アーネストコラム酒酒落落 Gervasoni Japan 南陽オモビト㈱代表取締役 中村正治さん 第三回「工場見学」

「工場見学」




Gervasoniのオフィス、及び工場はイタリア北東部パヴィア・ディ・ウディネにあります。ミラノから東に車で4時間程度、ヴェネツィアからですと、北に2時間程度の場所になります。パオラ・ナヴォーネとの取り組みを始めてから、右肩上がりで業績を伸ばし、2004年には工場の面積を拡大、現在では約30,000㎡もの敷地を所有しております。総社員数は80名に及びます。


2014.10.12_1.jpg
工場外観


2014.10.12_2.jpg
併設のショールーム



ショールームも併設しており、定番の商品から、新作まで、一同にご覧いただけます。また、研修スペースなどもあり、各国から来たゲストにプレゼンテーションを行います。Gervasoniは様々な天然素材を多用しているため、機械での加工は難しく、ほとんどの工程を熟練の手によって支えられています。



2014.10.12_3.jpg


2014.10.12_4.jpg
テーブル(Gray 33)は木天板に細かな彫り込みがあり、そのひとつひとつを手作業で行います。




元々Viminiという地元のラタンのような素材を編んだ製品を作っていたルーツがある為、今でも編んだ製品が多いのも特徴の一つです。
ただ、ラタン等は現在では原材料が東南アジアにシフトしているため、ある程度のところまで現地で作成し、最終的にイタリアで仕上げます。


2014.10.12_5.jpg
SweetシリーズのPVCコード。注文が入り次第、職人によって1点1点編み込みます。


2014.10.12_6.jpg


2014.10.12_7.jpg
東南アジアから届いたソファフレームを検品、梱包作業中。






Gervasoniにはこの本社工場以外にも周辺に椅子工場も持っております。
2009年よりGervasoniグループとなったIFA。高品質の木工椅子の工場。


2014.10.12_8.jpg


2014.10.12_9.jpg
Gray03ソファのフレーム






IFAはもともと有名メーカーのOEMやコントラクト用の特注チェアをメインで製造していた会社です。今でも多くのサンプルが保管してあります。Gervasoniの椅子もここで作られているものが多くあります。


2014.10.12_10.jpg


2014.10.12_11.jpg


ちょうど私が訪問した際、客船向けのオーダー家具の生産がピークを迎えていたようで、大忙しでした。


2回にわたり、ブランドについてのお話させていただきましたが、
次回、最終回ではなぜGervasoniが世界中で支持されるのか、ご紹介させていただきます。





GERVASONI_logo.jpg
GERVASONIホームページ




**************************************************





リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg




アーネストスクエアのサイトはこちら
squere.jpg






TOPに戻る