2015年3月アーカイブ

「アーネストコラム洒洒落落」第33回目の連載がはじまります。



アーネストとご縁が繋がった方々が、それぞれの視点で自由にテーマを設定し執筆いただく全4回の連載コラム「洒洒落落」。
次回より第33回の連載を開始いたします。




今回のゲストは、ヨーロッパ高級輸入家具の専門店「EURO CASA」を営むブランド株式会社の代表取締役マルコ ムリロさんです。
EURO CASAは、比類の無い圧倒的なコレクションを多数揃えて、貴方のためのファースト・クラスのインテリアづくりをお手伝いくださいます。





*** プロフィール ***




2015.03.29.jpg

マルコ ムリロ
Marco Murillo


昭和35年3月23日生まれ
出身校 シカゴ大学MBA取得







eurocasa_img.jpg


EURO CASA(ユーロ・カーサ)
"ファーストクラスのインテリア" をテーマに、上質で華のある家具・照明をセレクト。VERSACE HOME , Mariner , SILIK , Formentiなどイタリアとスペイン製を中心とする一流ブランドの家具・照明をご提案します。



<img alt=
EURO CASAホームページ



**************************************************





リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg




アーネストスクエアのサイトはこちら
squere.jpg






TOPに戻る






トイレのデザイン

トイレのデザイン




唐突ですが、トイレのデザインって皆様どう思われますか?
「あんな家に住みたい!」と思い描くとき、たぶんトイレまで想像される方は少ないのではないでしょうか。雑誌などでも大きく誌面を飾るのは、外観だったりリビングルームだったり。また、特集として扱われるのもキッチンやバスルームなどで、同じ水回りでもトイレの特集はなかなか見かけません。でも、飲食店などではトイレは重視されていて、そのお店のレベルが分かるとも言われる重要な空間だったり...。今回は、必ず必要な空間なのにあまりフィーチャーされない「トイレ」にスポットを当ててみたいと思います。


2015.03.22_S.jpg






日々の暮らしの中で、書斎を使わない日、和室を使わない日というのはあるかと思いますが、トイレを使わない日は無いのではないでしょうか。それだけ生活と密着した空間で、1日何度も訪れる場所だからこそ、快適な空間が必要です。また、ゲストが遊びに来た際も使用する機会が多い場所です。折角なら「素敵なトイレ!」と思われたいですよね。独立した小さな空間だからこそ、リビングやダイニングルームの仕様とは異なる個性的な遊び心を持たせた空間づくりもしやすい場所です。アーネストが手掛けたトイレには様々なスタイルのトイレをご紹介させて頂きます。






■エレガントなスタイル


2015.03.22__e2.jpg
清潔感のあるクロスと表情のある床のタイルが印象的なさわやかなトイレ。


■シックな色合いのモダンなスタイル


2015.03.22_B.jpg
間接照明を効かせたスタイリッシュな仕様。



■遊び心のあるスタイル


2015.03.22_A.jpg
赤とゴールドを大胆に使用したインパクトのあるトイレ。


2015.03.22_R.jpg
赤いモザイクタイルはイタリア産のものを使用。間接照明の光を受けてキラキラと輝く。




■アートなスタイル


2015.03.22_mo.jpg
小さなモザイクタイルで描かれた圧巻の作品を眺める贅沢な空間。




■開放的なスタイル


2015.03.22_so.jpg
通常閉ざされた空間のトイレを、敢えて開放的な空間に仕上げた大胆なトイレ。






いかがでしたでしょうか、「トイレ」といっても様々なスタイルがあることがお分かり頂けたかと思います。独立した空間なので、インテリアのテイストをトイレだけ変えるお客様も多くいらっしゃいます。もちろん、ここではご紹介していないシンプルなスタイルやホテルライクなトイレも数多く手がけています。


