2014年7月アーカイブ

「インタビュー"豊かさ"とは」



今回はCUCINA(クチーナ)代官山のショールームにて、代表の陣内さんにお話をお伺いさせて頂きました。




まずは、この素敵なショールームについてお聞かせ頂けますか?


ここは、地下1階、1階、2階部分をショールームとして使用していまして、地下1階はクチーナの商品を中心に、天板や扉、取っ手や水栓金具などを展示しています。色や組み合わせは自由に設定ができるので、そのバリエーションは無数に広がります。なので、思いがけない組み合わせを、お客様の方からご提案される場合もあります。


2014.07.23_2.jpg




1階は家具に近いイメージの、あまりモジュールにとらわれない「見せるキッチン」を展示をしております。キッチンは、使い勝手などを追求していくと、車と同じである程度のかたちは同じになってしまう、それを少しでも別のかたち、別の角度からご提案して、お客様のキッチンに対する幅を広げ、調理をする場だけではない、空間の提案をしています。


2014.0307.24_3.jpg




2階はクチーナクリテリオを中心に展示をしています。実用性や機能、納期を重視されるお客様に適したキッチンです。
ショールームの入れ替えも、以前は3年に1度くらいのペースでしたが、最近では1年に1回は行なうようにしています。お客様の求めるものの真の部分は変わらないのですが、表面の部分は多様化しています。なので商品は常にブラッシュアップしていきたいと思っています。レイアウトもそうですし、使われる素材も機器も変わってくるので、今お客様の求めるものを常に提示できるようにしていたいですね。








最近のお客様の傾向や、変化を感じることはありますか?


リフォームを希望される方が増えてきています。キッチンはお風呂と同じ住宅設備です。壊れてしまったら、取り替えるというお考えの方もいらっしゃると思いますが、生活スタイルの変化に合わせて、キッチンも仕様を変更できるべきだと思います。弊社のキッチンはカスタマイズが可能です。引き出しなどのレイアウト変更から、カウンターをカットして長さを変えることも可能です。良いものは、長い目で見るとコストパフォーマンスが優れていると思います。高いものには理由があるし、始めのイニシャルコストだけで判断するのではなく、ランニングコストや生活スタイルのバランスに合うものを選んで頂きたいと思います。リフォームが可能であれば、それが弊社の商品ではなくてもご対応致します。ですので、私どものキッチンではないリフォームのオーダーをお受けする機会も増えました。弊社のキッチンに限らず良いものは残し、活用していきたいと思っています。


2014.07.24_7.jpg
アーネストのリフォーム物件。キッチンはCUCINA。






陣内さんご自身のお話をお聞きしたいのですが、前職はキッチンやインテリアとは異なる業種に就かれていましたが、この業界に入られて感じたこと、また、驚かれたことなどございますか?


そうですね、驚いたことはメーカーさんの多さです。また、各メーカーさんで様々なカラーがあること。あとは、設備の豊富さ、スタイル、バリエーション。キッチンひとつでこれだけの個性があることにビックリしましたね。この業界に入るまで、インテリア、ましてキッチンには疎く、家を建てればキッチンは付いてくるものと思っていたほどですから(笑)






では、現在のお仕事の上で気をつけていることはありますか?


私どもは、常にお客様に提案をしていかなくてはいけない仕事です。常に動いていないといけません。また、経営者ですので判断しなければならないことは多岐に渡ります。何かのターニングポイントに差し掛かった時は"お客様のためになっているのか" "サポート側のためになっているのか"この2点を軸に考えるようにしています。新しい商品を開発するにも、新しい家具を輸入するにも、それに対してのコストバランスを考え、お客様にとって必要とされている商品かどうかを考えます。それは、サービスや接客に関しても同じです。また、サポート側の、社員や職人、協力会社さんなど弊社を支えてくれる人のためになっていなければいけないと思っています。この仕事は、多くの方が携わり、協力の下に成り立っています。それを支えてくださる方々のことを想わなければ、長く事業を続けていくことはできません。


2014.07.24_8.jpg


2014.07.24_9.jpg
間もなく商品化されるキッチン。
使用時に起動させ、ダクトの収納が可能。天井にダクトを設置出来ない地階や、眺望を重視する別荘などに適した仕様です。






