2015年2月アーカイブ

The Fire Company




最終回となる本寄稿は弊社の仕入先であるThe Fire Company (シドニー)をご紹介させていただきます。
The Fire Company =TFCは名前の通り火を扱う会社でオーストラリアシドニーを拠点とし、ecosmartfireブランドの運営を行っている会社です。Ecosmartfireは2002年にTFC代表のStephane Thomas氏により設立されました。このStephane氏がバイオエタノールを暖炉を世界で初めて開発し、自身でデザインも手掛けています。


2015.02.22_1.jpg
Stephane氏






現在では世界52カ国で販売拠点を持ち、業界をリードする製品を作り続けています。


シドニー本社ショールーム
2015.02.22_2.jpg


2015.02.22_3.jpg


2015.02.22_4.jpg


2015.02.22_5.jpg






シドニー本社営業スタッフ
2015.02.22_6.jpg




人間の文化において火は重要な位置付けを持っています。
「暖を取る」「調理をする」だけでなく、送り火やキャンプファイヤーなど様々な行事で使われることからも人と火の密接な関係がうかがえるのではないでしょうか。こうした「火を囲う」という人間の習慣を新たな形で取り入れることでコミュニケーションを促進したいecosmartfireの根底にはそんなコンセプトがあります。




手前ばかりのご紹介になってしましたが、全4回お付き合いいただき有難うございました。このような機会をいただきましたアーネスト様へ感謝申し上げるとともに、変わらぬご愛顧宜しくお願い致します。




ecosmartfire_logo.jpg
ecosmartfireホームページ




**************************************************





リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg





アーネストスクエアのサイトはこちら
squere.jpg








TOPに戻る










バイオエタノール燃料




当社ではバイオエタノール暖炉で使用する【バイオエタノール燃料】を販売しております。先般お伝え致しましたが、バイオエタノール燃料は別名【発酵アルコール】とも称され、実は身近なものに姿を変えて存在しています。例えば食品添加物や石鹸、シャンプーなどに入っていたりもします。
通常バイオエタノールと聞くと排気ガス削減を目的としたガソリンに混ぜたものを想像される方が多いのではないでしょうか。しかしこれは産業用アルコールと言い、精製が粗く、とてもじゃないですが住宅で使用する燃料とは成り得ません。
先週の寄稿でバイオエタノール暖炉は煤や煙を排出しないエコな製品とご案内致しましたが、これは燃料によるところがとても大きいのです。精製が粗い燃料は煤の発生が多く、あまりクリーンではありません。




当社が販売しているのは工業用発酵アルコールと言い、産業用アルコールを更に精製し燃料用に加工したものです。自社製品のご紹介ばかりで恐縮ではありますが、弊社が製造を委託しているアルコール工場を簡単に御紹介させていただきます。この燃料がバイオエタノール暖炉のエコを謳うには欠かせない役割を果たします。
実は日本国内においてバイオエタノールの9割は輸入に頼っており、その大半をブラジルが占めています。ブラジルのバイオエタノールはさとうきびが原料で当社の燃料も同様サトウキビが元となります。これを定期的に工場へタンクローリーで仕入れ、地下の貯蔵庫へ保管します。


2015.02.15_1.jpg


2015.02.15_2.jpg
地下の貯蔵庫




ここから管を通し、精製したものを少し小さめの屋内の貯蔵施設に貯めます。上を見上げるとアルコールタンクが見えます、少し怖いです。


2015.02.15_3.jpg
アルコールタンク


2015.02.15_4.jpg
調整盤




ここから専用のホースで一つ一つボトルに注入して行きます。


2015.02.15_5.jpg



このようにアルコールの製造過程はシンプルではありますが、とても大きな設備を要します。まだまだお見せ出来なかった設備も沢山あり、工場好きな方にはたまらない見学スポットだと思います。ご興味ある方は是非。




ecosmartfire_logo.jpg
ecosmartfireホームページ




**************************************************





リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg





アーネストスクエアのサイトはこちら
squere.jpg








TOPに戻る










バイオエタノール暖炉




第二回目である本寄稿は「バイオエタノール暖炉」という製品を少し掘り下げてご説明させていただきます。


そもそもバイオエタノール暖炉の「バイオエタノール」ですが、これは植物資源を原料としたアルコールです。別名「発酵アルコール」と称されますが、植物資源を蒸留加工し精製したアルコールの総称となっており、アルコール度数の高い焼酎だと思っていただければイメージし易いかもしれません。
燃料のバイオエタノールは次回詳しくご説明させていただくとしまして、このバイオエタノールを燃焼し、「暖をとる」「炎を鑑賞する」といった人本来の営みを具現化した商品がバイオエタノール暖炉といえます。バイオエタノール暖炉以外にも薪ストーブやガス暖炉、ペレットストーブなど相似したカテゴリも多数あり、どのカテゴリも暖をとり炎を鑑賞するという機能では変わりありません。
私含め当社はバイオエタノール暖炉という一カテゴリの販売を主としておりますが、正直私自身はバイオエタノール暖炉でなくても空間、特に住宅に火を取り込めるのであれば何でも良いと思っています。



