、沢山のお花を頂戴し、関係者の皆様のお心遣いに改めて感動いたしました。誠にありがとうございました。


2015.05.24_1.jpg


2015.05.24_2.jpg





お花で埋め尽くされた、エントランスがとっても華やかでした。お取引業者様、お施主様からもお祝いのお花を頂き、沢山並んだお花に改めて皆様のご協力、ご支援の大きさを感じました。皆様のご期待に沿えるよう、グループ一丸となって「アーネストグループ大阪」を盛り立てて参る所存ですので、今後も変わらぬご愛顧の程、よろしくお願い致します。





オープニングセレモニーには、アーネストグループの役員が一堂に会しご挨拶をさせて頂きました。
2015.05.24_3.jpg




その後は名刺交換を行い、協力業者様やご来場の皆様と歓談をさせて頂きました。普段、なかなかゆっくりお話できる機会が少ないので、有意義な時を過ごすことが出来ました。
2015.05.24_6.jpg


2015.05.24_12.jpg




パーティーでは、受付がバーカウンターに早変わり!入口でお客様にお飲み物が振舞える、ピッタリの空間でした(笑)。
2015.05.24_11.jpg






オープニングセレモニーも滞りなく終了し、新たにスタートを切った新ショールーム「アーネストグループ大阪」。西日本の皆様により一層のサービスが行えるよう精進いたしますので、今後の展開にもご期待ください!
お近くにお越しの際は、お気軽にお立ち寄りください。皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。


2015_05.24_10.jpg
最後に撮影した記念写真。






「アーネストグループ大阪」


【Address】
大阪府大阪市西区新町1-28-3
四ツ橋グランスクエア9階
Tel 06-6537-7731
Open 9:00 Close 18:00
※1Fがアウディのショールームとなっております。


【Access】
地下鉄長堀鶴見緑地線
「西大橋」 駅 2番出口 徒歩1分
地下鉄四つ橋線
「四ツ橋」 駅 2番出口 徒歩3分
地下鉄御堂筋線
地下鉄長堀鶴見緑地線
「心斎橋」 駅 3番出口 徒歩7分
※専用駐車場のご用意もございます。ご利用の際は、お電話にてお問い合わせください。




**************************************************





リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg




アーネストスクエアのサイトはこちら
squere.jpg






TOPに戻る






「アーネストグループ大阪」5月19日オープン!




ブログやホームページでご連絡させて頂いておりました、アーネストグループの新ショールーム「アーネストグループ大阪」のオープン日が5月19日(火)に決定いたしました。
これもひとえに、皆様のお力添えと心より感謝申し上げます。


現在、内装の工事もほぼ完成しており、あとはインテリアのコーディネートのみとなっております。オープン日の前日には360度撮影が入る予定です。撮影完了次第、ホームページに掲載予定ですので、ご期待ください。
今回のブログでは「アーネストグループ大阪」のコンセプトと工事の様子について、ご紹介させて頂きます。






アーネストグループ大阪のコンセプトは「光」


様々な光を効果的に使用した「アーネストグループ大阪」のショールーム。インテリアは黒とゴールドを基調に黒は影、ゴールドは光を再現し、光を引き立たせるための影は空間を透過し、より奥深く沈み込み、光は先へ先へと、どこまでも伸びて行きます。陰影を感じるシックなインテリアは、皆様の住まいづくりにインスピレーションを与え、より豊かな空間へと導きます。


2015.05.17_CG1.jpg
計画時のCG


2015.05.17_2.jpg
工事中の現場写真


2015.05.17_7.jpg
先日の様子




先日撮影を行った際は、まだ家具やインテリアの搬入が完了していない状況ですが、計画時のCGと変わらない出来栄えの「アーネストグループ大阪」の様子がご確認頂けるかと思います。
ビルの規定で日中の工事が禁止されている中での作業だったため、現場の担当者は昼夜逆転した生活を行い、夜間だけの短い作業時間でこのショールームの工事にあたっています。社員はもちろん、様々な方のご協力のおかげで間もなく完成を迎えようとしている「アーネストグループ大阪」。皆様の想いが詰まった空間が完成を迎えるにあたり、感動もひとしおです。


今まで、距離の関係で気軽にお会いし、住まいについて相談することが出来なかった関西・西日本エリアの皆様に、ゆっくりと住まいについて語り合い、高次元の住宅設計をご提供する場として「アーネストグループ大阪」をオープンいたします。
オープン当日は弊社の役員もご挨拶に伺いますので、ぜひ、お気軽に足を運んで頂き、アーネストの世界観をご体感ください。
皆様のご来場を、心よりお待ち申し上げます。






**************************************************





リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg




アーネストスクエアのサイトはこちら
squere.jpg






TOPに戻る






3D撮影を行いました!