今回、陣内様のご寄稿を拝見し、またインタビューをさせて頂き「豊かさ」という言葉を耳にします。陣内さんが思う「豊かさ」をお聞かせください。


難しい質問ですね。豊かさは人によって異なるものだと思います。豊かさの基準は、その方々が潜在的に持っているものなので、何をもって豊かと感じるのかを、案外皆さん分からないのではないでしょうか。私も、一言では言い表わすことが出来ません。今の仕事は、キッチンや住まいにおいて、その方が持っている豊かさの基準を導き出すことだと思っています。住まいで求められるのは一過性の豊かさではなく、継続的な安心感であり、安らぎの場です。お客様と一緒にその人、その家族の豊かさを見つけていきたいと思っています。




img_products_cucina01.jpg
CUCINAホームページ






**************************************************





リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg




アーネストスクエアのサイトはこちら
squere.jpg






TOPに戻る






「輸入家具」



システムキッチンを納品させて頂いたお客様とは、永くお付き合いさせて頂いております。主にコンロなど、設備機器の交換、消耗品の取り換え、また、扉やカウンターを新しくするキッチンリフォームなど、長くご使用頂くための取り組みをさせて頂いているからです。


お客様の御自宅にお伺いすると、素晴らしい家具が並んでいます。
決して有名ブランドだけではなく、お客様の目線で長い時間をかけ買いそろえられ、また、大事に使っていらっしゃる。お聞きすると、一つ一つにストーリーがあり、思い入れを強く感じます。
ご要望をお聞きして創作する"造作家具"は、収納や飾棚など、備え付けのものが主になります。一方で、志向性が高く、また簡単に移動できるテーブル、チェアー、ソファーなども一緒に造作することもありますが、これらのデザインは、どうしても単調なものになりがちです。


昭和40年代後半から50年代にかけて、家庭向けのシステムキッチンを発売すると同時に輸入家具にも力を入れてきました。
"長く使え、飽きず、お客様のストーリーの一部になる家具を提案する"
今までにない高いデザイン性とコストパフォーマンスを追求した商品、ヨーロッパを中心に取り揃え、より豊かな生活の一部になる家具をご提案いたします。


2014.07.21-1.jpg
【 昭和40年代後半のセレクションカタログ 】






写真が少し続きますが、近代のコレクションをご紹介いたします。
ミラノやケルン等の展示会で多種多様のメーカーと出会い、取扱っています。ショールームでは、各メーカーの商品全ては展示しておりませんが、厳選した商品をご覧いただき、サイズや色、また素材を自由にセレクトし、オーダーすることができます。




2014.07.21-2.jpg


1979年設立、全世界で100ヶ国以上に展開しているイタリアのモダンファニチャーを代表するブランド。
常識を覆す大胆なデザイン、カラー、素材の組み合わせは、 Giorgio Cattelanをはじめ著名な建築家、デザイナーによって生み出され、優れたデザインと高度なクオリティーを提供しています。
http://www.cattelanitalia.com


2014.07.21-3.jpg


2014.07.21-4.jpg






2014.07.21-5.jpg


布張りソファのオートクチュールであるariketipoは、1980年代、イタリア、フィレンツェで創業以来、ハイエンド向けに本物のデザインと最高品質のソファを製造しています。それらは、あたかも貴重な芸術作品であるかのようです。
http://www.arketipo.com


2014.07.21-6.jpg


2014.07.21-7.jpg






2014.07.21-8.jpg


FIAM italia社は、1973年、ガラス職人であったヴィットリオ・リヴィにより設立されたイタリア気鋭のデザイン家具ブランド。フィリップ・スタルクなどの著名なデザイナーを多数起用し、曲げガラスの最先端技術と斬新なアイデアにより生み出される美しいデザインは、世界中から高い注目を集めています。
http://www.fiamitalia.it


2014.07.21-9.jpg


2014.07.21-10.jpg






2014.07.21-11.gif


1953年の設立以来、レザーソファで世界を牽引するドイツの家具ブランド。ヨーロッパ中から集められた優れたデザイナーにより設計されたデザインは、熟練した職人たちによりカタチにされています。現在、最も革新的なソファメーカーとして、ヨーロッパはもちろん、世界35ヶ国に出荷されています。
http://www.koinor.com