2015.02.08_1.jpg
バイオエタノール暖炉






私自身も薪ストーブがとても好きで、実家のある山口県には今でも五右衛門風呂があり、薪を炊いて風呂を沸かします。
炎を眺めていると何とも癒された気持ちになり、とても気に入ってます。


炎に限らず自然界に存在する癒し効果には【1/fゆらぎ】が関係しているといわれています。
【1/fゆらぎ】とは自然界にあまねく基本のリズムであり、人間がその環境に入ると心身ともに癒されるといわれ、原理はいまだ完全に解明されてはいませんが、【1/fゆらぎ】が規則性と不規則性のちょうど中間の存在であって、その中途半端さが人間にとってとても心地よいリズムなのだとのことです。
例えば、炎の揺らめきの他にそよ風や小川のせせらぎなどもそうです。実際に1/fゆらぎの環境に長時間おかれた被験者の脳波をはかると、α波が大量に出てリラックスできていることがわかるそうです。
このように炎を空間にとりこむ事は、暖をとるという機能だけでなく、人の心を癒すという大きな役割を果たすことにもなり得ます。


と、ここまで火の話ばかりになってしまいましたので、バイオエタノール暖炉のメリットもちょこっとご紹介させていただきます。
バイオエタノール暖炉の魅力はなんといっても


〇電気やガスを使用しない為イニシャルコストが安く導入が簡易
○煙突や常設換気設備が不要
◯煙や有害物質の排出が無い為エコ


この3点だと思います。




何にせよ住宅をご検討の方がいらっしゃいましたら炎を取り込むという事は是非お薦めしたい点です。その検討製品の中に弊社バイオエタノール暖炉を加えていただけましたらとても幸いです。


ecosmartfire_logo.jpg
ecosmartfireホームページ




**************************************************





リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg





アーネストスクエアのサイトはこちら
squere.jpg








TOPに戻る










メルクマールについて




この度アーネスト様からのご依頼で4週に渡り、ブログを寄稿させていただきます。
株式会社メルクマール 志賀と申します。
初回でもある、本コラムは当社を簡単に紹介させていただきます。




当社は2011年に設立した新しい会社です。
メルクマールとは何とも覚えにくい名前で、大抵「メルクマーク」や「メルマール」等々と間違われます。私が付けたのですが、以前よりドイツ家具が好きだった私は、起業したら会社名はドイツ語にしようと決めていました。メルクマールはドイツ語で「指標」「道しるべ」などの意味があり、セレクトするカテゴリは問わず、お客様の指標となるものをセレクトした「もの」売り集団であろうと考え、設立しました。


先日当ブログでもご紹介いただきましたが、当社はecosmartfireというオーストラリアシドニーを拠点とするバイオエタノール暖炉を日本国内で輸入販売しております。ecosmartfireも2002年設立と新しい会社です。バイオエタノール暖炉とは中々聞き慣れない方も多くいらっしゃると思いますがヨーロッパを始め北米では「Bioethanol Fire Place」として暖房器具の選択肢の一つとして確立されたカテゴリでもあります。


2015.02.01_1.jpg





このecosmartfireの日本国内ディストリビューターとして当社は設立致しました。現在はこのブランド運営を主業態とし活動しておりますが、ゆくゆくはカテゴリに捉われない幅広い製品開発、ブランド運営、また、「もの」の販売から枠を広げた業態にシフトチェンジをする予定です。もしかしたら会社名ももっと覚えやすい名前に変わるかもしれません。


2015.02.01_2.jpg




次回はこのecosmartfireとバイオエタノール暖炉というカテゴリをもう少し掘り下げてご説明させていただきます。





ecosmartfire_logo.jpg
ecosmartfireホームページ



**************************************************





リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg





アーネストスクエアのサイトはこちら
squere.jpg








TOPに戻る