続いてご紹介するのは、先ほどの個性を主張するタイプのトイレとは対照的な存在を消す、場所に馴染むようにデザインした作品をご紹介します。


■和に馴染むスタイル


2015.03.22_w1.jpg


2015.03.22_w2.jpg
和室の近くにあるトイレは、和の空間に馴染むように仕上げられていて、空間に溶け込みます。




■存在を消すスタイル


2015.03.22_AS1.jpg


2015.03.22_AS2.jpg
トイレがあることを感じさせない生活感を排除した仕上がり。格子の一部が扉になっていて、まるで隠し扉のようです。








今度は、家にある全てのトイレを個性的な空間に仕上げたお宅です。全く違う個性豊かな空間なので、気分でトイレを使い分けるなんていうことも可能です!ここまでこだわると「トイレ」をまるでアトラクションのように楽しむことができますね。


2015.03.22_0.jpg
シンプルなのに、高いデザイン性を感じる新感覚のスタイルです。教会のチャペルを連想するのは私だけでしょうか?なんだか神聖な気持ちになりそうです(笑)。


2015.03.22_K.jpg
リゾート気分にしてくれるトイレは、本物のカモメが飛んでいるかのようなリアリティに驚かされます。


2015.03.22_e.jpg
広々としたトイレはまるでお城の中にいるかのよう。
気分はお姫様!






トイレは個性を楽しむことも出来ますし、空間に馴染ませることも可能な空間です。あなたが目指す理想のトイレはどんなスタイルでしょうか。テイストの変化を楽しむのも良いですし、ほっと寛げる空間を目指すのも良いと思います。アーネストは外観やリビングだけではなく、「トイレ」にもとことんこだわります!あなたのセンスが光る「トイレ」を求めるなら、是非アーネストにお手伝いさせてください。






**************************************************





リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg





アーネストスクエアのサイトはこちら
squere.jpg








TOPに戻る










アーネスト大阪の出展場所が決定しました!




本々の梢を揺らす風に春を感じるこの頃、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
先日の1月18日(日)のブログでご案内させて頂いた、新たにアーネストの拠点を大阪に設ける計画の進捗をご報告させて頂きます。


ショールームを兼ねた新たな大阪の拠点名称は「Earnest Group OSAKA」となり、出展場所も『大阪市西区新町1丁目28-3 四ツ橋グランスクエアの9階(1階がアウディのショールーム)』に決定いたしました!
弊社がこのテナントビルを選んだ理由は、立地の他に、ワンランク上のクオリティを演出している点です。
吹き抜けを採用した広がりのあるエントランスホールに御影石や大理石を用い、モノトーンを基調としたシックな印象。現代のビジネスシーンにふさわしい佇まいです。アーネストのお客様を迎えるに相応しい空間を求め、この地を拠点とすることにいたしました。


2015.03.15_1.jpg
YOTSUBASHI
GRAND SQUARE




西日本にお住いの皆様とグッと距離を縮め、気軽にご相談頂ける場として展開いたします。
現在は、5月のゴールデンウィーク頃のオープンを目指し、着々と準備に取り掛かっております。
進捗は随時ブログでご報告させて頂きます。
お楽しみに!




**************************************************





リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg





アーネストスクエアのサイトはこちら
squere.jpg








TOPに戻る










フジテレビ「home∞i-家とわたし-」の取材を受けました




フジテレビにて、3月8日日曜日の17:25から放送される、「home∞i-家とわたし-」という番組で弊社が設計した物件が取り上げられます!


「home∞i-家とわたし-」の番組コンセプトは、一生に一度の大きな買い物、マイホーム。そこには、「家族が1つになる家」「孫が喜ぶ家」「アイディアが生まれる家」など、住む人たちが長年描いてきた夢や希望、家族の絆、熱い想いが詰まっています。そんな住む人たちの熱い想いに答えるのが世界に一つだけの...『オーダーメード住宅』施主のこだわりが余すことなく詰め込まれた最高傑作。そこに足を踏み入れると...この家に懸ける施主の熱い想い、祈りにも似た強い願いを肌で感じることができます。家の数だけ人生が見えてくるマイホームへ憧れを抱く多くの視聴者の心を惹きつけ、夢を広げる番組です。


2015.03.08_1.jpg
フジテレビ「「home∞i-家とわたし-」HP





取材を受けた物件は、コンクリート打ち放ちの外観がモダンな印象の二世帯住宅です。ゆったりとした石畳の車寄せがエントランスにゆとりを与え、コンクリート、金属、石の素材を活かした大胆なフォルムとなっています。吹抜けの高さが5.8mある子世帯のダイニングキッチンなど、様々な見せ場をどう映像で表現して頂けたのか楽しみです!
ぜひ、皆様もご覧ください!!