2014.07.21-12.jpg


2014.07.21-13.jpg






2014.07.21-13.gif


1936年に創業した家具メーカー BONALDO社は、イタリア北部のPadova(パドヴァ)に本拠地を構えます。創業当時はスチールパイプをメインに加工をしていましたが、現在ではプラスチックからアルミ、ポリウレタンまで幅広い材質を扱い、最新技術と職人の熟練技術をミックスして革新的な家具づくりを行っています。
http://www.bonaldo.it


2014.07.21-14.jpg


2014.07.21-15.jpg






毎年、1月そして4月にドイツのケルンとイタリアのミラノで、ヨーロッパ中の家具メーカーが集まる大きな見本市が行われます。
有名な世界ブランドのメーカーも大きなスペースで商品を展示していますが、我々が探す家具はこれからのブランド候補になると思われる小さなスペースで展示をしているメーカーです。デザイン・品質バランスがとれ、なによりコストパフォーマンスが良い商品を、直接輸入しています。


2014.07.21-16.jpg


2014.07.21-17.jpg






これら商品は、東京目黒区(目黒通り沿い)と、大阪西区(心斎橋)でご覧いただけます。
家具との出会いは、一期一会。ぜひお立ち寄りください。


souks/スーク
http://www.souks.jp




2014.07.21-18.jpg
住所:東京都目黒区鷹番1-2-6  Tel:03-5773-0722


2014.07.21-19.jpg


2014.07.21-20.jpg






2014.07.21-21.jpg
住所:大阪市西区南堀江1-7-1  Tel:06-6533-3461


2014.07.21-22.jpg


2014.07.21-23.jpg






img_products_cucina01.jpg
CUCINAホームページ






**************************************************





リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg




アーネストスクエアのサイトはこちら
squere.jpg






TOPに戻る






「期待に応える」



調理スペースから、コミュニケーションスペースへ


平成10年代半ばからキッチンスタイルも大きく変わり、キッチン空間がダイニングやリビングスペースとの共有空間になってきました。必然的に、キッチンに求められる要素バランスも、インテリア性が高くなり、また、料理をする場から、家族とのコミュニケーションをとる場として考えられています。


キッチン・ダイニング
2014.07.13_1.jpg


2014.07.13_2.jpg
<平成20年代~現在>




我々の空間インテリア提案は、キッチンからスタートします。コミュニケーションの場としての役割を担うキッチンを核として、キッチン、洗面、からはじまり、ダイニングテーブルや食器棚、またテレビボードや書棚など、空間づくりに必要なアイテムを御提案いたします。
2014.07.13_3.jpg




家具屋からスタートしたキッチンメーカーは、日本にはほとんどありません。当社のキッチンは、一般的な"住宅設備"ではなく、家具に機能をもたせたインテリアアイテムの一つなのです。
2014.07.13_4.jpg


2014.07.13_5.jpg


2014.07.13_6.jpg




キッチンや洗面、造作家具など、建物に備え付けるアイテムは、簡単には取り換えができません。お客様のイメージを具現化するためには、建築家やコーディネーター、また、ビルダーなどの"プロ"の方と一緒に造り出すことが不可欠です。アーネストのお施主様へは、大変多くのキッチンを納めさせて頂きました。クチーナの可能性を理解頂き、お施主様のインテリアイメージを具現化する仕事を長く一緒にさせて頂いたことは、当社にとって大変誇りです。これからもお施主様の期待に応えられる様、切磋琢磨し精進していく所存です。
2014.07.13_7.jpg






「CUCINA」クチーナの商品は、ブランド名、またデザインからよく「イタリアのメーカーですか?」と聞かれます。実は、ピアノなど楽器の産地、静岡県浜松市が所在地の"日本製です"。浜松は、気候、立地は勿論のこと、以前から多くの塗料メーカーや材料メーカーがあることから、熟練した技術を持つ職人が多く住む街です。クチーナの商品は、1邸ごとに製作するオーダー品が多くを占めるため、経験、技術を持つ職人の力が必要不可欠です。そのため、昭和63年、製作環境、物流、および職人のバランスに長けた"浜松"に大阪から移設しました。