「3D撮影を行いました!」




ブログやホームページでご紹介させて頂いておりますが、アーネストグループは5月19日(火)に新ショールーム「アーネストグループ大阪」をオープンする運びとなりました。
これもひとえに、皆様のご愛顧とご支援によるものと深く感謝しております。詳細につきましては改めてご報告させて頂きます。


新しいショールームのオープンにあたり、何か新しい試みを行いたいと思い、以前から検討しておりましたパナソニック映像の3D映像技術を取り入れることに致しました。


「3Dのコンピュータグラフィックス」のブログはこちらから


完成物件のご案内は定期的に行ってはおりますが、期間や建設地などの問題もあり、限られたお客様のみのご案内となっております。また、家具などが入る前の状態なので、インテリアの雰囲気などは伝わりづらい状況かと思います。実際に生活をしているお宅をご案内出来る機会は少なく、弊社の実例をよりリアルなかたちでご体感いただきたい!との想いから、実際に生活されているお宅にご協力頂き、3D撮影を行いました。
今回は、その撮影風景をご紹介させて頂きます。


「竣工物件見学」のブログはこちらから






今回3D撮影を行った物件は、アーネストの代表作品のひとつ、2009年に竣工致しましたダイナミックな3次元曲線の壁が印象的なこちらのお宅です。ご協力頂きましたご家族の皆様に、この場をお借りして御礼申し上げます。ありがとうございました。


2015.05.10_0.jpg



3D撮影は今までの撮影スタイルとは異なり、カメラの仕様もだいぶ違います。どちらかというとビデオカメラに近い仕様です。
2015.05.10_2.jpg



撮影する際は、視点がずれていないか、モニターを確認しながらの撮影です。通常の撮影(二次元)では広角のレンズを用いて撮影し、空間を歪ませることで奥行きなどを表現するのですが、今回の3D撮影は歪んでしまうと立体的な表現が崩れてしまうので、正確に空間を捉えて撮影しなければなりません。


2015.05.10_1.jpg
始めは外観から撮影をスタート!車や通行人の合間を縫って撮影を行います。






続いてエントランスホールの撮影です。3D撮影は狭い空間よりも広い空間の方がより立体感が表現できるそうです。


2015.05.10_3.jpg
室内の撮影は必要に応じてライティングも行いました。


リビングやバスルームに続きファミリールームの撮影です。空間が狭くなるほど撮影は困難になります。近くにものがあると遠近感を捉えるのが難しいそうです。


2015.05.10_5.jpg
こちらも手前にカウンターがあり、立体感が崩れないように苦労しました。






室内を一通り撮り終えたあとはテラス、お庭からの外観撮影です。竣工当時はそんなに大きくなかった桜の木がとても立派になっていて驚きました。


2015.05.10_4.jpg
撮影時は葉桜になっていましたが、満開の時期はお庭やリビングからお花見ができる最高のロケーションです。


現在は、5月19日(火)のオープンに間に合うように急ピッチで編集作業を行っております。ぜひ、アーネストのショールームにお越し頂き、新しい3D映像でリアルなアーネストの住宅の世界観を体感して頂ければ幸いです。完成をお楽しみに!