2015.03.08_2.jpg
取材を受けたお宅の外観


2015.03.08_3.jpg
吹き抜けのダイニングキッチン




【放送局】
フジテレビジョン(関東ローカル)
BSフジ(再放送)


【番組名】
『home∞i-家とわたし-』


【放送日】
3月8日 日曜日
17:25〜17:30放送
(再放送:BSフジ 3月10日火曜日 22:55〜23:00)




**************************************************





リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg





アーネストスクエアのサイトはこちら
squere.jpg








TOPに戻る










アーネストの模型

アーネストの模型




近頃、春一番も記録され、春の気配を感じる季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
春は出会いと別れの季節と言われるように、節目を迎える時期でもあります。入学や卒業、異動や転勤などライフスタイルの変更に伴い、お住まいのご購入を検討される方も多くなる時期です。
今回は、弊社のプレゼンテーションに用いる模型について、お話させて頂きたいと思います。


先日、プライベートビーチを含む広大な敷地のプランニングを行い、その際に制作致しました模型のご紹介を致します。
通常、弊社がプレゼン時に制作する模型は70分の1縮尺で作り、制作日数は5~6日です。今回の模型は敷地が広いので150分の1の縮尺で制作しましたが、150分の1でもかなり大きい模型のため、制作日数も10日程かかりました。


2015.03.01_1.jpg
模型の全体像


2015.03.01_2.jpg
海側から見た外観


2015.03.01_3.jpg
陸側から見た外観








かなり大きな模型なのですが、そのち密で精巧な仕上がりがお分り頂けるでしょうか。建物はもちろんですが、プランニングを行う敷地の環境やそこから見える景色まで細かく表現されています。


2015.03.01_f.jpg
プライベートビーチのさざ波


2015.03.01_j.jpg
岩に打ち寄せる波しぶきまで再現






敷地の特徴を細部まで表現するために、現場の写真や図面を参考に作業を進めておりますが、写真や図面にない部分は経験と勘を頼りに形にして行きます。今回の模型で苦労した点を担当スタッフに聞いたところ、敷地を見下ろすようにそびえる「岩山」で、質感はもちろん、図面に記載された等高線を頼りに、正確な縮尺の岩山となるように、試行錯誤を行いリアルな岩山を再現したとのことです。苦労の甲斐あって迫力満点の岩山に仕上がりました!


2015.03.01_4.jpg
模型担当が設計士から渡される図面


2015.03.01_5.jpg
2015.03.01_6.jpg
敷地調査を行った際に撮影した写真


2015.03.01_z.jpg
苦労した模型の岩山






岩山や海はここまで作り込んでいるのに、どうして家は白いままなのかという疑問が出てくるかもしれませんが、それは、この模型は飽くまでファーストプレゼン用のスタディ模型として制作しているからです。始めから外壁の素材を貼ってしまうと、そのイメージをお客様に植え付けてしまう可能性があり、敢えて白いまま制作することで、お客様のイメージを固定しないようにしているのです。
弊社のプレゼンテーションは図面だけではなく、精巧な模型や実写と変わらないコンピュータグラフィックス(CG)、必要に応じて3Dウォークスルーを用いるなど、より分かり易いご提案を心掛けています。アーネストが目指すのは、お客様に"感動"を与えるプレゼンテーションです。ぜひ、建築のご計画の際はお声がけ頂き、アーネストが誇るプレゼンテーションの提案力をご体感ください。
皆様の個性・こだわりが詰まった、理想の住まいをご提案できる日を心よりお待ち申し上げます。




【アーネストのプレゼンテーションについて】


建築予定地がアーネストグループ本社(東京都港区)から70キロ圏内は無料でプレゼンテーションを行っております。また、70キロ以上の方は交通費などの費用を頂いておりますが、ご契約頂いた際、プレゼンテーション費用は設計費にインクルーズされます。
詳しくは、下記の電話番号までお気軽にお問合せください。


代表番号:03-3769-3333




**************************************************





リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg





アーネストスクエアのサイトはこちら
squere.jpg








TOPに戻る