2014.07.13_8.jpg


2014.07.13_9.jpg


2014.07.13_10.jpg


2014.07.13_11.jpg






当社は一から作り出す造作家具だけではなく、よりデザイン性が画一された輸入家具も重要なインテリアアイテムの一つです。ヨーロッパを中心に、デザイン性に優れた値打ちのあるものを取り扱っています。


2014.07.13_12.jpg


2014.07.13_13.jpg


2014.07.13_14.jpg


次回は、輸入家具についてご案内します。




img_products_cucina01.jpg
CUCINAホームページ



**************************************************





リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg




アーネストスクエアのサイトはこちら
squere.jpg






TOPに戻る






「継続は力なり」




この度、アーネストさんからお声掛けいただき、ブログに寄稿させて頂くことなりました、モーリグループ(クチーナ)代表の陣内でございます。
この様な場で、"CUCINA(クチーナ)"をご紹介させて頂くことになり、大変感謝しております。どうぞ、宜しくお願いいたします。


今回のコラムは、私が学生時代(剣道部)の恩師より訓示として頂きました


"継続は力なり" "期待に応える"


を当社の成り立ち、考え方に合わせて書いていこうと思います。
まずは、当社がどのような会社なのか、約80年前からインテリア商品の製作を継続してきた弊社の歴史を、簡単にご紹介させてください。






オーダー家具屋からスタート(昭和12年)


「特急かもめ」が運転を開始し、SLの響きと軍艦と重なり合った昭和12年に大阪の西区、北堀江に前身である「森本家具装飾店」が誕生しました。商人と職人の町、北堀江に開店した家具店「森本家具装飾店」は、一般のお客様ではなく、店舗や企業に向けた商業用のオーダー家具を生産、販売しておりました。出来上がっている既製品の家具販売ではなく、一品製作ですから、ロケーションごとに厳しい制約をうけた手作業の連続です。しかし、これら研鑚一筋がバックボーンとなり、今日のクチーナに引き継がれることになります。


2014.07.06-1.jpg
当時の街並み






オーダーキッチンの出会い(昭和48年)


戦後の高度成長期にオーダー家具、スチール家具など公共機関やオフィスユーズ市場に特化していた当社は、オイルショック時に家庭向けオーダーキッチンに出会いました。手造りの技術に徹し、グッドマニュファクチャー、グッドデザイン、グッドファンクションを礎にしていた当社にとって、この出会いは天啓であったと思います。


2014.07.06-3.jpg
家具の一例


2014.07.06-2.jpg
当時のシステムキッチン






システムキッチン「クチーナ」誕生(昭和50年)


インテリアとは何か―を考えていた当社にとって、オーダーキッチンとの出会いは大変大きなものでありました。「トータルインテリアの一歩は、キッチンから始まる」この概念を基に誕生したのが、
システムキッチン"クチーナ"です。


より豊かな暮らしを提案する・・・
様々なお客様の御要望にお応えする・・・


この想いで、昭和50年に開発がスタートし、約2年後の昭和52年の2月に販売を開始いたしました。


2014.07.06-4.jpg


2014.07.06-5.jpg


2014.07.06-6.jpg
昭和50~60年代






トータルインテリアの一歩は、キッチンから始まる


 "食、住が重なり合うキッチン空間を核として、展開するトータルインテリアの構築。" このコンセプトを掲げ、37年が経ちます。一言で"トータルインテリア"といっても、裾野は広く、また時代によって求められているものも違います。商品ありきではなく、お客様の想いを形にしていく・・・
"継続は力なり" この言葉を胸に、必要とされる商品を考え、お客様ごとに製作、提供しつづけることを現在まで愚直に続けています。


2014.07.06-7.jpg


2014.07.06-8.jpg
平成元年~10年代


次回は現行商品と当社工場について綴って参りたいと思います。




img_products_cucina01.jpg
CUCINAホームページ



**************************************************





リフォームから、施工までの
アーネストグループ全体サイトはこちら
group_bana.jpg




アーネストスクエアのサイトはこちら
squere.jpg






TOPに戻る