「アーネストコラム洒洒落落」 ユーロ・カーサ代表マルコ・ムリロさん 第一回「Exclusiveであること」

「Exclusiveであること」




アーネストさんにお声掛け頂きブログを寄稿させて頂きます、 EURO CASA / ユーロ・カーサ代表のマルコ・ムリロと申します。


まずは簡単に弊社について。
ユーロ・カーサは高級輸入家具の専門店です。
"ファーストクラスのインテリア"をコンセプトに、艶やかで華のある家具を取り扱っています。
お客様に『自宅が一番贅沢=ファーストクラス』だと思って頂ける、家に帰ったときに一番リッチな気分を味わえるような、素敵な家具と出会えるように。そのためにイタリアとスペインを中心に厳選したブランドの逸品家具をセレクトしています。


eurocasa_001.jpg
EURO CASA東京ショールーム






具体的には次回以降、スペインのMariner(マリネール)とイタリアのTurri(トゥーリ)、Formenti(フォルメンティ)という3社の家具の魅力を、製作風景を交えてお伝えします。


eurocasa_002.jpg
Mariner / マリネール社(スペイン)


eurocasa_003.jpg
Turri/ トゥーリ社(イタリア)


eurocasa_004.jpg
Formenti / フォルメンティ社(イタリア)






さて、自ら"高級"や"ファーストクラス"と謳っていますが、ユーロ・カーサが考える「高級」とは「Exclusive(エクスクルーシブ)である」ということです。Exclusiveとは、「唯一の」「選ばれた人だけの」「本当に特別な」という意味の形容詞です。その家具に唯一無二の価値があるか、そして、お客様にその家具を「私だけの特別な宝物」と思って大切にして頂けるか。このたび計4回にわたる連載の機会を頂き、"Exclusive(エクスクルーシブ)"ということをテーマにお話したいと思います。






eurocasa_005.jpg
マリネール工場にて、焼印を押しているところ。 製作最終段階の厳しいQCチェックを経てスタンプを押します。






高級車やケリーバッグなど、高級なものは時間をかけて丹念に作られており、膨大な時間をかけて積み上げた伝統、独自製がExclusiveなブランド価値となります。家具も然り。長い歴史の中で培われてきた伝統的な技法のもと、手間隙かけてハンドクラフトで作られる家具には、唯一無仁=Exclusiveな魅力があります。
ユーロ・カーサに並ぶ家具も、一目見てその魅力や価値を強く感じて頂けるはずです。素晴らしいデザインや上質な素材はもちろんですが、各ブランドが長い歴史の中で積み上げてきた伝統や、職人が丹念に作り上げるクラフトマンシップが商品の随所から溢れ出ています。その魅力に思わず溜め息が出てしまう、そんな体験をお客様に味わって頂けるよう、素敵な商品をたくさん展示しています。
(是非お店にきて、確かめてください。)


eurocasa_006.jpg
マリネールのセンターテーブル。ブロンズ飾りとSICIS社のモザイクタイルを組み合わせており、本当に美しいのです。






Exclusiveとは「自分だけの特別なもの」という意味でもあります。このブログを読まれている皆さんも、世界にひとつたけの家を建てたい、という思いでアーネストさんを選ばれているはず。自分だけのExclusiveな家を建てるのはとっても楽しいことですよね(大変でもあるけれど!)
自分の椅子、自分のダイニングテーブルで食べるディナーの味は格別に美味しい。自分のためのベッドルームは、世界中のどんなホテルのスイート・ルームよりも、落着いて心地よく眠りにつけます。そんな愛着のわく家具を、ユーロ・カーサで見つけてください。


大切な家族と家(CASA)で過ごす時間をExclusiveなものにしてくれる、そんな特別な家具に出会える場所であること、それがEURO CASAの使命です。






eurocasa_007.jpg
ユーモラスなカエルの置物。クラシカルな白家具を作るSILIK社(イタリア)のモダンラインです。可愛らしいけれど、丁寧な塗装の美しさはSILIKならでは。




<img alt=
EURO CASAホームページ




**************************************************





リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg




アーネストスクエアのサイトはこちら
squere.jpg






TOPに戻る