**************************************************





リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg




アーネストスクエアのサイトはこちら
squere.jpg






TOPに戻る






フォルメンティ社の製作風景






今回はイタリアのソファ・メーカー、Formenti / フォルメンティ社の製作風景をお伝えします。
ミラノ郊外のジュッサーノに工場をかまえるフォルメンティ社は、革張りのソファ・メーカーです。ユーロ・カーサではHeart / ハートやWAVE / ウェーブソファといったコーナーソファで大変ご好評頂いてます。


eurocasa_01.jpg
WAVEソファ スクエアなフォルムに波打った形状の背もたれが特徴的です。


eurocasa_02.jpg
HEARTソファ 弧を描くように湾曲した形状がとてもエレガントなソファです。






このメーカーのエクスクルーシブな点、ひとつめはそのしっとりとした肌触りのレザーです。スイスで生育された牛革にアニリン仕上げを施した上質な厚革は、傷がつかないよう生育段階から品質管理されたもの。細かい傷等がみられる部位は除いて裁断、傷等を除いて無駄無く使えるよう、レーザー光で計測しながらカットします。


縫製はすべてミシンを使って手作業で行われます。大きなパーツの縫製もちろん、Glamour / グラマー ソファにみられるようなパッチワーク部分は裏側からパーツを一点一点縫い合わせて作られています。製作現場を拝見すると、改めて丹念に作られている事を実感します。


eurocasa_03.jpg


eurocasa_04.jpg
丁寧な縫製とステッチにクラフトマンシップが垣間見えます。


eurocasa_05.jpg
Glamour / グラマー ソファ、アームと背面全面にパッチワークが施されています。写真はヌバック・レザー仕様、近日大阪ショールームにも展示予定です。


eurocasa_06.jpg
特徴的なステッチはミシンではなく手作業によるもの。






皆さん真剣ながらも、和やかな雰囲気の中で作業されている印象。Mr.Formenti氏も物腰の柔らかな紳士ですが、創作意欲は大変旺盛な方です。今回訪問した際にも、話しが盛り上がってアイデアが浮かぶとさっとスケッチを描かれていました。工場に隣接するショールームには試作段階のプロトタイプも多数並んでいます。WAVEやHEARTなどの人気モデルの他にも、新しいデザイン、より快適なソファを盛んにエスキスしている様子がうかがえます。


eurocasa_07.jpg
フォルメンティ氏(右から二人目)と、二人の息子さん達と








フォルメンティは近年"Lumiere / ルミエレ"という新しいシリーズを展開しています。これまでのモダンなデザインに少しネオクラシカルなテイストをあわせたシリーズで、ユーロ・カーサでも大変ご好評頂いています。


eurocasa_08.jpg


下の写真はルミエレ・シリーズで好評の、スワロフスキー付きのキャピトーネ(ボタン締め)部分を製作しているところです。
クリスタル付きのもの中にはスワロは接着しているだけ、というものもありますが、フォルメンティはスワロ自体を縫い付けてボタン締めとしているので、クリスタルがとれたり、肌に触れることが無いように作られています。


eurocasa_09.jpg


eurocasa_10.jpg








今年のミラノ・サローネで発表されたInfiniti / インフィニティ ソファはゴールドのメタルを施したラグジュアリーな一品。メタル部分はニッケル合金に24金をメッキ処理しており、経年変化無く長く使えるもの。華やかさの中に、フォルメンティらしい品質へのこだわりを感じます。今秋、ユーロ・カーサのショールームでご覧頂けます。


eurocasa_11.jpg






ルミエレ・シリーズをはじめ、唯一無二の豊かなデザインこそフォルメンティのエクスクルーシブな点のひとつです。奇抜すぎず、けれども他にはないエレガントなデザイン。フォルメンティ氏の息子さんも参加し、お互いに刺激し合いながらデザインに取り組む姿勢は頼もしい限りです。フォルメンティ社もこの4月から、人気のHEART、WAVEの他、LUMIEREシリーズなどの独占販売を開始。より魅力的な価格設定となりました。是非ショールームで革の肌触り、品質の高さそして豊かなデザインをお確かめください。






家族と過ごす時間をExclusiveなものにしてくれる、ユーロ・カーサの家具の魅力はまだまだたくさんあります。家具は長く使うものだからこそ、是非色々なものをたくさん見て、比べて、じっくりと選びたいもの。特別な思いを抱けるような、貴方だけの素敵な家具に出会って頂きたいと思います。


4回にわたりお付き合い頂き、ありがとうございました。


<img alt=
EURO CASAホームページ




**************************************************





リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg




アーネストスクエアのサイトはこちら
squere.jpg






TOPに戻る